花火大会の待ち時間は何をする?持っていくと便利なものは?

花火大会の日は混雑が予想されるため、花火が始まる予定時間よりもかなり早く現地に行き場所を取る!という人も多いですよね。

花火が始まるまでの待ち時間も結構楽しいものですが、「あつい……暇だ…」と感じ、花火が始まる時間までがすごく長く感じる事もあります。

そこで今回は、

●花火大会が始まるまでの時間に何をするか?

●花火大会へ行く時に持っていくと便利な物

をご紹介します。

スポンサーリンク

花火大会の待ち時間にする事

【ゲーム】

場所とりの為、動けない事もあると思います。

そんな時はゲーム!

しかし!ゲームといってもスマホを使ったゲームではありません。

確かにスマホがあれば、ネットを見たりゲームをしたりと割と長時間でも暇を潰せます。

でも真夏のあつ~い炎天下の元、スマホを長時間屋外で操作しているとバッテリーが凄い速さで減ります。

そうなると、花火を動画に撮ったり、みんなで写真をとったりしたい方や、混雑している中、万が一自分や誰かが迷子になってしまったとき「バッテリーが切れた……」なんて切ない事になる可能性が非常に高くなります。

スマホを使って時間つぶしをしたい人は、携帯用充電器を忘れずに持って行きましょう。

スマホを使わなくても我慢ができる人は、みんなでできる遊びをするとあっという間に時間が過ぎます。

たまに、しりとりをしているグループも見かけますが、たっぷりと時間があう場合はクロスワードなどがオススメです。

400~500円くらいでコンビニでもスーパーでも売ってあるので現地調達もできます。

以外に何人かでやると楽しいものです。

【読書】

読みかけ、または調達した小説や雑誌などは時間つぶしにもってこいです!

ただし一緒に行く人を放置状態にしてしまうので相手の分も用意するなどの気遣いも必要ですね。

また、レンタルショップでコミックを数冊借りて読むのも時間つぶしには持ってこいですが…荷物になります。

【カフェ】

待ち時間といっても、誰と行くのか、服装などによっても変わってくると思います。

私は花火大会へ行く時は浴衣で行く事が多いのですが、浴衣で出かけてしまうと目立つので、あまり他の場所(花火大会の開催地以外の場所)で時間を潰そうとすると目立ちますし…なにより歩きにくい!

あまり歩くと履き慣れない下駄などの影響もあり足を痛めます。

そのため、浴衣で出かけた時は花火大会開催地付近のカフェなどで時間をつぶしています。

スポンサーリンク

ただ、長時間居座るとお店の人に迷惑をかけるので、長くても1時間ほどしか時間は潰せませんが、涼しいのでちょっとした休憩ついでに時間を潰すのに最適です。

【カラオケ】

友達と数人で花火大会へ行く時はよく利用します。

お菓子などをたくさん買い込んで、花火が始まるまでの時間を割と快適にすごせます。

ただ、花火大会の開催地近辺の場合は同じように「カラオケでしばらく時間を潰そう」という考えの人もいるので、時間帯によっては部屋が空いていない…なんてこともよくあります。

花火大会に持っていくといいもの

うちわ

うちわ、扇子はなくてもなんとかなりますが、その場でじっと座って花火待ちをしていると暑いのであると便利です。

うちわでも扇子でもどちらでもいいのですが、扇子の方がコンパクトにたためるので持ち運びしやすいと思います。

タオル

タオルは必須です!

汗をかくので、ハンカチよりも吸水性のいいタオルハンカチの方が使いやすいです。

虫除けスプレーと虫刺されようの薬

花火大会は海や川の近くで開催されることが多いので、結構虫がいます。

特に夕方になると蚊に刺されやすいので、虫除けスプレーと、刺されたあとの為に虫刺されようの薬も持って行きましょう。

日焼け止め、日傘

夕方くらいから出かける人は多いのではないでしょうか?

昼間ほど日光はきつくないですが、夕方でも十分な紫外線です。

日焼け対策は万全にしましょう!

ウェットティッシュ

あると便利です。

私は毎回、屋台の食べ物を買って手がベタベタになるので必須です。

凍らせたペットボトルの飲み物

飲んでもいいですし、涼むためにも使えます。

中身は無難にお茶がいいです。

まとめ

花火大会の待ち時間は、カラオケ、カフェでまったり過ごす。

クロスワードなどのゲームでワイワイ楽しむなどの過ごし方があります。

暑い中、花火を待っているとイライラする事もありますが、今年はのんびりゲームでもしながら待ち時間も含めて花火大会を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ