なんでスタバってあんなに混んでいるの!?スタバが混む理由

お店側からすれば、新しくきたお客さんが座れない程お店が
混んでいるという状況はとてもいいことなのでしょうが、
それがいつ行っても毎回混んでいる…

となると客の立場からすると……

私は嫌です!

混んでいるところは嫌いですし、とくにカフェは

カフェ=落ち着く所がいい!

と個人的には思っています。

特にスタバはどこの県のスタバに行っても混んでいますよね?

なぜなのでしょうか?

調べてみました!

スポンサーリンク

なぜ混む?スタバが混む理由とは?

●店員の対応

勉強や仕事をして長時間席を占領していても、
店員が注意をする所を見たことがありませんし、
聞いたこともありません。

普通のカフェや飲食店では店員が優しく注意をし、
席を譲るように促すのですがスタバは基本的にそういった
事はしないようです。

その結果、仕事やおしゃべりに集中しやすいのか、
店内が混んできても全く気にせず席を占領されっぱなし…

というお客さんが多いのでずっと混んでいます。

●お店の雰囲気

スタバの内装ってすごくキレイですよね。

落ち着くデザインでオシャレな空間というイメージがあります。

また、全席禁煙というのもスタバが人気のある魅力のひとつ
なのかもしれません。

こういった理由もありお店のファンになる人が多いのかも
しれません。

●スタバ=カッコイイと思っている人がいる

スタバでPC開いてコーヒーを飲みながら仕事…。

これがカッコイイ!!(デキル人っぽい)

もしくはスタバにいる自分なんかオシャレ!

などと思っている人たちが一定数いるそうです。

かっこいい……のか?

カッコイイのかという問題は別として、
スタバはフリーWi-Fiなどもつかえますし、仕事をする
場所としては落ち着いて出きる場所なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
●スタバ自体が長居OK

お店が「第三の場所」というコンセプトで出来ているそうです。

例えば

・家に帰りたくないから、スタバで時間を潰す。
・店員との会話を楽しむ
・友達との長話をする場所

という場所を作るのが目的で、そもそも低い回転率でもOK!

という考えのようです。

だから値段も他のカフェよりも高いそうです。

いくら長居がOKでも混んできたら席は譲りましょう

スタバ自体が居心地のいい場所で、長居してもいいよ!

という考えでも、あまりにも長居する人はどうかな…

と思います。

明らかに混んできて、座れない人もいるのに、
ずっとパソコンを開いていたり、学生はよく勉強を
していますが、家で出きる事は家でやってくれ!!

と私は思います…。

お店で席を占領して勉強や仕事をする場合は、混んできたら
帰るなど、いくらお店の人に注意をされないからといっても、
それくらいの空気を読むのが最低限のマナーじゃないのかな?
と思います。

・スタバが混んでいない時間

住んでいる地域やお店にもよりますが、
平日の1時くらいでしたら若干すいていると思います。

または、閉店の1時間ほど前。

ちなみに朝から昼頃までと、3時~6時頃は混んでいます。

土日、祝日は時間を問わず1日中混んでいるので、
混んでいるのが嫌な人は避けてくださいね。

まとめ

まとめてみますと、スタバが混む理由は

お店自体が「低い回転率でOK」という考えで、
居心地が良く長居が出きる空間を作っているので、
店員も混んでいても席を占領している客に注意をしない。
 ↓
客も長居をしても怒られる事もなく居心地がいいので
自然と居座るひとが増える。
 ↓
その結果回転率が悪くなり混む!

長居OKなお店のようですが、混んできたら長時間席を
占領するのを辞めて、席を譲るなど最低限のマナーを
守って利用しましょう。

また、スタバはどこの県のスタバに行っても基本的に
どこも混んでいます。

しかし、1軒だけ穴場?あまり混んでいないスタバがあります。

それは「鳥取県」

驚く程他の県のスタバに比べてお客さんが少ないので…

のんびり出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ