ゼロ活力鍋の口コミは? 一度使ったらもう圧力鍋に戻れない!

最近、巷で話題になっている「活力鍋」

今まで圧力鍋を使っていた私も一度活力鍋を使ってからは、もう圧力鍋に戻れません!

それくらい活力鍋は便利なんです!

実際に私がしばらく使ってみて、

●どんなところが便利なのか?

●デメリットだったところは?

をご紹介します!

また、口コミが多かった「ネットショップの口コミ」も紹介しますね♪

スポンサーリンク

ゼロ活力鍋を実際に使ってみた感想は?ネットショップの口コミも紹介

そもそも活力鍋とは、アサヒ軽金属の「ゼロ活力なべ」という商品です。

私がなぜこの商品を知ったのかと言うと、主人のお母さんが使っていてとても時短で美味しい料理ができる!とすすめられ一度お借りして料理を作ってみたのです。

使ってみて先ず驚いた事は短い時間で料理ができる事。

圧力がかかって蓋の上のオモリが揺れたら火を止めるだけ。たったそれだけで煮豆も肉じゃがもできます。

あっという間に食材が柔らかくなり煮込む手間が省け時間の節約になります。

そして、味もしっかり食材に染み込んでいて言うことなし!

すぐに購入を決めました!今の生活の中でなくてはならない物に♪

ネットショップの口コミなどを見てみると…

●安い牛肉がトロトロで家族が絶賛!

●料理嫌い、下手でも料理が面白くて毎日使って料理しています。

●確実にレパートリーが増えそう。本当に凄い鍋。

●どれもあっという間に美味しく出来て大満足!

●節約できるから来月のガス代(電気代)が楽しみ!

●早く買えば良かった!(複数口コミ)

楽天ショップで口コミの多い店はこちら♪
↓↓↓↓↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「ゼロ活力なべ(M)」(圧力鍋)IH対応 [アサヒ軽金属公式ショップ]
価格:26892円(税込、送料無料) (2018/1/31時点)

メリット

●時短&料理のレパートリーも増える!

活力鍋の購入を決めたポイントとして、始めに食材と味付けをして火にかければ後は圧力がかかるのを待つだけで台所での調理時間が短くなる事でした。

その頃の我が家は2歳になる息子と私は2人目を妊娠していました。

2人目出産後は里帰りせずに自宅で2人育児をする予定だったので料理に時間をかけていられない状況になる事が想定されていました。

なので、義理母は子育て中で時間がない私でも簡単に煮込みができるから。とすすめてくれたのです。

この鍋があればカレー20分もあれば作れます。

煮豆だって初めから味付けして煮込む時間は約20分です。

料理のレパートリーも毎日の食卓の品数も増えました。

●ゼロ活力鍋は手入れがラク

お鍋は凹凸もなく非常に洗い易いです。蓋の部品も分解しやすく、簡単に洗えるのでとても衛生的です。

デメリット

使用していて2つだけ気になる点があります。

●蓋の上のオモリの音が大きい

圧力がかかるとオモリがシュッシュッと揺れ始めますが、この音が結構大きい。

隣の部屋で昼寝をしていた子供が驚いて起きてきた事がありました。

料理によっては圧力がかかってからしばらく火をつけたままに煮込むので、その際にはオモリの大きな音が気になるかもしれません。

●重い…

これは圧力鍋にも言える事ですが、活力鍋も重いです。

私はティファールの圧力鍋も持っていますが、どちらも同じくらいの重さです。

同じ煮込み料理を得意とするルクルーゼやストウブに比べれば断然軽いですが、片手で持ち上げるには重いですね。

お鍋のサイズ選びは慎重に!

最後にアサヒ軽金属のゼロ活力鍋を選ぶときに一番悩むのが、お鍋のサイズです。

アサヒ軽金属のゼロ活力鍋には「L・Lスリム・M・S」の4つのサイズが販売されています。

私は現在Mを使用していますが、Lスリムも本当は欲しい!

しかし、大きな鍋を2つは収納場所に困るので1つにしましたが、家族4人(幼児2人)ですが、Mでも煮込み料理は足りています。

Mは深さがないように思えますが、4人家族ならばどんな料理でも十分な量が作れると思います。

活力鍋は忙しい主婦にとっては最強のアイテムです。

あと一品なにか欲しいな~。と思った時も短い時間で食材いれてスイッチをポン!で出来るのは活力鍋だけですよ。

楽天ショップで口コミの多い店はこちら♪
↓↓↓↓↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「ゼロ活力なべ(L)」(圧力鍋)IH対応 [アサヒ軽金属公式ショップ]
価格:29052円(税込、送料無料) (2018/1/31時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ