赤ちゃんにイライラして自己嫌悪…こんな人ほど要注意!

子育て中、子供の年齢を問わずイライラする事はよくありますよね。

新生児の頃は寝かせてもらえないイライラ。

落ち着いたかと思えば今度は夜泣きや後追いが始まりトイレすらゆっくり行けずイライラ。

まだ先の話ですが、いずれ「魔の2歳」がやってきて、小学校へ通う頃にはギャングエイジといわれる生意気な頃。

出来る事なら心穏やかに毎日を過ごしながら育児をしたい…。

今回は

赤ちゃんについイライラしてしまう!

というママへ、イライラの解消法をまとめてみましたので参考にして頂ければと思います。

赤ちゃんにイライラして自己嫌悪…こんな人ほど要注意!

初めての子育てという事もあり、子育てに関して分からない事や不安だらけです。

新生児の頃から生後3、4ヶ月は「眠れない」というストレスはありましたが、頭が痛くなるほどイライラする事はありませんでした。

私が最初に子育てで本気でイライラし始めたのは離乳食を拒否する事。

最初はちゃんと完食できていました。

しかし後追いが出てきたな…という頃から急に完全拒否!

口からベーと出してしまうならまだ可愛い方で、ギャン泣きしながら食器などを投げます。

離乳食って作るのに結構手間がかかりますし、これを毎日されると少しずつイライラ…

「じゃあもう食べなくていい!!」

思わず怒鳴ってそのまま食器を片付ける事も何度かあります。

そしてその後自己嫌悪…。

そこで、なぜこんなにイライラするのか考えてみました。

その答えは、私の場合ですが

「私の思い通りにならないから」。

離乳食を作ったのだから、全部食べるよね?

周りの子が出来ているのに、なぜうちの子は出来ないの?

きっと無意識にこんな風に思っているから腹がたつのかな?と思いました。

子供もひとりの人間です。

ママの考えや理想を勝手に押し付けるのは駄目だ!

と思い

「今日は食べないの?じゃあ明日は頑張ろうね!」

「これを食べないとお腹がすくから、リンゴだけでも食べる?」

と、のんびりする事にしました。

すると、全然イライラしない訳ではないのですが以前よりもイライラは減りました。

私の母が

「早くに何でも出来る子。聞き分けのいい子だけが凄い訳でもいい子という訳でもない。子育ての基本はゆっくり、のんびり、まあまあ適当に!!」

と言っていたのですが、今になってその言葉の意味がなんとなく分かったような気がします…。

思い切って子供と距離を置く

イライラするものは仕方がない!

ママだって人間です。

ストレスは溜め込んでイイ事なんてひとつもありません。

ママのイライラを一番早く感じ取るのは子供です。

イライラする

我慢する

イライラする

我慢する

ある日溜め込んだイライラが爆発!!

自己嫌悪

またイライラする…

大体こんな感じでイライラ負の連鎖が起こってしまいますので、この連鎖を断ち切るために一番手っ取り早いのは子供と距離を置くこと!

一時保育、実家に預ける、旦那に1日見てもらう…など、使える手段を使って半日でも一人になる時間、友達と過ごす時間を作りましょう。

溜め込んだイライラは一度リセットしてしまうのが手っ取り早い解消法です。

預ける前は「すごく悪い事をしている」ような気分になると思いますが、それも一瞬です。

ちなみに一人カラオケおすすめですよ!

大きな声を誰にも気を使わず出せてすっきり!

最初は勇気がいりますが一度行けたらクセになります。

まとめ

子育てでイライラする時は、「まあいいか!」の精神でのんびり行きましょう!

今は出来ない事でもいつかは出来るようになります。

そして適度にママもガス抜きをする事!

子育て中は自分の時間をなかなか持つ事が難しいと思いますが、月に1回だけでもそんな時間を作りましょう。

http://yoriyoilife.net/archives/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ