高校生だけで夜行はバス乗れる?未成年が夜行バスへ乗るときの注意点

「卒業旅行などで高校生だけで思い出作りの旅行をしたい!」

「好きなアーティストのライブへ行きたい!」

そんな時、飛行機や新幹線と比べるとずいぶん格安になる夜行バスの利用を考える人は多いと思います。

しかし…高校生は「22時以降は外出禁止」にされていますよね?

と、言うことは高校生だけでは夜行バスには乗れないのでしょうか?

高校生が夜行バスを利用する際の注意事項などをまとめました。

スポンサーリンク

高校生だけで夜行バスに乗れるの?

「22時移行の外出禁止なら夜行バス乗れないじゃん」

と思いますよね?

しかし!大丈夫です!高校生でも夜行バスに乗れます。

私も高校生の頃、よく夜行バスを利用していました。

私がよく使っていたバス会社は何の問題もなく乗れましたが、中には未成年だけの乗車はお断り!という会社もあるようなので、自分が利用したいバス会社に電話で問い合わせるか、HPを確認してください。

高校生だけで夜行バスに乗る場合の注意点

高校生だけでも夜行バスに乗れますが、22時以降の外出を禁止されている高校生が夜間に外出をしていれば補導されます。

バスターミナルで待っている時やサービスエリアで休憩をしているときなど、結構声をかけられるものです。

私は大体、駅についてすぐ家出少女と間違えられ警察や補導員に声をかけられていました。

「何歳?」
「学校はどこ?」
「親御さんは?」

この質問攻めに合い、うんざりします。

そんな時、親の同意書があれば補導まではされません!

声をかけられる事はあるかもしれませんが、同意書を見せればOKです。

この同意書は「親が許可しているよ」という事が分かればいいので

「保護者が子供だけで夜行バスに乗る事を許可しています」

という内容が書いてあれば大丈夫です。

スポンサーリンク

バス会社に問合せをしたら同意書をもらえると思うので、そこへ保護者の方に一筆書いてもらいましょう。

たまに、それでも怪しまれる事がありますが、そんな時はさっさと保護者に電話をしてもらって、電話で直接「同意がある」とういう事を確認してもらいましょう。

その他の注意点

夜行バスを利用する際、気を付けなければならない事は他にもあります。

補導されるくらいでしたら、相手が警察なので安全ですが、犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

例えば盗難被害です。

夜行バスに乗るという事は、夜間ですのでほとんどのお客さんが移動中に睡眠をとると思います。

そんな無防備な状態で、バスの中はうす暗いですし何かを盗まれても気がつかないものです。

盗難被害に合わない為に出来る対策

●貴重品はしっかりと身につけておきましょう。

私は斜めがけの小さめバッグを持って行きます。

そんなに邪魔にならず、ずっと身につけていられます。

また、万が一に備えて現金を分散して持っておくといいそうです。

●トイレへ行く時はバッグごと持っていく

トイレへ行く時、少しの時間だし…とスマホと財布だけもって出ていたのですが、この時バッグに入っている「手帳」「家の鍵」が盗まれる事があるそうです。

こういった個人情報を手に入れて、後日空き巣に入るという手口なのだそうです。

面倒ですが、トイレへ行く時でもバッグごと持って行きましょう。

また、女性でしたら痴漢にあう確率があります。

夜行バスという逃げ場のない、さらに他にお客さんがいる状態で痴漢なんているの?

と思うかもしれませんが結構多いです!

珍しい話しではありません。

対策として出来る事は

●露出を控える
●足にはひざ掛けなどをかけてガード
●通路側の席に座る

などがあります。

通路側に座るのは、他の乗客からも見えやすいですし逃げ場が出来ます。

運転手の近くだとさらに安心です。

最近ではこういった痴漢や盗難対策で防犯カメラを設置しているバス会社もあります。

少しだけ料金が上がるようですが、それで安心が買えるなら安いものかと思います。

まとめ

高校生だけでも夜行バスには乗れますが、補導される可能性があるので同意書を保護者に記入してもらいましょう。

また、犯罪被害に巻き込まれる可能性もあるので十分注意してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ