暑い日の赤ちゃんとのお出かけ時の対策!ちょっとした油断が脱水症状に!?

暑くなってくると、赤ちゃんのお散歩や買い物などの外出にも気を使うことが増えますよね。

「このくらいなら大丈夫!」とおもっていても赤ちゃんにとっては凄く過酷な状況だったりします。

そこで、暑い日に赤ちゃんと外出する際にしたほうがいい事を紹介していきます。

暑い日の赤ちゃんとのお出かけ時の対策まとめ

・水分補給はいつでも出来る用に!

赤ちゃんは大人の何倍も汗をかきます。

その為、「まだそんなに時間もたっていないし、そこまで気温も高くないから大丈夫でしょ!」と思っていても、体温調節がまだ上手にできない赤ちゃんにとっては辛い状態になっています。

スポンサーリンク

比較的早く脱水症状になってしまい易いので、いつでも水分を補給できるようにしておきましょう。

まだミルク(母乳)しか飲めない低月齢の赤ちゃんでも、外出する場合は念の為、

・ミルク
・哺乳瓶
・お湯

を持っていきましょう。

お湯は小さめの水筒に入れて、ミルクを溶かしたら自販機などでミネラルウォーターを購入すれば、湯冷ましになります。

母乳で育てているママも、外出した場所に授乳室があるとは限りませんので、念の為にミルクの準備をしておくと安心です。

ミルク以外の水分も摂れる赤ちゃんは、麦茶哺乳瓶、もしくはストロー付きのコップを持って行きましょう。

ストローはよく赤ちゃんが、取って投げ捨ててしまうので予備に何本かあると安心です。

・日よけ対策

ベビーカーで外出する場合は、日傘やベビーカーに元々付いている日よけを使いましょう。

ただ、ベビーカーに付いている日除けは布が薄くて日陰になっていないことも結構あります。

その場合は、ベビーカー用の追加の日よけが別売りで販売されているのでそういった物を買い足すか、自分の日傘をつけたりして対策をします。

器用なママはベビーカーに自分で布を付け足して、日よけを作っているママもいらっしゃいました。

車で移動する場合も同様に、チャイルドシートの横の窓に日よけのカーテンをつけておきましょう。

カーテンはベビー用品店、カー用品店、100均でも手に入ります。

また、チャイルドシートもベビーカーのシートも赤ちゃんはずっと同じ姿勢で座ったままなので、思っているより背中に熱がこもります。

チャイルドシート、ベビーカー専用の背中に敷くジェルシートや保冷剤が売られているので利用しましょう。

このシートは私も購入しましたが、チャイルドシートにもベビーカーにも両方使えますし、冬は温めれば保温シートとして使えます。

4、5時間は効果があるので、長時間の移動の場合はとても役立ちました。

スポンサーリンク

そして、私は言われるまで気がつかなかったのですがベビーカーは地面に近く照り返しもあるので、私たち大人が感じている暑さよりも赤ちゃんの体感温度ははるかに暑い!

ですので、こまめに赤ちゃんの様子をみて極力ベビーカーで出かける時は日陰を歩きましょう。

・日焼け対策も忘れずに!

赤ちゃんは肌がとても弱いです。

私の子供は特に肌が弱かったので、紫外線対策はすごく気をつかいました。

短時間、太陽の光が当たった程度で眉毛のあたりがかぶれたような症状になったり、顔全体が真っ赤になってしまうのですが、このような症状は赤ちゃんはよくあるそうです。

外出する時は季節関係なく、日焼け止めクリームと帽子を忘れないようにしてくださいね!

日焼けクリームは0ヶ月から使用が出来る物がありますし、帽子は首が座っていない子は柔らかい素材の物を選びましょう。

まとめ

できれば、気温の高い日は赤ちゃんとの外出は避けたほうが無難です。

低月齢であればあるほど、すぐにぐったりしてしまいます。

赤ちゃんとの散歩は、夏など気温の高くなる季節は、時間帯を出来れば気温の高くなる前の午前中に済ませるようにしましょう。