ママ友いない…焦るママ急増中!でも…ママ友って本当に必要?

「ママ友が出来ない」

「子供が幼稚園に通うようになったけど、ママ友が出来るのか不安…」

そんな不安に駆られるママが多いそうです。

確かに子育ては孤独ですし、一人で不安もたくさんありますので気持ちは分かります。

そこで!

●ママ友は本当に必要なのか?

●ママ友はどうやって作ればいいのか?

という事をまとめてみました。

スポンサーリンク

ママ友いない…でもそれって何か問題?

私は問題ないと思っています。

ママ友がいないから問題というより、私はママ友を作ることに固執する方が問題と思っています。

何事にも焦ってもロクな事はないですからね。

ママ友がいないメリットもあります!

●LINEグループなど面倒な物に入ったり「既読無視」とか女子高生みたいな事をしなくても済む。

●マイペースに生活が出来る。

幼稚園へ連れて行った帰りにカフェへ…という付き合いは見ていて「毎日すごいな…」と関心します。

ママ友がいなくてデメリットになることは

●情報共有ができない。

●子供が幼稚園に行っている間の孤独感。

などでしょうか…

ママ友は普通の友達とは違います。

中にはすごく仲良くなることもありますが、あくまでも「子供の付き合い上での友達」ですので、プライベートな質問をガンガンするのはやめましょう。

たまに凄くズケズケと家庭の事を聞いてくる人がいますが、「なぜあなたに我が家のプライベートな事を言わなければならないの?」とイラッとくる事があります。

そういった質問をよくするママは他のママからも距離を置かれています。

ママ友はどうやって作れば良い?

大人になってからの友達作りって、子供の頃に比べて色々と考えてしまうので難しいですよね。

特に「ママ友」の場合は子供の年齢や性別も関係してきますし、もっと細かく気にする人は旦那の職業、家庭のレベル、住んでいる所などもチェックする人もいるようです。

スポンサーリンク

なんだかお見合い相手でも探しているようですね…

ママ友を作るのに一番早いのは、子供がまだ赤ちゃんでしたらサークルや児童館に積極的に参加をしていれば自然と出来ます。

こういった場所はママの情報交換の場所ですので、みんな積極的に声をかけてくれますし、こちらからも声をかけやすいです。

物凄く人見知り!というママでも大丈夫です!

児童館の人やサークルの責任者の方が間に入ってくれることもありますが、誰かが声をかけてくる筈です。

「誰とも話せなかった…」なんてことは、参加者がいない、余程おかしな行動をしていない限りはないと思います。

私の場合はBCGの注射と6ヶ月検診の時が集団検診でしたので、そのときに自然と仲良くなりました。

検診の時はみんな6ヶ月ですので、待ち時間に私の子供が寝返りをしながら脱走を図ろうとしているのを見て、

「うちの子はまだ寝返りをしないの…」

と声をかけられたり、子供同士が仲良くなっていたりしていてそのままずっと付き合いがあります。

なんて声をかければいい?

私は「よし!!ママ友作るぞ!!」という感じでママ友を作った事がないのですが、ママ友になるきっかけはやはり「子供」ですよね。

子供同士が仲良く遊んでいれば、「○○の母です。」程度に軽く相手のママにご挨拶をする。

あとは相手の子供に「○○ちゃん(自分の子)と遊んでくれてありがとう!」と声をかけておくと、自然と相手のママとも話しが出来やすくなります。

また、私が使用していた抱っこ紐をみて、

「凄く使いやすそうですけど、どこのメーカーか教えてもらえますか?」

と声をかけられたことがあります。

どこにでもある普通の抱っこ紐だったのですが、自分の物を褒められて嫌な気分にはなりませんでしたし、

「○○に売っていましたよ~」

と返事をしながら色々会話が広がって電話番号を交感したこともあります。

あまり「なんて声をかけよう…」と難しく考えない方が自然と会話も長続きするのかもしれませんね。

ママ友は「作ろう!」と考えるとなかなか出来ないものです。

自然に、自分と子供にあったお付き合いの出きるママ友をゆっくり探しましょう!

焦らなくても自然に、そのうち出来ますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ