バイト辞めれない→「ばっくれ」は自分だけが損するだけ!

バイトを辞めたいと伝えているのに会社がそれを認めてくれない…

そんな会社も珍しくはありませんよね。

それだけ辞めて欲しくない人材なのか、理由は色々とあると思いますが、「辞めたい」としっかり意思表示をしている相手に対して「辞めさせない」というのはおかしな話しです。

辞めさせてもらえず、我慢していつまでも働くわけにもいきませんし、どう対応していいのか悩みますよね。

そんな状況でしたら「バックレようか…」という考えがチラついてもおかしくないと思います。

今回は、バイトを辞めさせてもらえない場合の対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

バイトを辞めさせてもらえない!ばっくれてもいい?

バックレとは、「無断退職」の事を言います。

過去に私がバイトをしていた職場でも、数人見たことがあります。

一番私の印象に残っているバックレ方は入社して3時間後に姿を消した人です。

名前と顔を覚える前にバックレたので、「あの人は幻だったのかもしれない」と社内で話題になりました。

この人のバックレ方は極端ですが、どのような理由があるにしろバックレ自体に良い印象はありません。

上司にパワハラを受けていた、「辞めたい」と言っているのに辞めさせてくれない…などの理由でバックレをした人も、入社3時間でバックレた人も結果だけ見れば同じ
「バックれた人」です。

バイトであってもバックレだけは辞めましょう。

バックレのリスク

まず、会社にもよりますがバックレると親や実家の連絡先を会社に提出していれば会社から実家へ連絡が行きます。

これは、「事故や事件に巻き込まれていないか?」という確認でもあります。

次に損害賠償の請求。

突然会社に来なくなった事で人手不足になり店を数日休業した。

など、何かしらの損害を与えた場合に請求されますが、実際にバイトがバックれて損害賠償を請求した。という事は少ないです。

私が働いていた会社でバックれた人たちも、おそらくそこまでされていないと思います。

ただ、問題なのが「雇用契約書」

入社したばかりの時に、バイトでも契約書を交わしていると思いますが、そこに「○日無断欠勤が続いた場合、損害賠償を請求する」「懲戒解雇処分にする」「給料を減給する」などと書いてある事があります。

しっかりと雇用契約書を確認しておきましょう。

懲戒解雇にされた場合、新しいバイトや就職先を探す場合にかなり苦労するはめになります。

スポンサーリンク
バイトを辞めさせてくれない場合の対処法

とにかくまずは「辞める」という意思を伝える事が大切です。

バイトでも退職願の提出が必要な会社は退職願を提出しましょう。

法律では「退職願は退職をする2週間前」に提出するという決まりがありますが、会社の規定がある場合(退職の1ヶ月前に提出…など)会社の規定に従ってください。

ここまでが正式な退職方ですが、これでもダメならもう強行突破です。

やり方は「退職届を配達証明郵便で送る」

郵送する際に、郵便局の方が封筒や送り先などの写真をとってくれますが自分でも封筒と中身を撮影しておきましょう。

配達証明なので、相手が受け取ったかどうかもわかりますので、会社側から「そんなの知らない」ととぼけられる事もありません。

また、「辞めるなら給料ださない」「減給する」などと言う会社もあります。

私の友達も店長にそんな事を言われていたので、珍しい事ではないのかもしれません。

もちろん、真面目に働いているのに「辞めたい」と言ったから「減給」なんて馬鹿げた話しが通るわけがありません。

そんな時は労働基準監督署へ行きましょう。

警察の取り調べか!?と思うほど丁寧に何回も会社とのやり取りを調書されますが、かなり早くこういった問題解决ができます。

「いきないり労働基準監督署は行きにくい…」

という人はハローワークでも大丈夫です。

詳しい人が相談に乗ってくれますので、そこで手に負えないと判断されたら専門の人を紹介されます。

スポンサーリンク

まとめ

会社が辞める事を認めてくれない場合、退職届を配達証明で送りましょう。

減給などと言われたらすぐに労働基準監督署へ!

とにかくバックレだけはリスクが大きいので絶対に辞めましょうね!

http://creativefromnow.net/archives/567

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ