赤ちゃんの便秘解消方法に綿棒浣腸!便秘何日目で綿棒使う?

離乳食が始まると便秘になってしまった!と困っているママは多いのではないでしょうか?

私の子供も生後5ヶ月まで便秘知らずで毎日快便だったのに、離乳食を初めて最初は下痢。

下痢が治ってきたかな?と思ったら今度は便秘…

念の為に予防接種のついでに先生に聞いてみたのですが、離乳食を始めると便秘になったり下痢になったりとお腹の調子を悪くする子は多いようですね。

赤ちゃんの便秘の解消に「自宅で簡単に出来る「綿棒浣腸」のやり方と注意点」をまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

便秘何日目で綿棒使えばいい?

とくに何日という決まりはないのですが、私の場合は2~3日出ていなくてお腹が張っていたり、ミルクの飲む量が減ったかな?という時にしています。

ただ、明らかに哺乳量が落ちている、ずっと機嫌が悪い場合は病院へ行ったほうが安心です。

必要なもの

●綿棒

綿棒は大人用の太いタイプの物を使ってください。

ベビー用の細い綿棒は、するっと赤ちゃんの肛門に入ってしまい粘膜を傷つける恐れがあります。

●ベビーオイル、ワセリン

挿入時の滑りをよくするため、綿棒の先端につけます。

これが無いと挿入時に赤ちゃんが痛がってしまいますし、粘膜を傷つけてしまうので必ず用意をしましょう。

オリーブオイルを使用するというママもいますが、私はワセリンを使っています。

ベビーオイルは綿棒に付けるときに垂れてしまうので、私はワセリンの方がたっぷり濡れてやりやすいかな?と思っています。

●おむつ替えシート

綿棒浣腸は非常に即効性があります。

念の為に赤ちゃんのお尻の下に、シートやタオルなど何かしら敷いておきましょう。

以前、綿棒浣腸をした瞬間に大量に詰まったウンチを出された事があります…。

便秘が何日も続いている赤ちゃんは特に注意!!

綿棒浣腸はどのタイミングでやればいい?

ミルク、離乳食を食べさせてから30分後くらいが腸の動きが活発になるので、そのくらいのタイミングでするのがいいそうです。

ただ、あまりにも機嫌が悪い場合は暴れてしまうと危険なので、赤ちゃんのご機嫌など様子を見ながらにしてください。

綿棒浣腸のやり方

1.まず、綿棒にベビーオイルまたはワセリンをたっぷり塗ってください。

そして赤ちゃんを仰向けに寝かせます。この時すでに寝返りの出来る子の場合は、コロコロと転がろうとするのでオモチャか何かを持たせて、なるべく動かないように注意をしましょう。

2.赤ちゃんの肛門に綿棒を挿入します。ゆっくりと、円を描くような感じで挿入するとスムーズです。

3.綿棒が綿の部分まで入ったらそこでストップ!

そのまま円を描くようにゆっくり動かしたり、お腹(おへその辺り)をさすったりを15~20秒ほど繰り返します。

4.綿棒をゆっくりと引き抜いたら、ママの指の腹で赤ちゃんの肛門を押さえます。

注意点

●綿棒は必ず大人用の物を使用する事。

赤ちゃんの腸を傷つけないように大人用の、綿の部分が柔らかいものを選びましょう。

綿棒もたくさん種類がありますが、あまり先端が太すぎると挿入時にポロっと取れるなんてことも考えられますので、太すぎず、細すぎず、ふわふわな綿棒を探してあげてください。

●入れすぎない、動かしすぎない

入れてもいいのは綿棒の綿の部分までです。

あまり深く入れると、粘膜を傷つけてしまい出血の恐れがあります。

最後に

最初はかなり怖いと思います。

私もすごく緊張しながらやりました…

ちなみに「綿棒浣腸は癖になる」と心配するママも多いようですが、まだ赤ちゃんのうちは癖にならないので大丈夫ですよ!

それよりも便秘の状態を維持している方がよほど問題です。

ただ、あまりにも長引く便秘や綿棒浣腸でも改善されない場合は病院へ行きましょう。

生後1ヶ月以内の赤ちゃんでしたら、出産した産婦人科で受診出来ますし、生後1ヶ月以上は小児科で診てもらえます。

月齢にもよりますが、赤ちゃんが飲める便秘薬も処方してくれます。

「たかが便秘」と思わず、慢性的な便秘になる前に早めに便秘を解消してあげましょう。

http://yoriyoilife.net/archives/711

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ