五月人形は何歳から?&アパートでこいのぼりはNG?

5月といえば端午の節句、男の子の成長を祝う行事です。

最近は「こどもの日」と言うことで男の子関係なく、子供のお祝いの日のようになっていますが、ここで登場するのが「五月人形」です。

五月人形は武者人形だけでなく、「鎧」や「兜」だけでも五月人形と呼びますが、みなさんは男の子が産まれたら何歳の頃から飾りますか?

私は生まれて初節句の0歳の時から飾るのが一般的だと思っていましたが、実際息子が産まれた時はアパート暮らしでした。

狭いアパートでは五月人形のように場所を取るものはとても飾れません。

また、子供が小さな間は触って壊されてしまうので、もう少し大きくなってから飾る家もあるようです。

私の友人は女の子が生まれてお雛さんを買ったのですが、子供が怖がって泣いてしまうので結局その子が年中さんになるまで飾れなかったそうです。

こんな事例もあるので、急いで準備する必要もないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ただ、我が家はすぐ近くに主人の実家があったので初節句の時に兜を購入し、主人の実家に飾らせてもらいました。

五月人形があってもなくても端午の節句のお祝いの意味を伝える事は大切。

我が家は0歳の時から五月人形も雛人形も飾っていますが、子供が小さなころから飾って良かったな。と思うことがあります。

日本の伝統文化に触れる事ができるからです。

独身の頃は端午の節句もひなまつりも大体の意味しか理解していませんでした。

しかし、子供を持つと子供に端午の節句にどのような意味があってどのようにお祝いをするのか、きちんと調べて伝えなければいけないと言う責任みたいなものができ、私自身も調べて理解をするようになりました。

これは端午の節句だけに限らず、ひなまつりや節分、お正月の行事も同じです。

1つ1つに意味があり、お祝いする食事にもたくさんの願いが込められています。

全てを理解することは難しいですが、日本に生まれたのだから日本の文化を体験することは大切だと思います。

スポンサーリンク

私の家の近くには昔からの宿場町があり、ひなまつりや端午の節句の時期には通りは雛人形や五月人形が飾られ、お祝いムードになります。

毎年その時期になると歩きに行くのですが、中には明治時代の人形があって家に飾ってる人形とはひと味違うので子供たちも興味津々に見ています。

「ひなまつりは女の子の成長をお祝いする日」、「端午の節句は男の子の成長をお祝いする日」で、とても大切で壊れやすい人形だから大切にしてね。

と伝えると、毎朝兄妹で人形の前に正座して「おはようございます。」と挨拶をしている姿を見ると何とも言えない温かな気持ちになります。

そんな姿に小さなころから五月人形や雛人形を飾ってよかったと思います。

こいのぼりはアパートやマンションではNG?

アパート暮らしだった時は五月人形を飾るスペースがなく、鯉のぼりをベランダから飾ろうかと思ったこともあります。

ただ、アパート・マンション事情は複雑で、隣人や上の階の人・下の階の人に配慮しなければいけないので、ベランダから大きく外に出る鯉のぼりは正直イヤがられます。

友人は下の階のベランダにちょっとしっぽが出てしまうので断りに行ったら、邪魔になるので飾らないでほしいと言われました。

トラブルの原因にもなるので上下・隣に迷惑にならない程度の大きさの鯉のぼりがいいかもしれませんね。

我が家では五月人形も鯉のぼりも飾れなかったアパートの時は鯉のぼりの絵が描いてある陶器の置物を買って玄関に飾ってありました。

何もないのは寂しいので少しでも季節や行事を感じられるものを準備するのもいいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ