妊娠中だけどスシローに行きたい!?諦めるのは早い!ネタと量が肝!

妊娠中に寿司は食べない方がいいと言われていますが、寿司が好きな人には10ヶ月もの間好きなものを食べられないって辛いですよね。

実は妊娠中でも制限はありますが寿司を食べても大丈夫です!

私も寿司が大好きで、家の近くに「スシロー」と「かっぱ寿司」があるので妊娠中に何度か行きましたが赤ちゃんも私も何ともなかったです!

今回は

●妊娠中にお寿司を食べるなら何に気をつければ良いのか?

●妊娠中にスシローへ行くならどんなものを食べるといいか?

をまとめました。

スポンサーリンク

妊娠中だけどスシローに行きたい!?諦めるのは早い!ネタと量が肝!

なぜ妊娠中に「寿司を食べるな」と言われるの?

妊娠中は

「食べない方がいいもの」「食べてはけないもの」がありますが、「食べない方がいいもの」の中に寿司があります。

私の住んでいるところでは母子手帳を交付されるときに、妊娠中の注意事項という冊子と市の職員さんから、妊娠中の過ごし方について説明をされます。

その時に

「妊娠中は寿司などの生もの、チーズは控える事。」

という指導をされ、寿司好きの私には結構ショックでした。

「食べたらどうなりますか?絶対ダメですか?」

と、すごく気になって聞いたのですが、

「絶対ダメではないけど、生ものは食あたりの危険性が高いからね」

と言われて納得。

その後、自分でも調べたのですが食あたり以外の理由に水銀を摂取してしまうから。

という理由がありました。

魚には水銀が含まれていて、水銀の量は魚の大きさが大きくなるほど増えるそうです。

妊娠中に水銀を摂取すると、赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす可能性があるため妊娠中は控えるようにと言われているようです。

妊娠中に寿司を食べるときの注意点

妊娠中に寿司はよくないとは言っても、魚に含まれる栄養は肉や野菜では補えないものもありますよね。

スポンサーリンク

絶対に食べてはいけないわけでなく、食べるものに気をつければ妊婦でも寿司を食べる事が出来ます。

妊娠中に寿司を食べる場合

●本マグロ、メバチマグロ
●メカジキ
●金目鯛
●カジキ

など…体の大きな魚は水銀の量も増えるので避けたほうがいいです。

また、妊娠中は体質が変わっていることがあります。

普段は食べても何ともないのに、妊娠中は免疫力が落ちているので生ものなどを食べると下痢をした…という事もよくあります。

そのため、私は寿司を食べに行っても食べる量は減らしていました。

妊娠中にスシローへいくならどんなものを食べる?

私が妊娠中にスシローで食べていたのは、

卵、エビ、炙りサーモン、納豆巻き、ツナ

などの一度熱を加えられた物が多かったです。

本当はマグロやイクラ、ウニなど生ものも食べたいと思っていましたがそこは我慢…

さらにスシローのお茶は緑茶ですので、カフェインが含まれています。

妊娠中のカフェイン摂取は良くないと言われていますので、緑茶も飲まず水かお湯を飲んでいました。

こうして見るとかなり制限があるように感じますが、スシローはサイドメニューも豊富ですので「我慢している感」はあまり感じませんでした。

だから妊娠中、何度もスシローへ行っていたのですが…

寿司の種類も天ぷらが乗っていたり、お肉が乗っていたりと変わった物があるので十分楽しめました。

まとめ

妊娠中でも寿司を食べるのはOKですが、食べるネタには注意が必要です。

とくにマグロは水銀の量が多い事から、「妊娠中は避けるべき」と指導している産院もあります。

絶対に生ものは避けるべき!とは言えませんが、食あたりや水銀の問題もありますし極力避ける方が赤ちゃんに為になると思います。

どうしても生ものが食べたい場合は、確実に新鮮なもので食べる量も少しだけにしておきましょう。

こういった食べ物の制限はストレスを感じてしまいますが、自分と赤ちゃんを守るために大切な事だと思います。

最近では寿司の種類やサイドメニューも豊富になっているので、生魚以外の食べ物でも十分楽しめますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ