日傘の選ぶポイント!(超重要)日傘で逆に紫外線を浴びてしまう!?

肌にとって大敵であるイヤ~な紫外線((+_+))

日傘をさせば大丈夫!と思っているあなたは残念・・・

間違っていますm9( ゚д゚)ビシッ!!!! Σ(゚Д゚)ビクッ!

紫外線を防ぐつもりで、さしている日傘でも余計に浴びてしまっていることもあるので
どんなものがいいのか、選ぶポイントをおさえておきましょう!

スポンサーリンク

なぜ日傘によって余計な紫外線を浴びてしまうの?選ぶ時に一番重要なポイントとは?

日傘の色

いろいろポイントはありますが、まずは「色」

「白」は紫外線を反射させて紫外線を防ぐのに対し、「黒」は日傘自体が紫外線を吸収して肌にあたらないように防いでくれます。

白のような淡い色のものより、黒のような濃い色のもののほうが紫外線を防ぐ効果が上がります。

ただ、黒い色でも白い色でも完全に紫外線をカットするわけではありません。

最も重要なのは「日傘の内側の色」!!

実は、紫外線は空からだけでなく下から、つまり地面からもアスファルトなどの照り返しによって紫外線を浴びてしまいます。

上からの紫外線を防止していればいいということではないんですね。

日傘の内側は白のような淡い色だと、地面から反射した紫外線が傘の内側に届き、更に反射して身体に浴びてしまうのです!

なので「傘の内側」は黒に近い色、濃い色を選ばなければなりません。

日傘の寿命

あと寿命も気にしないとだめです。

日傘の寿命は2年くらいと言われていますが、UVカット加工の種類によって効果の寿命に差があるようです。

1つは「生地に紫外線吸収剤や紫外線反射剤などを染みこませたもの」

素材自体に紫外線を防ぐ効果があるので、表面にコーティングされたものよりも長い期間の効果が期待できるようです。

ただ、値段が高いですけど・・・(^_^;)

もう1つは「生地表面にポリウレタンコーティングなどのUVカット加工がされているもの」

こちらは、開いたり閉じたりしたときに摩擦がおきてコーティングがはがれたりひび割れたりして、そこから紫外線が入るので注意が必要です。

スポンサーリンク

安いものだとワンシーズンで劣化することも!(゜o゜)

折り畳みタイプのものも同じ理由で寿命が短いと思っていてもいいでしょう。

日傘の寿命を短くしないために、水にぬらしたり強くこすったりしないようにしましょうね(^_^)

日傘を長持ちさせる方法で、「衣類用のUVカットスプレー」をするというのがあります。

色あせ防止にもなるので個人的にはしたほうがいいかな、と思います。

「すてるのはもったいない!」

「まだまだ使いたい!」

と思うほどのお気に入りの日傘があったら長く使いたいじゃないですか。

なので定期的にスプレーするのをおすすめします(^_-)-☆

その他の日傘を選ぶ時のポイントなどのまとめ

日傘の素材によって暑さが変わる?

よく、天然素材の綿や絹、麻などは涼しく、ポリエステルは暑いと言われていますが実はそんなことはないようですよ。

なぜなら、日傘の中の暑い・涼しいは、可視光線(目に見える光)と赤外線を防ぐ率によるから。

日焼け防止とあわせて「日よけ」にもこだわるのなら遮光率の高いものがおすすめです♪

それから、日傘には兼用タイプがありますね。

「晴雨兼用」「雨晴兼用」がありますが、「いったい何が違うの?」って思いません?

それは「日傘」と「雨傘」のどちらがベースになっているかです。

晴雨兼用は「日傘」に防水加工がされているもの。

でも、雨傘ほどの防水効果はなく小雨程度の雨にしか使えません(^_^;)

雨晴兼用は「雨傘」にUVカット加工がされているもの。

雨傘との見分けがつきにくいですが、色の濃いものであれば紫外線を吸収してくれるので、たとえ雨傘だったとしてもそのときは日傘として使ってもよいと思います。

でも日傘と雨傘、これは間違ったら大変なことになりますね(゜o゜)

家にある傘が、

「どっちがどっちだかわからなくなった!」

そんなときの見分け方は、息を吹きかける!

傘に手を当て、反対側から手に向かって息を吹きかけてみてください。

手に息を感じれば「日傘」です。

というのも、雨傘は雨を通さないように目が詰まっているのですが、そのため空気も通さないのです。

これで雨の日に日傘をさしてビショビショになった(―_―)!!

なんてこともなくなりますね。

最後に、傘は軽量なのがポイントになるので実際に持ってみて確かめてみることをおすすめします。

お気に入りの1本が見つかるといいですね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ