双子の出産祝いで嬉しかったものって?王道だけど納得の品をご紹介♪

一人分の出産祝いを選ぶのもかなり悩みますが、それが双子になるとさらに悩みますよね?

お祝いの品はどうすればいいのか、二人だからお祝いも2倍にするべきなのか…。

今回は、双子の出産祝いに付いて喜ばれるものなどをまとめてみました。

双子の出産祝いで嬉しかったものって?王道だけど納得の品をご紹介♪

スポンサーリンク
双子の出産祝いの相場はどれ位?

私の妹が双子を出産したのですが、

「双子なのに、一般的な一人分の金額を包むのはおかしい?」

と悩み母に相談をしたところ、

「2倍なんて金額にしたら気を使わせてしまうから、1、5倍くらいでいいと思う。」

とのことでした。

私の家系は双子&三つ子の多い家系ですので、念の為に双子を出産した親戚にも確認をしたのですが

「2倍あればそれは助かるけど気を遣う…普通でいいよ。」

とのこと。

という訳で、私は一般的な相場の金額より気持ち多めのお祝いを渡しました。

ちなみに関係性による相場は以下の金額が一般的と言われています。

関係性 通常(一人) 双子(1.5倍換算)
親族(兄妹、親子、孫など関係性による。) 1~10万円 1万5千円~15万円
親戚 1~3万円 1万5千円~4万5千円
友人や知人 3千円~1万円 4千5百円~1万5千円
会社関係 3千円~1万円 4千5百円~1万5千円
ご近所、ママ友 3千円 4千5百円

双子の出産祝いで喜ばれる物をご紹介♪

洋服

出産祝いのプレゼントは、洋服やタオルなどの場合は双子ですので2枚用意してあげましょう。

お揃いや色違いの服は、双子ならではの可愛さもあり喜ばれます。

全く同じデザイン、色でも問題ないのですが、同じ色にすると「さっきオムツ交換したのどっちだっけ…?」という事になります。

また、検診などで病院へ行く時に双子ですので同時に検診します。

双子の場合、未熟児になる事が多いため、未熟児の場合は検診が通常よりも多くあります。

妹の時、たまに医師が間違えたり、どっちが長女かわからなくなってしまう事が多く、「ピンクの服が長女です!」と言って預けていましたので、色違いの方が実用性はあると思います。

オムツ

新生児の頃は本当に頻繁にオムツを交換します。

100枚以上入っているオムツが我が家では2週間でなくなりました。

私の妹も「オムツ破産する!」とよく言っていましたので、オムツやお尻ふきなどの消耗品は喜ばれます。

今はオムツをケーキのようにラッピングした物など可愛らしい物もたくさんありますし、見た目も楽しめます。

私が出産したときに何個かオムツケーキを頂きましたが、オムツケーキにぬいぐるみや赤ちゃんのオモチャが付いている物や、子供の名前が刺繍されたタオルなども入っていてラッピングを崩すのがもったいないくらい可愛らしかったです。

ちなみに、おむつケーキは双子用もあります。

おしゃぶり、くつしたなどもセットで選べるようになっていて1万5千円程度で購入できます。

授乳クッション

双子用の授乳クッションがあります。

通常の授乳クッションよりも大きいので、二人同時に授乳出きるようになっているので便利だと思います。

ただ、私の妹はダブル抱っこで腱鞘炎になってしまったので、最終的に普通の授乳クッションにタオルなどで傾斜をつけて、赤ちゃんを固定し哺乳瓶でミルクをあげていました。

出来れば欲しいものを聞く

大体の物はすでに揃えていると思いますので、何が欲しいのか直接本人に聞くのが確実です。

直接聞けない場合は、双子用のカタログギフトもあるので、本人に欲しいものを選んでもらうのも失敗がなくていいと思います。

また、赤ちゃんが生まれるとタオルやスタイが何枚あってもたりないので無難に喜ばれます。

私は頂いたタオルの中で娘の名前入りのタオルがとても気に入っています。

まとめ

双子の出産祝いは、1.5倍くらいの金額でOK。

タオル、オムツ、おしりふきなどの消耗品は、双子の場合は特に喜ばれると思います。

服やスタイなども何枚あっても困らないのですが、色違いにしておいたほうが両親や周りの人も区別がつくのでいいと思います。

できれば、パパ、ママに欲しいものを確認すると失敗がないですし、悩まなくて済むのですが、
出産祝いですので大切なことは「おめでとう!!」という気持ちだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ