仕事辞めたい…うつは重度になると手遅れに!私が休業した時の経緯

「仕事を辞めたい」と思っても、

●家族に反対されている

●仕事を辞めてしまうと生活が出来ない…

など様々な理由で「辞めたい」と思っていても我慢して働いているという人はかなり多いのではないでしょうか?

しかし!!

我慢して働き続けた結果、自分にとってさらに良くない自体に陥る可能性があります。

今回は私の体験も含め、

「うつ病の症状」
「うつ病になる前にするべき行動」
「早く会社を辞める方法」

をご紹介します。

スポンサーリンク
うつ病の症状

「うつ病」といっても軽症のものから重症のものがあります。

主な症状は

●不眠症
●嘔吐
●何をしても楽しくない。
●下痢やめまい。
●集中力がない。
●気分にムラが出て日常生活に支障が出る。
●些細な事でイライラする。

などがあります。

私は今までに「うつ病です。」と診断をされたことはありませんが、仕事のストレスと疲れから「過敏性腸症候群」という診断をされたことがあります。

この時、医師に「このままだと、うつ病になってもおかしくないよ。」と言われましたが、この頃の私はそれ以外にも不眠、情緒不安定、体重が激減などの症状があり
「うつ病手前」という事で安定剤、睡眠薬を処方されました。

私の場合はまだうつ病になっていなかったのでそこまで深刻な状態ではありませんでしたが

重症のうつ病になると

●自殺願望
●幻覚、幻聴

などの症状があらわれ、体が思うように動かなくなります。

うつ病になる前に行動するべきこと

まずは体に何らかの異変があるのでしたら、病院へいきましょう。

うつ病の検査でしたら精神科になりますが、精神科と聞くと抵抗がある人もいるかもしれません。

そんな時は心療内科でも診察してくれますし、症状を伝えて手に負えないようでしたら別の病院へ紹介状を書いてくれる事もあります。

スポンサーリンク

そして次に早く会社を辞める!

簡単には出来ない事かもしれませんが、

会社にいる事が原因で精神的に参っているのでしたら、原因となる「会社」を辞める事も考えなくてはならないでしょう。

辞めたい理由が人間関係なら尚更、すぐにどうにかできる問題でもありません。

何かしらのうつ症状が既に出ているのでしたら本気で退職する事も考えて見る機会と言えます。

うつの症状で日常生活に支障が出ている場合は仕事を休む

私は日常生活が送れないほどの症状は出ていませんでしたが、体重の減り方が当時身長155cmで体重が34キロとあきらかに痩せていた為、異常と判断され

「診断書を書くから、しばらく休みなさい」

と言われました。

この診断書を出せば「傷病手当」を受ける事もできます。

傷病手当とは病気で一時的に働けなくなった場合、その治療に専念するため休職期間の給料を67%保証してもらえます。

傷病手当は労災と違い、保障額が少ないのですが申請をして1ヶ月後には傷病手当が支給されます。

1.仕事につくことが出来ない。
2.病気、怪我で療養の為の休業である。
3.連続する3日間を含み4日以上仕事につけなかった事。
4.休業した期間に給与の支払いがない事。

この条件に当てはまれば傷病手当を受けながら休業が出来ます。

この事を病院で教えられ、診断書を2回目の通院の時に書いてもらいました。

会社も診断書があるとそれ以上働かせる事が出来ませんので、本当に話が早いです。

ただ、人事などに診断書や傷病手当の申請書を渡すため電話をしなければならないので「診断書もあるので休業させて欲しい」と言う事がいいにくかったのですが、「診断書もあります。」の一言で特にイヤミも言われず事務的に休職の申請を進めてもらえました。

スポンサーリンク

そのまま退職をするにしても、一時的に休業するにしても、傷病手当の受給期間は最高で1年6ヶ月受給できます。

知り合いに仕事が原因で重度のうつ病になってしまった人がいますが、退職をしてもう何年もたっているのに今もうつ病の治療をしています。

重症のうつ病になると、治療に時間がかかりますし最悪の場合は命に関わる状態になってしまうこともあります。

重度のうつ病になる前に、会社を辞めるか休職をするなど対策をとりましょう。

http://creativefromnow.net/archives/390

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ