赤ちゃんの保湿にワセリンなど市販薬は悪化状態では意味が無い!?

「赤ちゃん肌」という言葉があるので、私は子供を実際に育てるまで赤ちゃんがこんなにも乾燥肌だとは知りませんでした…。

私のように赤ちゃんのお肌は「ずっとモチモチのプルプル」だと思っていたという新米ママは多いのではないでしょうか?

そこで!

赤ちゃんの乾燥肌対策にオススメの方法

をまとめてみましたので参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの乾燥肌対策はどうしたらいい?

産まれてしばらくはプルプルのお肌ですが、大体生後2~3ヶ月から徐々に乾燥肌になりやすくなっていきます。

産まれてしばらくの間はママからもらったホルモンの影響で、プルプルなお肌を維持できるのですが、生後2、3ヶ月頃にこのホルモンの効果がなくなってしまい乾燥肌になります。

我が子も生後2ヶ月~3ヶ月頃から徐々に肌が乾燥していきました。

「少し乾燥してきたかな?」と気付いたら一気に悪化する

我が子の場合初めは、お腹と肩のあたりが少しだけ乾燥していました。

初めて乾燥に気がついた時は、そこまで酷い状態でもなく赤みもなかったので「保湿クリームをたっぷり塗れば大丈夫かな」程度に考えていました。

ところが!

赤ちゃんの乾燥に気が付いてから1週間も経たないうちにあっというまに乾燥が悪化!!

肌が乾燥しすぎて真っ白になっていました。

背中や肩の部分は、皮膚がめくれるほどではありませんが艶のない肌に…

「市販の保湿剤でいいや」

なんて簡単に考えてしまった事を後悔しました。

今思えば、2~3ヶ月頃は予防接種で頻繁に小児科に行っていたのだから「この程度の乾燥くらい」と思わず、予防接種のついでにでも相談しておけばここまで酷くならずに済んだのかも…と反省しています。

スポンサーリンク
結局病院へ

赤み、炎症は見られないので子供は特に機嫌が悪そうにするわけでもなく、肌が乾燥することで痒みが出てきて、寝つきがわるい…という事も一切ないのですが、乾燥肌があまりにも酷いので病院へ行きました。

ちなみに病院へ行く前は、新生児の頃からビジョンのベビークリーム、ローション、ボディソープもピジョンを使っていました。

乾燥肌が目立ち始めてから、ベタベタになるほど塗っていましたが改善されず…

先生いわく

「市販の保湿剤はいい状態をキープするためのもの。悪い状態の肌に塗っても意味がない」

のだそうです。

結局、我が子の場合は父親が赤ちゃんの頃からアトピーなので、我が子もアトピーの可能性が高いけどまだ月齢が低いので検査は出来ないとのこと。

ただ、まだ我が子は当時生後3ヶ月。

遺伝でアトピーの可能性もありますし、症状もアトピーに近いけど

「この程度なら治りますし、アトピーの予防も可能」

との事で、処方された保湿剤と一番弱いステロイドを処方されました。

お風呂上がりと寒い時期は特に注意

病院から処方された保湿剤とステロイドで、乾燥はすぐに治りました。

固くなった皮膚も1ヶ月ほどで元通りに!

1年を通して保湿はしっかりしてあげることが大切なのですが、乾燥しやすい寒い時期やお風呂上がりの保湿はとくに徹底してやるように病院でも指示をされました。

現在はもう処方された保湿剤は使用していませんが、市販されているワセリンを長く使用しています。

私の子のような敏感肌にも使えますし、市販されている保湿剤の中では一番保湿が出来ていると思います。

ちなみに、ワセリンは市販で購入できますが病院でも処方される事があります(薬ではありません)

スポンサーリンク

ワセリンは気温が低いと固まりやすく、そのままの状態で体に塗ろうとすると冷たいので子供が塗るのを嫌がるようになりますし、伸びも悪いです。

保存は常温で、冬に使用する時はヒーターの前で少し温めるか、ママの手のひらでよく伸ばしてあげると塗りやすいです。

たかが乾燥ですが、悪化するとアトピーになる確率が上がるそうです。

乾燥肌にならないように日頃から気を付けてあげましょう。

http://yoriyoilife.net/archives/711

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ