会社での悪口!私の体験から編み出した分析と対処方法をご紹介!

悪口を言う人はどこにでもいます。

もし、自分が会社で悪口を言われてしまったら……?

まともに相手をしないのが一番いい方法ですが、やっぱり傷ついてしまいますよね。

今回は会社で悪口を言われた時の対処法について私の体験からご紹介します。

スポンサーリンク

会社での悪口!私の体験から編み出した分析と対処方法をご紹介!

悪口を言う人は、男女を問わず必ずいます。

「あの人仕事ができないよね。」

「××さんの私服ダサいよね?」

など仕事とは関係のない悪口や、酷い人は特定の人にだけ悪口をいうのではなく周りにいるほとんどの人の悪口をずっと言っているような人もいます。

私は学生の頃から女性特有の集団行動が嫌いで、昼休憩も極力一人でのんびりと好きに過ごしたいと考えています。

その為、みんなが集まる休憩室にいないことが多いので悪口のネタにされやすく、今まで嫌な思いをした事が何回かあります。

そこで「なんで私はこの人にそんな事を言われなければならないのか」を考えた結果、悪口をやたらと言う人は

●自身がない
●精神的に弱い
●ストレスが溜まっている
●プライドが高い

などが考えられるかな?と思いました。

悪口を言う人って基本的に「一人で行動できない」「決められない人」が多いように感じます。

そして自分に自信がないのにプライドが高い。

その為、失敗を指摘されると激怒する。

または、仕事以外でストレスが非常に溜まっていて悪口を言う事で発散している。

どちらにしても迷惑で、一方的に自分の考えを他人に押し付けてくる自己中心的な人たちが、やたらと悪口を言う人だと思います。

会社で悪口を言われた時の対処法

距離を置く

自分の悪口ではなくても、悪口ばかり言っている人と一緒にいてもいい気分ではないですよね?

また、悪口ばかり言う人はトラブルも多いです。

巻き込まれる前にそっと距離をおきましょう。

スポンサーリンク
直接注意をする

私は基本的に自分の悪口を言われても気にしませんが、仕事に支障が出るようでしたら直接聞きます。

「悪い所があればできる限り直しますので直接いってもらえませんか?」

と聞きますが、大抵は謝られるか「何でもないです」と言われる程度で、言い返されたり喧嘩になるような事はありませんでした。

一度だけ、上記のような事をいった途端になぜか悪口を言っていた相手が泣き出すという謎の自体に陥り、何も知らない人からみれば悪いのは私…という状態にされた事がありますが…

その為、悪口を言われてイライラするのは分かりますが、悪口を言っている本人に直接注意をする際はオブラートに包んでいったほうが無難です。

また、自分の悪口ではないけどずっと誰かの悪口をきかされてうんざりする…という時も同様に相手を傷つけないように注意しましょう。

例えば

「ごめん、今考え事している」

「悪いけど、集中したいから後で話そう」

など後で話す気がなくても「後で」と言って話しを中断させます。

2回ほど連続でやればだいたい相手が折れます。

みんなから好かれようとしない

色んな人間が集まれば好き嫌いが出てくるのは当たり前です。

全員から好かれる事は不可能ですので、もし自分が悪口を言われても「私とは合わない人だった」程度に考えると、割とどうでもよくなります。

自分の悪口を言われると傷つきますが、「この人はこうやって悪口を言う事でしか、心のバランスを保てないんだ」と、可哀想な人だと思っておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

もし、自分が会社で悪口を言われてしまったらまずは相手と距離を取りましょう。

悪口を言われるような事をしていないのでしたら、まともに関わりあう必要はありません。

まともに相手にするのは時間の無駄です。

私はやたらと誰かの悪口を言っている人は、全部自分の自己紹介をしているのだと思って聞き流しています。

そして、会社の人に悪口を言われたとしても単なる仕事上でお付き合いをしているだけの人なので、深刻に考えないようにしましょう。

http://creativefromnow.net/archives/829

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ