近鉄特急「しまかぜ」予約方法を調べまくって奇跡の個室をゲット!

しまかぜは2013年3月21日に近畿日本鉄道が運行を始めた観光特急です。

大阪難波駅、近鉄名古屋駅それぞれと三重県志摩市の賢島駅の間を、水曜を除き1日1往復します。

1日たったの1往復ですから乗る事はもちろん、見る事ができても嬉しい電車なのです。

スポンサーリンク

なぜこの「しまかぜ」がこれ程に人気で、話題性があるのかというと、すべての座席がリラクゼーション機能の付いたプレミアムシート!

具体的には電動リクライニングやフッドレストが付いており、背もたれの硬さも好みに変えられる機能がついています。

また、先頭車両と最後尾の車両は展望車両になっていて前面がガラス張りで景色も楽しめます。

ここまでは大人の「しまかぜ」の楽しみ方です。

ここからは子供にも大人気の「しまかぜ」の秘密に迫ります!!

我が家は近鉄沿線に家があり、電車好きの4歳半の息子は近鉄の車両をすべて覚えています。

アーバンライナー・ビスタカー・伊勢志摩ライナーなどなど。

中でもしまかぜが一番好き!なぜ好きなの?と聞くと。

青でカッコいいし、正面の顔がロボットみたいでカッコいい!!と。

まあ、とにかくかっこいいんだね。

そんな息子が3歳の誕生日に、しまかぜのプラレールをプレゼントしてもらってからはしまかぜ愛に拍車がかかり、コップ・Tシャツ・ハンカチ・靴下…しまかぜグッズが増えています。

近鉄特急「しまかぜ」の予約は日本一取りにくい?この方法で個室のチケットをゲット!

「しまかぜに乗りたい!」いつも言いますが、なかなか人気で乗れないんだよ~。と断り続けて1年、なんとか乗せてあげたいのが親心。

最寄り駅の近鉄の駅員さんに聞いても土日や長期休みはチケットはまだまだ取りにくい状況だと言われ、旅行会社に相談すると、旅行会社も発売当日に予約するので取れる約束はできないと言われました。

それなら自分でチケット取ってやる!!

という事で、しまかぜのチケット予約について調べた調べた。

一番、チケットが取りやすい方法は、近畿日本鉄道のHPからしまかぜの空席情報を確認し、直前なら空席がある可能性があります!

ただこの方法は1人で乗る場合です。

家族や2人以上で乗りたいならば、予約開始にパソコンに張り付いて開始と同時にクリックしてください。

インターネットで予約の場合、会員登録しなくても取れます。

特急券は乗車日の1か月前の10:30から予約開始ですから、10:28頃からPCの前でクリックする状態で待機してくださいね。

実は私はこの方法でお盆の8月12日 名古屋~鳥羽のしまかぜの個室のチケットを取る事ができました!!

しかも個室!!

チケットを引き換えに行った駅員さんに、「すごいね!この時期の個室取れたの?どうやって取ったの?」と言われたくらい奇跡なんです。

おっと、しまかぜの個室のお話をしていませんでしたね。

実はしまかぜにはサロンシートと個室を言うグループ席が設けられています。

サロンシートは6人で座れ3つあり、個室は和室と洋室が1つづつ、4人までの利用が可能です。

子連れだと子供が大人しくしていないので、どうしても個室を取りたかったんです。

でも、個室は2部屋しかない。とっても競争率の高い座席なんです。

そんな奇跡のチケットを持って、鳥羽水族館へしまかぜに乗って行ってきました。

車内では個室にはアテンダントさんが付いてくれて、お弁当や飲み物、車内グッズの販売もしてくれます。

また、車掌さんが切符を点検しに来た時に息子が電車大好きだというと、切符の点検が終わってからわざわざ写真撮影に来てくれました。

しかも、車掌さんの帽子まで被せてくれたのです!!

息子にとっては夢のような時間だったでしょう。鳥羽水族館の方が長く滞在したのに、出てくる思い出話はしまかぜに乗った話ばかりです。

これだけ喜んでくれる息子の笑顔は親にとっては宝物です。

スポンサーリンク

実は今年、2018年3月21日でしまかぜ運行5周年を迎えます。

そこで、3月21日には賢島駅でイベントがあります。また、車内グッズも5周年限定グッズが発売されます。

2018年12月31日まではしまかぜに乗った方には5周年を記念した特製デザインの記念乗車証を配布されるということで、今年はしまかぜに注目される一年になりそうです。

この機会にぜひ、乗ってみてくださいね!!

http://creativefromnow.net/archives/659

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ