ダニに天日干しは効果なし!真夏で干しても90%以上は生きている!

どこの家庭にも必ずダニはいるそうですが、しっかりとダニ対策をしていないとアレルギーの原因になってしまいます。

ダニ対策の方法として「天気のいい日に布団などを干して対策」をしている家庭も多いと思いますが、実は天日干しはダニ対策にはならないという事を知っていますか?

今回は効果的なダニ対策の方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ダニに天日干しは効果なし!効果的なダニ退治の方法

天日干しでは効果がない理由

ダニが死滅する温度は50℃で20分以上と言われています。

例え、真夏にベランダなどで天日干しをしたとしても50℃以上にはなりません。

ですので90%以上のダニが元気に生きているそうです。

私も長年天日干しはダニ対策になっていると信じていたので、重い布団を干していたのに全く効果がなかった事を知りショックでした…

また、布団を天日干しした際に布団を叩いていませんか?

布団を叩くとホコリなどが舞い「なんか綺麗になっているような気がする…」という気分になっていましたが、布団たたきも実はNG行為です。

布団を叩くと生地を傷めるだけでなく、布団の中に潜んでいるダニの死骸がバラバラになり表面に出やすくなります。

布団を綺麗にしているつもりが、ダニの死骸や糞を撒き散らしていたなんて…

ちなみに「天日干しだけでダニを退治するにはどのくらい布団を干せばいいのか」という事が気になったので調べてみたのですが、真夏に何日も連続して8時間以上布団を干す。

それでも完全に死滅はしないそうですが多少は効果があるそうです。

連続して干すなんて、毎日天気がいいとは限りませんし現実的ではありませんね。

効果的なダニ対策

乾燥機を使う

ダニは乾燥を嫌います。

さらに高温に弱いので乾燥機が効果的です。

我が家では子供の布団なら自宅で乾燥機に入れられますが、大人用の布団は入らないのでコインランドリーへ行きます。

私はコインランドリーにある布団乾燥機を使っていますが、衣類乾燥機を使用する人もいるそうです。

布団乾燥機を使用する場合は大体1時間ほど時間がかかりますが、確実にダニ退治が出来る方法です。

スポンサーリンク
アイロンをかける

特にスチームアイロンがおすすめです。

やり方は

1.掃除機で布団を綺麗にする。

(ダニの糞や死骸を掃除機で綺麗にします。)

2.1時間くらい部屋を暗くして布団を放置。

(ダニは暗い所が好きなので、部屋を暗くして放置しておくと布団の表面の方へ移動してきます。)

3.スチームアイロンを当てる

(1平方メートルあたり20秒ほどかけてスチームを当てるのがいいそうです。)

もちろん普通のアイロンでも可能です。

4.最後にもう一度掃除機

(スチームで死滅したダニを最後に掃除機で吸い取ります。)

我が家にもスチームアイロンがあるのでたまにします。

子供の布団でしたら小さいのでさっと出来るのですが、大人用の布団になるとちょっと時間がかかるので時間のあるときにしか出来ませんが…

炎天下の車の中

以前、テレビでダニ退治の方法で炎天下の車の中に干すという方法をやっていました。

真夏の車内の温度は70℃を超えます。

ダニは高温に弱いので、車の中に干してダニを死滅させるという方法です。

やり方は簡単!

車のフロントガラスあたりに布団を置くだけ!

2時間後に布団をひっくりかえします。

これでダニは死滅するそうです。

私は布団を車の中に干した事はありませんが、クッションやぬいぐるみ程度でしたら気軽に出来そうですね。

スポンサーリンク

まとめ

ダニ対策に「天日干し」はあまり効果がありません。

最も効果的な方法は布団乾燥機へ1時間程度入れる事です。

その他にスチームアイロンを当てる、真夏に車内へ布団やクッションなどダニの潜んでいそうな物を置くなどの方法もありますが、スチームアイロンは手間と時間がかかりますし、車内へ布団を持って行くとぬいぐるみなどの小さな物でしたら問題ありませんが、布団を干すとその間車が使えません。

手軽な方法はやはり布団乾燥機かな…と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ