役立つ資格は?主婦が今後働くのに役立つ資格&役に立たない資格!

待機児童問題…

実際に私も出産後に生後間もない我が子を預けられる保育園が無かった為、産休後に退職をしました。

しかし、

「子供がもう少し大きくなったら(または入れる保育園が見つかったら)、また働きたい!」

そう思っているママは多いのではないでしょうか?

今回は、今後働きたいと考えているママに

●オススメの役立つ資格

●役に立たない資格

をご紹介します。

スポンサーリンク

役立つ資格は?主婦が今後働くのに役立つ資格

簿記検定

経理や一般事務で復職を考えている人は是非持っておきたい資格です。

簿記の資格には種類があり、「日商簿記」「全経簿記能力検定試験」「全商簿記能力検定試験」があります。

一番就職に有利になるのは「日商簿記2級」か「全経簿記」です。

ハローワークなどの求人情報を見ていても、経理や事務の募集でしたら「日商簿記2級取得者優遇」などと記載があります。

日商簿記は1~4級までありますが、残念ながら3級だとあまり就職先はありません。

役立つのは2級です。

簿記1級はレベル的には税理士試験レベルと言われているので、時間のない主婦が家事と子育ての片手間に独学で取得するのはとても難しいと思います。

私も簿記試験を取得していますが、簿記2級でしたら主婦が独学で取得する事も十分可能です。

早い人だと家事、育児をしながら1日2、3時間勉強して1~2ヶ月で取得できた!という人もいるそうです。

ホームヘルパー・介護事務

体力に自身のない方、今後妊娠を予定している方はヘルパーではなく介護事務でもいいかもしれません。

介護系の職業は需要が多く、資格取得後に就職先がみつかりやすいです。

介護事務は一般的な医療事務がする仕事のようなレセプト作成などの業務がある会社もありますが、受付や電話対応などの一般事務に近い仕事内容の場合もあるそうです。

スポンサーリンク
准看護師や作業療法士(国家資格)

他の資格に比べ、資格取得までに時間とお金がかかりますが、何よりも安定した就職先を確保できます。

主婦が今後働くのにあまり役に立たない資格

調剤薬局事務・医療事務

人気がある資格ですが、人気がある資格という事は資格取得者=ライバルが多いという事です。

私は出産前まで薬局で調剤補助の仕事をしていました。

調剤をメインにしていましたが、医療事務も仕事をしながら覚えました。

私が薬局で働いている間に、何度か求人募集をして面接にも携わった事がありますが「通信教育で調剤薬局事務の勉強をしました(または資格があります)」という人はたくさんいたので「資格があるなら、あなたを採用します!」なんて事にはもちろんなりません。

どちらかと言うと、「実務経験者を優遇したい…」と思っていたので、この資格があるからといってそれほど就職に有利になるとは思えません。

秘書技能検定試験

マナーや電話対応、接客などが学べます。

友人が「秘書憧れる!」と張り切って取りましたが、秘書の求人が滅多になく、あったとしても「実務経験○年以上」というように、経験者が優遇される職種ですので「まったく役にたたない!」と言っていました。

スポンサーリンク

まとめ

今後、主婦が就職する際に役立つのは「日商簿記」「ホームヘルパー」「介護事務」「国家資格」などがあります。

資格があれば、何もないよりかは印象もよくなります。

ですがやはり、どの資格でも言える事ですが「資格」よりも「経験」を重視される事が多いので、資格をとったかといってすぐに就職出来るというわけではありません。

主婦が資格をとるために、育児と家事を両立させながら資格取得の勉強までするとなると本当に大変な事だと思います。

今後資格取得を考えている方は、地道にコツコツ無理のないように資格取得の勉強をして、自分のライフスタイルに合った働き方が出来る会社を探しましょう!

http://yoriyoilife.net/archives/614

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ