マンションの騒音トラブル!絶対やってはいけない解決法とは?

アパートやマンションなど集合住宅に住んでいる以上、
ある程度の騒音は仕方がない…というか気にしてもキリがない…

そう思って住んでいました。

しかし度を超えた騒音や、騒音が聞こえる時間帯によって、
精神的に参ってしまうことがあります。

1日も早く引越しがしたい!

と思いますが、引越しなんてお金も時間もかかりますし、
仕事の事を考えるとそんなに簡単には出来ません。

今回はマンションの騒音トラブルと解決法を
私の体験も踏まえて紹介します。

スポンサーリンク

アパート、集合住宅での騒音が聞こえたらどうしたら良い?

仕事が終わってヘトヘトな状態で帰宅。

のんびりゴロゴロしようとすると

「ドスン・ドスン」

足音なんてレベルの音ではなく、何かすごく重たいものを
床に叩きつけているような音が…。

5分…10分…止まらない謎の音。

テレビをつけていても気になるほどの大きな音です。

ある日突然この音が毎日聞こえるようになり、最初は我慢
していましたが、毎日疲れ果てて帰宅すると聞こえる謎の音に
さすがにイライラし始めました。

私が当時住んでいたマンションは最上階でしたので、
下の階から響く音なのか、隣から聞こえる音なのか見当も
つきませんでした。

そこで

「こんなにうるさい音なら他の部屋の人も聞こえているかも」

と思い、とりあえずどんな音なのか、何時に聞こえるのか
などを簡単にメモしました。

そしてその数日ぶんためたメモの内容を管理会社へ報告。

その結果、

「内容が具体的なので助かります。
同じ苦情が他からも寄せられていました。」

と管理会社の方に言われ、メモを取っていた事が役に
たちました。

・メモの内容

簡単に箇条書きでしたが、なるべく具体的に書きました。

私が書いていた内容は

●音の種類
●発生日時
●騒音が続いていた時間

音の種類は例えば「子供の足音」「ピアノの音」などです。

今回の私の場合は、なんの音なのか分からなかったので

「重たい物を床に落とすような鈍い音」

などという表現をしていました。

ちなみに、もし騒音によって眠れない、体調が悪くなった
などの症状が出てきている場合は、その状態も一緒にメモを
とるといいそうです。

また、あまりにも大きな音の場合はコップに水を入れて
音源近くにコップを置きます。

スポンサーリンク

すると音の振動でコップの中の水が揺れますので、その様子を
スマホでも何でもいいので動画に撮っておきましょう。

四六時中なにかしらの騒音を集合住宅で出すような人は、
常識人ではないと思いますので証拠は大事です。

また、ある程度メモをとったら音のする時間帯なども
分かりやすくなるので、その時間帯に管理会社の人などに
確認に来てもらい、第三者にも確認してもらう事でスムーズに
解決に向かう事があるそうです。

マンション、アパートの騒音トラブルで絶対にやらないほうがいい解決法

絶対にやらないほうがいいのは、直接苦情を言いに行く事です。

逆恨みや逆ギレ…なんて話しも珍しくはありません。

マンションやアパートに住んでいる人は管理会社にまず
連絡をしましょう。

私も騒音の件で連絡をしたときに

「直接苦情を言いに行かないでくださいね!」

と念を押されました。

私が管理会社に連絡後、なにせ音の発生場所がわからな
かったので管理会社が他の部屋の住人ひとりひとりに
電話連絡をしたそうです。

私以外にも同じ苦情があったので、ここまでしてくれたの
かもしれませんが…

さらにその後、全部屋へ騒音に関して注意する旨のチラシが
配布されていました。

結局隣の部屋の住人が音の発生源だったようで、
その後静かになりました。

騒音の種類によっては警察へ連絡

怒鳴り声や、なにか壊れるような音がする場合などは
警察に連絡しても大丈夫です。

一度だけ経験がありますが、警察に連絡するほどなのかな?
と悩み続けていたら悲鳴が聞こえ始めたので、結局警察へ
連絡しました。

警察へ電話をするのは勇気がいりますが、後々事件に
発展していたら怖いので「相談」という形でも違和感を
感じたら電話をしてもOKだと思います。

・最終手段

管理会社に言ってもどうにもならない場合は、
弁護士を付けて徹底的に戦うか、引っ越す事です。

自分は悪くないのに…と思うかもしれませんが、
ストレスで体を壊してしまうほうが大変です。

どうにもならない場合は、我慢し続けるのではなく
自分を守る最善の方法を選択してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ