物を捨てられない親。なぜ?対抗するべく効果的な対策を考えてみた!

年配の方でも若い人でも「物を捨てられない」という人はいますが、特に年をとるにつれて物を捨てられない、溜め込んでしまう傾向があるようです。

親が物を捨てられない人の場合、一緒に住んでいる人は物で溢れた家の掃除が大変ですし落ち着かないですよね。

今回は親が物を捨てられない原因や対策法を紹介します。

スポンサーリンク

物を捨てられない親。なんで!?

私は両親とはもう10年以上一緒に暮らしていません。

ですが、たまに実家に帰ると「それ、必要なの!?」というようなものがあります。

例えば…

洗剤の空ボトルや計量スプーン。包装紙、大量のエコバッグなど…

絶対それ、とっておいても使わないでしょ!?

という物がたくさんおいてあります。

テレビで見るようなゴミ屋敷とは違い、生ゴミや食品などの腐るものが捨てられてるわけではないので、まだましかな…と思っていますが、置き場がなくなり物が散乱している状態です。

本人曰く、

「なんかもったいない」

のだそう。

特に「いつか使うかも」という考えではなく「もったいないから取っておく」という理由に少し驚きました。

しかし、私が子供の頃は母は「捨てられない」人ではありませんでした。

むしろドンドン捨てる人で、しょっちゅう掃除をしている人です。

多分ですが、私の母が物を捨てなくなったのは子供が巣立ち、子供の物を常に整理整頓をしなくても良くなった事。

子供が巣立ったことで家にお客さん(子供の友達など)がくる事がなくなった。

などが関係あるのかな?と思いました。

その他によくある捨てられない理由

●「物を大切にしなければならない」という心理

昔の人って「物を大事にしないとバチがあたる」と「捨てる」という行為自体が悪い事のように考えている人がいるようです。

●強烈な「もったいない」心理

私の母もたまにありますが、冷蔵庫に賞味期限がかなり切れたものがいつまでも入っている事があります。

「これ、賞味期限切れているよ?」と注意すると、

「知ってる」

という答えがよく返ってきます。

知っているなら捨てろ…と思いますが、使う予定はないし賞味期限が切れているのも分かっているけど、捨てるのは勿体無いと思うようです。

スポンサーリンク
●体力がない

昔のように毎日掃除機をかける事もなくなり、掃除をする回数が2日に1回から1週間に1回になり…

どんどん掃除の回数が減っていき、溜まったゴミなどを一気に掃除する気力も体力もなく「もうこのままでいいや…」となるそうです。

物を捨てられない親に対抗するべく効果的な対策を考えてみた。

選択肢は三つ。

1 一緒に片付ける
2 自分(子供)が捨てる
3 説得する

しかありません。

「片付けなよ!」と言ってもなかなか腰をあげる事はないと思います。

私がしている対策は、孫を定期的に実家へ連れて行く事です。

頻繁に行く訳ではありませんが、「ずっと実家に行っていない」という状態は避けるようにしています。

子供がまだ小さいので、必然的に母は片付けをしますし、孫のためにオモチャなどを用意してくれているので、子供が遊べるスペースを確保するには溜め込んだ物を捨てなければなりません。

「これ捨てるけどいる?」

と、やはり「捨てる」という事に抵抗があるのか、いちいち電話で聞いてきますが、大体こんな調子で少しずつでしたが、物を捨てるようになりました。

そして2の「自分(子供)が捨てる」という選択肢ですが、くれぐれも勝手に捨てないようにしましょう。

私たち(子)には「ゴミ」に見えても親には「必要な物」

許可なく捨てるとかなりキレます。

最後に3つめの「説得する」

「これじゃ、お客さんが呼べないよ」

「足元が見えにくくて危ないよ」

などと本人が「捨てなきゃ」と思うように時間をかけて説得をする事です。

本人が納得をして捨てる事が出来れば、今後溜め込む事も減ると思うので一番いい方法だと思いますが、そうなるまで時間がかかります。

中にはテレビで紹介されるような、バナナの皮まで取っておくような人もいますが、ここまでくると強迫性障害など別の病気が考えられますので、異常なほど溜め込むようでしたら専門医を受診してもらいましょう。

http://creativefromnow.net/archives/479

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ