なばなの里の徒歩圏内に住む私の楽しみ方♪

三重県桑名市にある「なばなの里」ここは全国的にも珍しいLED電球のみで作るイルミネーションが有名です。

全国イルミネーションランキング3年連続で1位を獲得するのも納得の幻想的な世界が広がります。

しかし、なばなの里はイルミネーションだけが素晴らしいわけではないのです!

なばなの里の醍醐味は四季折々の花が大スケールで楽しめる事です。

春から夏にかけては

しだれ梅・河津桜から始まり、チューリップ・水仙・バラ・あじさい・しょうぶとお花のお祭りが開催されます。

秋にはコスモス・ダリア祭りもあります。

そんな1年を通して、いつ行っても違う顔を見せてくれるなばなの里の魅力をご紹介します!

スポンサーリンク

入村料

入村料は小学生以上2,300円で園内で使える1,000円分のクーポン付です。(園内のレストランや温泉施設で利用できます。)

なばなの里で大人気のイルミネーションを楽しむ

なばなの里イルミネーションは10月中旬から5月のGW最終日まで開催されています。

かなり長い期間開催していますが、年を越した辺りから新バージョンのイルミネーションが始まります。

なので年内に1回、年を越してからもう1回行くのも楽しいかもしれませんね。

ただ、イルミネーションの時期は非常に混みます。

混雑を避けて楽しみたい方はイルミネーションが始まった10月と2月以降であれば比較的空いていてゆっくりイルミネーションを楽しむ事ができます。

11月~1月は平日でも結構な混雑でクリスマス辺りは落とした物は拾えないほど人・人・人のすし詰め状態です。

私はなばなの里まで徒歩圏内に住んでいますが、必ず毎年10月に見に行きます。

とっても空いていますよ!

もう1つの楽しみは「光のトンネル」のところにいる警備員さんのマイクパフォーマンスです。

「光のトンネル」はイルミネーションの入口ですが、みんな写真を撮りたいのでトンネルの入口で止まって大渋滞を引き起こします。

そこで警備員さんが「止まらずに歩いてください」的な事を言うのですが、それがまた面白い!

私が聞いたのは

「中の方が綺麗に写真撮れますよ!ここでとっては勿体ない!せっかくの綺麗なお顔が台無しですよ~」

なんて面白おかしく誘導するので、周りの人も笑っちゃいます。

ぜひこの警備員さんに会ってくださいね!

スポンサーリンク

なばなの里で四季の花を楽しむ。花ひろばとベゴニアガーデン

なばなの里と言えばお花です。

四季によって様々なお花が出迎えてくれます。

冒頭にも書きましたが、春から夏にかけてのお花のお祭りは花の香りと花の多さに驚くほどです。

ハロウィンの時期にはかわいいかぼちゃのお化けもお出迎えしてくれます。

また、園内には「ベゴニアガーデン」があります。

入園料とは別に料金がかかりますが年中満開の大輪ベゴニアは圧巻です!なんと1万2,000株もあるそうです。

温室ですから寒い冬も暖かくておすすめです。

ちなみに14時までに入村チケットを購入して入村すると、ベコニアガーデンへの入館のサービス特典もあるのでぜひご利用を!

里の湯

園内に里の湯という温泉施設があります。

露天風呂、ジャグジー、サウナなどもあり、バスタオルやフェイスタオルも無料で貸し出しされています。

入泉料は小学生以上1,500円幼児(3歳以上)500円で、クーポンが使えます。
足湯

もっと気軽に温泉に入りたいなら、足湯もあります。

タオルは持って行く方がいいですが、忘れた場合は「タオルの自販機」があり、100円でタオルを購入することができます。

更衣室もあるので濡れたら着替える事もできます。

結構熱いので冬でもとても温まりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

なばなの里はイルミネーションの時期以外でも四季を感じられ、ゆったりとした気分になることができ、老若男女問わずおすすめスポットです。

イルミネーションを見に行く際は昼からなばなの里に入園して、イルミネーションも見てもいいですよね。

ただしなばなの里は再入場はできません。

昼間なばなの里に入り、一度出てからイルミネーションを見に戻るという事はできませんのでご注意ください!

家族3世代が楽しめるなばなの里へ行ってみてはいかがでしょうか?

http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html/

こちらの記事もどうぞ♪

http://creativefromnow.net/archives/357