水筒のスポーツドリンクで食中毒!?結構恐いその理由とは?

気温が高くなってくると、マイ水筒を持参する人も増えてきますよね。

仕事や、部活など運動をしている子供に水筒を持たせるママも多いのではないでしょうか?

真夏の炎天下で運動する場合は特にたくさん汗をかくでしょうし、ミネラル補給のため水筒にスポーツドリンクを入れて持って行く…

でもちょっと待って下さい!

その水筒は「スポーツドリンク対応の水筒」ですか?

ステンレスや金属の水筒にスポーツドリンクを入れた場合、食中毒になるおそれもあります。

でもどうしてそんな危険性があるのでしょう?

水筒にスポーツドリンクを入れると食中毒になる原因や対策

をご紹介します。

スポンサーリンク

水筒のスポーツドリンクで食中毒!?なぜ?

ステンレス製や金属製の水筒にスポーツドリンクを入れると、スポーツドリンクに入っている「塩分」でサビや腐食の原因になります。

さらに!

水筒の中に傷などがあれば、その傷口から「銅」が溶け出します。

その溶けだした銅を一緒に飲んでしまう事で、「吐き気」「下痢」などの中毒症状が起こります。

ちなみにステンレス・金属製の水筒に入れると食中毒になる可能性のある飲み物はスポーツドリンクだけではありません。

食中毒を起こす危険性のある飲み物

●カフェオレ、乳酸菌飲料

●果汁飲料

●炭酸水

●塩分の入ったスープ(味噌汁など)

これらの飲料は、水筒がサビる原因になります。

水筒にサビや腐食があったらすぐに気がつく?

過去に私自身も、何も考えずに水筒に粉末のポカリスエットを入れて飲んだ事があります。

飲んだ時に「何か鉄っぽい味がするな…」と思いましたが、「粉末のポカリスエットだから、きっと私が水を入れる量を間違えて味と匂いが濃く感じるだけだ」と、無駄にポジティブに考えて飲んでいました、

2日間同じように水筒に粉末のポカリスエットを入れて飲んでいたのですが、結局「やっぱり鉄臭いな…スポーツドリンクはペットボトルのほうがいいや」と思い、水筒を使わなくなりました。

後で調べて分かった事ですが、サビや腐食があると鉄臭さが出るそうです。

スポンサーリンク

他には、水筒の保冷・保温効果が落ちたり、水筒に入れているドリンクの味も変わります。

一応、鈍い私でも異変は感じる事が出来たので、もしサビや腐食があれば大抵の人は気がつくと思います。

もし匂いや味など少しでも異変を感じたら飲むのを辞めましょう。

ちなみに私の場合は2日飲みましたが、特に症状など何も出ませんでした。

しかし!

水筒や金属製の水筒に、前夜に内にスポーツドリンクを入れていて、翌日それを飲んだ子供が集団で食中毒をおこした。

という事が過去にあったそうです。

子供に持たせる水筒は特に注意が必要ですね。

スポーツドリンクは対応している水筒で!

まずは、今持っている水筒はスポーツドリンク対応の水筒か確認しましょう。

説明書や水筒が入っていた箱に書いてあると思います。

「説明書も無いしよく分からない!」

という人は、ステンレスではなくプラスチック製のボトルにしましょう。

スポーツ用品店でしたら確実にスポーツドリンク用のボトルがあります。

最近では小さめのボトルでしたら100円ショップにもあります。(ただ「保冷」「保温」が出来ないですが…)

私も会社へ行く時に使っていましたが、水筒よりも軽いので持ち運びに便利でした。

スポーツ用品店でしたら、冷凍が出来るボトルがあります。

スポーツをしている人には冷凍出来るボトルの方が使い易いかも知れませんね。

他には、水筒内部を傷つけないように洗う事。

水筒を洗う時は柔らかいスポンジで洗いましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THERMOS サーモス 真空断熱スポーツボトル 1.0L FFZ-1000F …
価格:2905円(税込、送料別) (2018/3/27時点)

まとめ

●ステンレスや金属製の水筒にスポーツドリンクを入れると、サビ・腐食の原因になる。

●水筒内部に傷があると「銅」が溶け出し中毒症状がでる可能性がある。

サビや腐食があれば鉄っぽい味や匂いがするので、すぐに気がつくと思います。

実際に食中毒になってしまった子供の事例もありますし、今使っている水筒はスポーツドリンクを入れても問題ない製品なのか確認をしましょう。

スポーツドリンクを入れてもいい水筒かわからない場合は、スポーツ用品店などに専用のボトルがあるので専用の物を使うようにいてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ