どうしてイライラする?妊娠中に旦那が嫌いになる理由

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて行動が制限されたり、
日々の身体の変化に対応するだけで大変。

それに加えて出産や育児への不安もいっぱい。

それなのに妻に対しての思いやりのかけらもない
旦那さんの態度や言動は時には夫婦関係をも悪化させます。

「産前産後の妻の恨みは死ぬまで続く。」

「その逆に感謝は死ぬまで続く。」

と言われるように妊娠・出産は女性にとっては一大事!

身体も心も不安定な妊娠から出産まで、
旦那さんと穏やかに過ごすためのポイントをご紹介します!

スポンサーリンク

妊娠中のママの自覚とパパの自覚の差がイライラの原因!?

女性は妊娠が分かると一気にママの自覚が生まれ、
長いようで短い妊娠10ヶ月間を過ごします。

妊娠初期は胎動も感じないので、
お腹の中でちゃんと育っているかな?

検診のたびにどれくらい大きくなったのかな?

男の子かな?女の子かな?と、毎日毎日、お腹の
赤ちゃんの事で頭がいっぱいです。

また、悪阻がある人は今まで通りの生活ができなくなる
こともあります。

私はとにかく眠気がすごくて仕事中も眠気に耐えるのが
大変でした。

一方、男性は特に何も変わりませんよね。

体も心も変わらずいつまでたっても独身気分の旦那に
イライラしました。

出産準備のために購入したチャイルドシートやベビーカーの
使い方すら覚えようとしない。

「誰の子供がわかってる?」

と言いたくなりますよね。

我が家は妊娠発覚時から自覚のない旦那にイライラしました。

飲み会の回数は減らないし、休日はお昼前まで寝ているし…

「子供が生まれたらそんな生活できないよ?」

と何度言ったことでしょう。

それでも男性は、

自分の体に変化がないので自覚は生まれない

ようです。

確かに、今までの生活と何も変わらないのに急に
父親になる自覚を持て!と言われても難しいもの。

男性は赤ちゃんが生まれて初めて父親になったんだ。
と実感するものです。

うちの旦那は生まれたての赤ちゃんをどうお世話したら
いいのかわからず、少しずつ父親になっていきました。

子供が1歳すぎた辺りからでしょうか、子供と一緒に遊ぶのが
楽しくなってきた!と言いました。

心配しなくても、子供と過ごす時を重ねればきちんとパパに
なってくれます。旦那も今では子煩悩な父親になっていますよ。

スポンサーリンク

夫は妊娠中の女性の変化を理解していない!?

妊娠するとホルモンバランスが大きく変化し妊娠初期から
情緒不安定になったり色々な事に敏感になります。

特に妊娠中期から後期には大きくなったお腹で家事を
するのも一苦労です。

他にもちょっと動いただけで疲れたり、夜は胎動や足の
こむら返りで不眠になったり…

妊娠ってただお腹が大きくなるだけじゃないんです。

男性は妊娠すると女性の身体がどのように変化し母体に
どれだけの負担がかかるのか理解していないのです。

ですから奥さんをサポートしよう。と言う気持ちがないのです。

私は悪阻もなく今まで通りに動けていたので尚更でした。

産休に入ったら旦那から

「これから生まれるまでは遊びたい放題だな。いいな~。」

なんて言われました。

こんなお腹して遊べるわけないだろ!!

と言いたくなります。

でも、考えてみてください。自分がまだ独身だったころ、
妊婦さんを見て妊娠中がこんなに大変だと想像できましたか?

私は悪阻の大変さやホルモンバランス変化など想像も
できませんでした。

お恥ずかしい話、まぐろやカフェインの強い飲み物を
控えた方が良いことも妊娠して初めて知りました。

妊娠や子育てに限らず、何事も経験しなければ
わからないことがいっぱいあるのですね。

同じ女性でもこんな感じなのに、一生経験しない男性が
妊婦さんの苦労を知るはずもなく、理解できるはずもない
のです。

まとめ

ただ、ここで諦めるわけではありません。

旦那さんに妊娠して何が大変でどう手伝ってほしいのか
言葉にして伝えてください。

男性は妊婦さんがどれほど大変か理解していないので、
言葉で伝えるしかないのです。

『お腹が重くて動きにくいから買い物一緒に行って
荷物持ちしてくれない?』

など。

直接頼んで断る旦那さんは少ないでしょう?

だってあなたの子供を身ごもっているんだから!

これは旦那に言われた事でした。出産後、
妊娠中はこんなに大変で助けてほしかったな…。
と言ったところ、

「妊娠がそんなに大変な事だと知らなかった。
知らないから気づけない。
その時に行ってくれれば何でも手伝ったのに。」

と。

私もすべて自分で背負い込みすぎたのかな。と思いました。

そのおかげもあって、2人目を妊娠中はよく旦那が
手伝ってくれました。

現在、妊娠中の方、これから結婚する方、夫婦だからこそ
助けてほしいときは言葉にして伝えて、お互いストレスのない
夫婦関係を築いてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ