赤ちゃんが鼻水の吸引を嫌がる&鼻血が出た時の対処方法まとめ♪

赤ちゃんのお世話をするまで、赤ちゃんがこんなにしょっちゅう鼻水を出すとは知りませんでした。

風邪とかではなく、わりとよく鼻が出ていますよね。

赤ちゃんは基本的に鼻呼吸しかできないので、鼻が詰まるとミルクが飲み込みにくく哺乳量が落ちてしまう事もあります。

ただの鼻詰まりですが赤ちゃんにとっては大変な問題です。

スポンサーリンク

そこで役に立つのが「鼻水吸引器」!

しかし

「嫌がってなかなか出来ない」

「鼻水吸引をしたら鼻血がでた!!」

なんてことがたまに起こります。

そんな時の対処法や上手な鼻水吸引の方法を紹介します。

鼻水吸引器の種類

私が購入した鼻水吸引器はピジョンの「お鼻すっきり」という物です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン 鼻吸い器 お鼻すっきり
価格:767円(税込、送料別) (2018/3/12時点)

私が購入したときは、この鼻水吸入器にプラス赤ちゃんの固まった鼻をとるピンセットとセットになっていました。

両方とも0ヶ月から使えるもので吸引器はシリコン素材で柔らかく、ピンセットは先端が丸くなっているので安全です。

鼻水吸引器は基本的には水っぽい鼻水が出ている時にしか使いませんが、鼻取り用ピンセットは結構使う頻度が多くとても役立っています。

吸引器は私が購入したもののようなママが吸い取るタイプと、スポイトタイプの片手で簡単に吸い取れるタイプ、自動で鼻水を吸ってくれるタイプがあります。

どれが使いやすいのかはその人次第ですが、新生児~3ヶ月まで、もしくは寝返りが出来るようになるまでは、チューブ状でママが吸い取るタイプの吸引器の方が
吸引する力を調整しながらできるので安心です。

しかし、物を握れるようになる3ヶ月頃~寝返りが出来る用になった頃は吸引器のチューブの部分を掴んで邪魔をしてくるので、吸引に苦戦します。

スポイトタイプはコツを掴めば一瞬でできますので、嫌がる赤ちゃんには最適です。

赤ちゃんが鼻水の吸引を嫌がる場合

「殺されるぅぅぅ!!」

というような断末魔をあげながら嫌がりますよね…。

鼻水の吸引で赤ちゃんが鼻血を出してしまう原因は

●吸引器が鼻の粘膜にあたり傷をつけた。

●強く吸いすぎた

という理由がほとんどです。

嫌がって暴れると鼻の粘膜を傷つける恐れがありますので、無理やり体を押さえつけてやるのは控えましょう。

スポンサーリンク

しかし優しくやっても子供は暴れますよね…。

せっかく楽にしてあげようとしている母の気持ちをわかってくれ!!

鼻水吸引をスムーズにやるには、我が家ではパパがいればパパがあやして気を引いている間にさっと吸引します。

パパがいなければ仰向けにしてメリーを見せてその隙に吸引。

とにかく油断させる事です。

あと吸引器を見せない。

我が子は吸引器を見ると逃げます。

また、全部吸ってやりたい気持ちは分かりますが
全部吸引しようとせずに、6割くらいで辞めましょう。

長く吸う、吸引が強いと赤ちゃんにも負担がかかります。

赤ちゃんの鼻水を吸引したら鼻血がでた!どう対処する?

びっくりしますよね。

私も子供が生後2ヶ月の時に鼻血を出させてしまい、かなり焦りました。

本人も痛がる様子もなかったので、大丈夫だろう…と思いましたが、念の為かかりつけの小児科へ電話で問い合せてみました。

すると

「鼻血が10分以上止まらないようでしたら受診してください。鼻の粘膜に少し傷が付いただけっていう事が多いので一応確認してみてください。」

と言われ、よく観察してみると鼻の入口あたりに少し血がにじんでいました。

「特に止血などはしなくても大丈夫ですよ」

と言われたのでそのまましばらく様子をみて、いつの間にか血は止まっていました。

ほとんどの場合は鼻の粘膜に擦り傷程度の傷が出来ているだけの場合が多いので心配はいらないようですが、

●いつまでも鼻血がでている。

●鼻血の量が多い。

という場合はすぐに小児科か耳鼻科にいきましょう。

また、鼻血が止まらない!という時の処置は

「無理に鼻血を止めない」

「上を向かせない」

よくやってしまいがちですが、ガーゼやティッシュを鼻に詰めるのは鼻血が止まりにくくなるそうです。

上を向かせる行為は、鼻血が喉の奥に入ってしまいます。

少しだけ下を向かせて大人しく座っていれば4~5分で鼻血は止まります。

http://yoriyoilife.net/archives/711

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ