家事の分担を専業主婦でも!家事分担表ホワイトボードが効果的!

なかなか夫に「家事を分担にして欲しい」と言いにくいと感じている主婦の方は多いのではないでしょうか?

特に専業主婦の方は

「一日家にいるのになぜ分担にするの?」

なんて言われそう…と弱気になってしまいませんか?

今回は夫に家事を分担してもらう方法を紹介します。

スポンサーリンク

家事の分担を「専業主婦だから…」と尻込みしない!

私は妊娠前、旦那とほぼ同じ時間働いていました。

その頃の家事の分担は、

●私の家事

・料理
・買い物
・洗濯
・アイロン
・部屋の掃除
・風呂掃除

●旦那

・食器洗い
・風呂掃除
・トイレ掃除(時々)
・ごみ捨て

ざっくりですが大体こんな感じで何となく分けていましたが「やれる人がやる」という感じでした。

特に不満もなく、時々「今日は仕事で疲れたから、家事面倒」と思うことはありましたが、「仕事と家事の両立は辛い…」とまで感じる事もなく上手く回っていたと思います。

そして結婚をしてしばらく経ち妊娠。

出産後、専業主婦になりました。

専業主婦になって思ったのですが…専業主婦は旦那に家事をお願いしにくい!

私の旦那は「専業主婦だから、家事は手伝わない」なんて事は言いませんが、明らかに家事を手伝ってくれる回数が共働きの時よりも減りました。

最初は私も「仕方ないかな」と思い我慢していましたが…

それでは私の体が持たない!

遊びまわって家事が出来なかった…という理由ではないので、「専業主婦だから…」と遠慮をする必要はない!と思います。

家事の分担を専業主婦でもしてもらうには家事分担表ホワイトボードが効果的!

日々、子供のお世話や家事などやることがたくさんあるので私はよく忘れます。

3つやる事があれば必ず1つは忘れています。

その為、以前は小さなメモ帳に買い物をするリストと一緒に「今日やる事リスト」も記入していました。

しかし!そのメモ帳の存在すら忘れるというどうしようもない自体に陥りました。

そこでホワイトボードを購入し、家事でやる事のリストを冷蔵庫に貼り付けました。

スポンサーリンク

嫌でも目に付きますし、旦那も見ます。

これが結果的に「ごく自然に夫に家事を分担してもらう」という結果になりました!

作業を見えるようにするメリット

ホワイトボードには、結構ざっくり「今日やる事」を書きます。

例えば

●夕食の買い物
●予防接種に行く
●離乳食の作り置きを作る
●掃除
●洗濯
●風呂掃除
●玄関掃除
●トイレ掃除
●洗濯
●アイロン
●部屋掃除
●拭き掃除
●可燃ごみを出す

終わったら、終わったものから消します。

1つ目のメリットは私の物忘れがこれでほぼ改善されました。

そして2つ目のメリット。

旦那がホワイトボードを見て(嫌でも目に付く)

「すごいやることがあるね…」

「手伝うよ」とは言いませんでしたが、旦那がトイレを使ったあとについでに掃除をしてくれたり、ゴミを出していたり「そういえばリストに書いてあったな…」と思い出したものはやってくれるようになりました。

「手伝って!」と言う事もなく、ごく自然に旦那が自分で「これなら出来る」と思うものをやってくれるので精神的にも楽です。

ゲーム感覚で家事分担

ホワイトボードにやることを箇条書きにしていき、終わったものから消す…というノーマルパターンに飽きたので、次はピンクとブルーの磁石を購入。

ホワイトボードに私がやった家事の後ろに「ピンクの磁石」。

旦那がやった家事の後ろに「ブルーの磁石」を貼ります。

どっちが多いがゲーム感覚でやってみたりもしました。

家事には向き不向きがありますし、「これやって!!」と言われると「嫌」「面倒」と思ってしまいます。

リスト化する事で自分の出来る事を選んでもらえますし、専業主婦=時間がたくさんあるなんて思われなくなるので、旦那に家事の分担をお願いしにくい…と感じている主婦の方は試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ