できない部下にイライラ…私が出会った仕事が出来ない人&対処方法

単純に仕事が出来ないのか、やる気がないのか…

とにかく仕事が出来ない部下を持つと自分の仕事が増えるだけでなく、イライラしてストレスが溜まる一方です。

今回は

●私が出会った仕事が出来ない人

●仕事が出来ない部下を持ってしまったときの対処法

をご紹介します。

スポンサーリンク

できない部下にイライラ…私が出会った仕事が出来ない人

私が出会った仕事が出来ない人は、「仕事が出来ない人」と言われる典型のような人でした。

【仕事を覚えない】

覚えようとしているけど、なかなか覚えられない。

それなら私は基本的に怒りません。

「やる気があって頑張ったけどダメだった…」という人でしたら腹も立ちませんが、私の出会った子はメモを取らないので覚えていない。

「こんな風にやってね」と手本を見せてもどこを見ているのか分からない。

このような事が続き、私も何度も同じことを教えるハメになります。

もちろん

「覚えられないでしょ?メモをとったら?」

と声をかけますが「大丈夫です」という返事。

何が大丈夫なのか、現段階で何も大丈夫なことがないのですが…と突っ込むのですが、なぜかメモは取らず…

本人曰く「分からなくなったら聞けばいい」という考えのようでした。

【無駄な残業】

仕事量が多いわけではなく、誰がどう見ても時間の配分が出来ていないので残業する羽目になっていました。

「これは今日中に必要なもの…」などと優先順位を把握していれば、日中の業務時間内に仕事が終わるはずのものを何も考えず後回しにした結果、無駄に残業が増えます。

その他にもここに例を挙げればきりがないほどあります。

仕事が出来ない人への対処方法

仕事ができない部下がいると、まず自分の仕事量が増えます。

例えば仕事が出来ない人間がする仕事ですので、ミスがないか再度チェックする必要があったり、ミスをしてしまったらその責任を取るのは上司です。

普段の仕事に加えて部下がミスをしないように目を光らせ、間違っていれば修正…と通常業務の倍の仕事量になります。

私も精神的にこれでかなり疲れてしまい、「どうすればみんなと同じようにキチンと仕事をしてくれるのか?」という事より、なぜこんなに仕事が出来ないのか?を考えるようになりました。

スポンサーリンク
【何が重要なのかが分からない】

何が重要で、何をしないと先に進めないのか?

もしくは何をすれば効率よく仕事が出来るのか?

すごく基本的なことですが、まずここから分かっていないのだろうな…と思いました。

その為、「これは最優先で!」などと優先順位が本人に分かりやすいように教えるようにしました。

【コミュニケーション不足】

特に人間関係を築くのが苦手…というタイプではなかったのでそこまで意識をしていませんでしたが、コミュニケーション不足だと「報告・連絡・相談」が遅れる傾向があります。

お友達ではないので、必要以上に「仲よくしよう!」とは思いませんが、せめて話しかけやすい空間を作ってあげると質問などもしやすくなります。

また、仕事が出来ない&自分の仕事が増えた…となるとイライラしてきますが、ぐっとこらえて怖い空気を出さないようにしつつ、その人の良いところ(この仕事は丁寧だね)など何か褒めるようにすると、部下も自分も気持ちにちょっとだけ余裕が出来ます。

出来ない、使えないところばかり見ているとどんどんイライラしてくるものです。

逆に、なんでもいいので褒められそうな所を探してやると不思議とイライラはなくなっていくものです。

また、私自身が「褒めて伸びるタイプ」なのですが、褒められるとやる気が出ます。

その他に向いていそうな仕事を振り当てたりして、とにかく本人のモチベーションをあげるようにしました。

スポンサーリンク

まとめ

仕事が出来ない部下を持ってしまった場合、どうしてもイライラします。

「今までこの方法で部下が育ったのだから、自分の指導に問題はない」

と決めつけず、教え方や会社の雰囲気をかえればいい方向に変わる可能性も十分あると思うので、部下の様子を見ながら指導方法を変えてみてはいかがでしょうか?

http://creativefromnow.net/archives/943

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ