帰省する時の赤ちゃんの持ち物リストを紹介!私はこれだけ持っていく

帰省に限った事ではありませんが、赤ちゃんを連れて遠出をするのは本当に疲れますよね。

私は荷造りの時点で疲れました。

今回は赤ちゃん連れで帰省する場合の持ち物は何をどのくらい持っていくのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんを連れて帰省するときの持ち物はどのくらい?我が家の持ち物はコレ!

我が家には現在、生後8ヶ月になる赤ちゃんがいます。

もちろんまだオムツも必要ですし、ミルクと離乳食も必要です。

新生児~3、4ヶ月頃の方がまだ荷物が少なくて済んだような気がします…。

今回は旦那の実家へ1泊2日お正月のご挨拶で帰省した時の持ち物です。

車で片道6時間!

ちなみに最後に旦那の実家へ子供を連れて行ったのが生後3ヶ月の時です。

この頃は片道6時間という長時間をどう乗り切ろうか考えていましたが、ほぼ車で寝ていました。

今回はオモチャが気に入らない、抱っこをしろ!など自己主張をガンガンしてくる月齢になっているため、前回より大変でした。

その為、持ち物の中にオモチャがたくさんあります。

【持ち物】

・ミルク(キューブタイプ)
・哺乳瓶・お湯(ミルク用)
・オムツ
・母子手帳
・お尻ふき(キャリーバッグの中に1パック、マザーバッグに1パック)
・ゴミ袋
・ガーゼハンカチ(×2枚と小さいタオル×2)
・赤ちゃん用のミネラルウォーター×3本
・赤ちゃん用お茶×1本
・離乳食(市販のベビーフード )
・離乳食用の食器(2枚)
・離乳食用スプーン
・離乳食用エプロン
・着替え(2セット)
・歯ブラシ
・パジャマ
・おもちゃ
・おしゃぶり
・クシ
・ベビーワセリン&ローション
・携帯用ベビーシャンプー&ボディソープ
・ステロイド(たまにアトピー症状が出るため)
・ベビー用爪切り
・ベビー用体温計
・バンボ
・布団セット

海外旅行にでも行くのか!?という荷物です。

さらに私と旦那の荷物もありますので、キャリーバッグ2つとマザーバッグが必要です。

スポンサーリンク
ホテルなどに泊まる場合

今回は旦那の実家への帰省ですので、こんな荷物になりましたがホテルや旅館の場合はもう少し、気持ち程度ですが荷物が減ります。

ホテルなどに宿泊する場合は、事前に確認して離乳食がある場所やベビーチェアのある施設を選ぶので、離乳食や食器、バンボは必要ありませんし布団セットも必要ないです。

その代わり、バスタオルなどのタオル類が増えますが…。

旦那の実家は旦那の両親と旦那の祖父母しかいないので、赤ちゃん用の椅子や食器がありません。

我が子もお座りは出来るようになっていますが、油断すると後ろに倒れてくるためバンボ必須です。

この椅子がないと膝の上で暴れるので、私は食事も出来ません。

布団セットも旦那の実家に置かせて貰えたら楽なのでしょうが、遠方の為そんなにしょっちゅう行く事もないですし、たまにしか行かないのに子供の布団セットの手入れまでさせてしまうのは申し訳ないですし、子供用の小さな布団とはいえ場所もとるので、その都度持っていくようにしています。

http://yoriyoilife.net/archives/555

また、爪切りや体温計はなくてもなんとかなりますが、私が他の爪切りに慣れていないという理由と、大人用の体温計は測り終わるまでに時間がかかり、その間子供がじっとできないため念の為に持って行きます。

現地で必要な物を購入

私は基本的に心配性で「足りなくなって困るくらいなら、少しくらい持ち出すのが大変でも余分に持っておきたい」と思うタイプです。

長時間高速を走るので、オムツやミルクが切れたら売っている所がない、旦那の実家の周りが田舎で、何か買い忘れや足りなくなった時に車で買い出しへ出かけなければならないため…という理由もありますが。

我が家の場合はまだ子供がひとりですので、こんな荷物でも何とかなりますが小さな子供が2人、3人となると本当にとんでもない荷物になると思います。

その場合は必要最低限の荷物にして、あとは現地購入をした方が楽だと思いますので、事前にドラッグストアなどのベビー用品があるお店の場所をチェックしておくとスムーズです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ