まつ毛に潜むダニ!その症状&対処して大繁殖を防がないとヤバい事に

まつ毛にもダニが住み着くという話はご存知でしょうか?

私は「顔ダニ」でしたら知っていたので洗顔で対策をしていましたが、まつげにまでダニが繁殖するとは…

「まつげダニ」とはその名の通りまつげに住み着くダニの事なのですが、なんと5人に1人はまつげダニがいるのだとか!

今回はまつげダニについて、原因、症状、対策をご紹介します。

スポンサーリンク

まつ毛にダニ!?なぜ?その原因は

まつげダニとは人間の毛穴に住んでいる0.1ミリ程度のダニです。

0.1ミリなので、「顔にダニがいる!」と気づく事もできません。

実際に自分の顔からダニが出てきたらパニックになること間違いなしなので、見えなくて良かった…と思いますが、見えないとそれはそれで「いるかもしれない」という不安が残りますよね…

まつげにダニが繁殖する原因は、アイメイクがきちんと落ちていない事が原因です。

洗い残しのアイメイクなどを餌にして生きていくので、アイメイクの濃い人やエクステをつけている人は特に洗顔はしっかりとしましょう。

また、まつげに潜むダニは感染率が高く、「まつげ」だけでなく「まぶた」の裏側にまで潜んでいる事もあるそうです。

まつげダニの症状と対処

軽い症状では「まつげはよく抜けるようになった」と感じる程度の人が多いようです。

「まつげが最近よく抜けるけど年齢のせいかな?」と思っていたらダニのせいだった…なんて事もあるかもしれませんね。

他には、目がゴロゴロする、充血するなどの症状があり、症状が強くなると目の周りや目の粘膜周辺に強い痒みや炎症が起こります。

そうなると、すぐにどうにかなるわけではありませんが確実に目には悪影響ですので眼科へ行きましょう。

悪化すると眼瞼炎(がんけんえん)という炎症を起こす病気になり、この病気は一度かかると非常に完治しにくいそうです。

私は薬局で働いていたのですが、そんなに珍しくない病気なのか、割と眼瞼炎で薬を処方されている人はよくいました。

眼瞼炎の場合は眼軟膏か点眼で症状がひどければ飲み薬も出されます。

スポンサーリンク

まつげダニ対策

とにかく洗顔です!

ダニはメイクの残りや皮脂汚れを好みます。

クレンジングを忘れて寝てしまった…なんてとんでもない事です!

1日クレンジングを落とさず眠るだけで、顔に潜むダニは大繁殖をします。

どのくらい汚いかというと「洗っていない雑巾くらい」という例えがあるほどですので、自分が想像している以上に汚いのでしょうね…

私はアイメイクをガッツリしているのでメイク落としは気をつけています。

何年か前に行ったエステで「正しいメイク落としの方法」を聞いたのでその方法を今だに実践していますので紹介します。

1.アイメイクは専用リムーバーで落とす。

最初にコットにたっぷりリムーバーを染み込ませ、目の上に乗せます。

普通は10秒も乗せなくてもメイクが落ちるそうですが、私はマスカラをガッツリつけてるので10秒以上コットンを目の上に乗せています。

そのままゆっくり下にコットンをずらしながら取り、仕上げに綿棒でまつげの隙間に残ったメイクをとります。

2.全体的にクレンジングオイルでメイクを落とします。

コツとしてはクレンジングオイルの量はケチらない!

3.クレンジングを落としたら洗顔。

洗顔はよく泡立てる事!

私は今の所この方法で特に目のトラブルはありません。

また、アイメイクをしない、薄くするという方法もありますが、やはり何よりも大切なのは洗顔を徹底し、清潔な状態を保つ事です。

スポンサーリンク

まとめ

最近目がかゆい、充血している、目がよく渇くなど目の不調が続いている人は一度眼科を受診してみましょう。

ダニがいるかどうかは、眼科の検査ですぐにわかります。

また、予防策の一つとして「目のシャンプー」もあります。

ネットでも販売されていますが眼科で聞けば専用の物を出してくれます。

http://creativefromnow.net/archives/914

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ