子育てが「楽しい」「楽しくない」はこの考え方の違いだった!?

子育ては大変とよく言いますが、みなさんはどうですか?

私は4歳と2歳の子育てをしていますが、毎日大変です。

何が大変って…全部大変です。

朝起きてご飯を食べさせるのも、着替えさせるのも…

機嫌よく遊んでいると思えば兄弟げんかが始まり家の中はぐちゃぐちゃに…

朝起きて夜子供が寝るまで大変なことばかりです。一息つく暇はありません。毎日、全力投球で駆け抜ける日々です。

でも、大変の中にも楽しいことがあります。

いや、楽しいことの方が勝っています。

毎日、我が子に対して可愛くてたまらなくなり、「子供を産んで良かった!」と思います。

しかし、私のようなポジティブ思考を持ち合わせている方は少数だということに最近気づきました。

子育て中の方の中には

「子育てが大変で楽しめない。」

「毎日イライラしてばかりで罪悪感しかない。」

などの意見を聞くことがあります。

スポンサーリンク

子育てを楽しんでいる人とそうでない人、この違いは一体どのような事なのでしょうか。

幸い、私の周りのママ友は大変ながらも子育てを楽しんでいる人が多く、一緒に遊ぶとパーティーのように楽しい時間になります。

今回はママ友と新年会をして、子育てには「あきらめ」が肝心だね!という話になり、その時の話をまとめました。

そんなママ友達から学んだ子育てを楽しむ方法をご紹介します。

子育てを楽しむ方法は?子育てを楽しむために必要なのは考え方を変える事!?

「子育て」ではなく「子供との生活」を楽しむ

近年、育児と仕事を両立する女性が増え、「子育て」と「仕事」を天秤にかけるようになったように思います。

そのせいか、「子育て」は一つの仕事と考える人が多くなったように思います。

「子育て」が仕事ならば、365日24時間休みがない激務です。

しかし、仕事ではなく生活の流れだと思ったらどうでしょう。

例えば「子供のために公園に遊びに行く」考え方と「子供と一緒に遊びに公園に行く」という考え方。

「子供と一緒に遊びに公園に行く」と考えた方が楽しめませんか?

子育てを楽しんでいる方は、子供との遊びや普段の会話、お出かけなど自分も一緒に楽しむ姿勢があります。

いい意味での「あきらめ」が肝心
「うちの子、全然言う事聞かないのよ~。」

「ダメって言うことばっかりするわ。」

この言葉は子育てママからよく聞く言葉です。

実際我が子も本当に言うこと聞きません。でもその都度、怒ってイライラしていては損です。

だって、いくら怒っても懲りていないのが子供です。

スポンサーリンク

私のことを、他のママや義理母は『子供がやりたい!て言うことを何でも許してあげてるね。』と言ってきます。

子供がやりたい!と言ったことに制限をかける時は、

・相手を傷つけてしまう恐れがある事

・子供本人が大きなケガや最悪命にかかわる恐れがある事

・社会のルールから逸脱した行動(壁に落書き・机の上に乗るなど)

これ以外の事などは可能な限り、子供に添うようにしています。

頭ごなしに「ダメ!」と言ってもへそを曲げてしまうだけなので、半分諦めの心境で「いいよ~」と言うしかありません。

子供が泥んこになって遊んでも、家中をおもちゃで散らかしても洗濯すれば済むし、子供が満足した後に片づければいいんです。

子供が楽しんでいる間は「もう好きにして~」と思うしかありません。

幼児がいる間は「お家を綺麗に清潔に保とうなんて不可能」だと初めから思うと子供に対してイライラも減ると思いますよ。

ストレスを軽減する方法を持っている
●仲の良いママ友がいる。

●自分が自由になれる時間がある。

●仕事をしている。

など、ストレスを軽減する方法を確保できているママは、心に余裕を持て楽しく子育てをできる基盤ができるように思います。

自由になれる時間や仕事をして子育てから離れる時間の確保は、どのママもできることではありません。

私も上の子を出産後4年間は専業主婦でした。その4年の間に何度も仕事復帰して子育てから離れる時間が欲しい!と思いました。

そんな4年間の中で「子育てが楽しい!」と思えたのは同じように頑張っているママ友の存在が大きいです。

私は人見知りでしたが、子育て広場のような公共の場所に通うようになり、ママ友の輪が広がりました。

「子育て」という共通の話題はすぐにママ友との間を埋めてくれます。みんな共感する事柄が多いからでしょう。

子育て中って忙しいけれど、毎日ヒマなんです。

「今日も子供と何して過ごそう…」専業主婦の間の最大の悩みでした。

どこかへ出かければお金は使ってしまうし、家の中で遊んでも息が詰まる…。

そんな時にとっても助かったのはママ友親子と一緒に遊ぶことでした。

仲良くなったママ友と連絡を取り合うようになり、お互い何も予定のない時に一緒に公園や家に遊びに行っていました。

次第にママ友の友達親子も一緒に遊んだりするうちにママ友の輪が広がり、毎回パーティーのように楽しいです。

子供同士も楽しめますが、ママ同士は育児の悩みや愚痴、そして何より旦那の愚痴が一番盛り上がりますね!

みんな話すことでストレス発散になり、幼稚園や保育園に行くようになった今でも月1回は集まっています。

このようにストレスを軽減する方法を確保していると、子育ても楽しめるんではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

子育ては長い道のりです。

この長い道のりを楽しめた者勝ちだと思います。

今、子育てが辛い・楽しくないと思っているママ、そのマイナス感情を少しでも減らせる方法を考えてみてください。

旦那さんやご両親に話を聞いてもらう。地域の子育て支援の方に相談してみてもいいです。

子育てを楽しむには心に余裕がなければ楽しめません。

心に少しでも余裕が持てるような方法を見つけてみてください。

http://creativefromnow.net/archives/424

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ