幼児も満足♪長島スパー ランドのプールの場所取りや混雑具合は?

小さいお子さんと暑い夏を乗り切るにはプール遊びが一番♪

我が家もプール大好きな息子は、真夏は朝の8時からビニールプールを広げて入っていました。

しかしビニールプールで遊ぶのも正直、限界がありますよね…

もっと大きなプールで、もっと面白いアトラクションがあるプールに連れて行ってあげたい!!

そんな親子におすすめのナガシマジャンボ海水プールをご紹介します!

「小さい子供を連れて大きなプールは…」

と迷っているお母さん!

小さい子でも安心して遊べる施設です。

子供の楽しそうな笑顔に出会えること間違いなしですよ。

スポンサーリンク

幼児も満足♪長島スパー ランドのプールの場所取りや混雑具合は?

「ナガシマジャンボ海水プール」は三重県桑名市にあるナガシマスパーランド内にあるプールです。

海水プールと言ってもすべてのプールが海水なわけではないのでご安心を。

昔からあるプールで、ブーメランツイスターやスパイラルスライダーなどスライダー系が人気のプールで、大人から子供まで楽しめるアトラクションが盛りだくさんです。

近年では「ジャパーーーン」という大きなバケツから大量の水がジャパーーンとかかるのがアトラクションプールができました。

今回は小さなお子さんを連れたご家族が楽しむための攻略法を教えちゃいますね!

駐車場と入場料

駐車場は駐車場ゲートで1,000円支払います。

ジャンボ海水プール 一般入場券(遊園地入場・プール利用)

大人(中学生以上)\3,500・小学生¥2,700・幼児(2歳~)\1,500となっています。

混雑状況とおすすめの時期

夏休みに入った7月~8月いっぱいは平日も結構混んでいます。

土日となれば身動きがとれないイモ洗い状態です。

また、9月の最初の土日は夜に花火大会があるため遊園地もプールも混みます。

1番おすすめなのが「プール開きをした土日」です。(毎年7月最初の土曜日がだいたいオープンです)

次におすすめは9月の最初の土日の後です。

しかし、注意したいのが9月入ると少し肌寒くなってくるので小さなお子さんが一緒の場合は午後からは体が冷えてしまうのであまり遅くならない時間帯がいいでしょう。

ちなみに私たちは毎年オープン時の7月最初の土曜日に行きますが、休憩所もプールもアトラクションも待ち時間はなく楽しめますよ!

スポンサーリンク
3年生以下のお子さん向けの屋内プール「スパキッズ」

年齢に合ったスライダーや噴水や水のカーテンなどのアトラクションもたくさんあるので飽きずに遊べます。

また、真水なので赤ちゃんでも安心して遊ぶことができます。

ここにも小さな「ジャパーーーン」がありますよ。

3年生以下と書いてありますが、正直…小学生にはちょっと物足りないかも。

2歳~5歳くらいの子供は大喜びの場所だと思います。

この施設のいいところは屋内だというところ。

まだヨチヨチ歩きの小さなお子さんも強い紫外線に当たることなく遊べます。焼けたくないお母さんにもぴったりですね!

また、まだ歩けないお子さんも楽しめるアトラクションがあります。

つかまり立ちができるお子さんであれば浅瀬で水遊びもできますし、補助付きのブランコもありますので小さなお子さんも楽しめます。

うちの下の子は9ヶ月でしたが、浅瀬に座って水遊びをしましたよ。

また、スパキッズに限らず施設内にはたくさんのスタッフや監視員さんがおり、特にスパキッズでは一人で遊んでいる小さな子供には積極的に声をかけてくれます。

「事故が起きないようにしっかり見てくれているな」というのが印象です。

ここも安心して遊べるポイントですね。

おすすめの休憩所の場所

ロッカーで着替えたらプールに入る前に休憩所で場所取りをしてください。

無料の休憩所は4つありますが、スパキッズを利用するならスパキッズ施設の向かい側にある3階建ての休憩所がおすすめです。

休憩所の横にはレストランもありますし、ロッカー・更衣室にも近いので便利ですよ。

屋根付きの休憩所は混雑時は10時には埋まってしまうので朝イチに行って場所取りしてくださいね。

スポンサーリンク

ここまでナガシマジャンボ海水プールの楽しみ方をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

この夏、ぜひお出かけください!!

http://creativefromnow.net/archives/195

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ