トイレって毎日掃除してる?実はよく知らないトイレ掃除の基本

家庭のトイレ掃除って、皆さんどうされていますか?

実は私、結婚して実家を出るまでトイレ掃除をまともにした
ことがありませんでした。

なので大変お恥ずかしい話、三十路過ぎまで家庭のトイレの
掃除方法がイマイチわかっていませんでした。

そもそもトイレって毎日掃除しなきゃダメなの?

ブ〇ーレットを置いているから大丈夫でしょ?

というレベルです。

私の中でのトイレ掃除のイメージは、小学校まで遡ります。

今はしないのかもしれないですが、当時は床に水を流して
デッキブラシで擦り、便器は中性洗剤をかけて、
専用ブラシで擦って…

という汚いし、臭いし、結構な重労働というイメージでした。

実際、家庭のトイレはそこまでする必要がないのは頭では
わかっているのですが、なんとなくイメージが先行して、
大変そうだし、汚そうだし、やる気が起きない…

というのが、今まで実家で自分からやらなかった理由です。

ですが、結婚して実家を出たので、そんな事も言って
られなくなってしまいました。

旦那に押し付けても良かったのですが、それもそれで
気が引けたので、この機会に一度、

正しいトイレ掃除の方法をマスターすべく、私なりに
色々と調べてまとめてみました!

同じような境遇の人は、ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

トイレの正しい掃除の仕方をマスターする

ところで、トイレの主な汚れは何だが知っていますか?

便器の外は主にホコリで、便器の中は尿しぶきなど
排泄されたものの汚れになります。

ですので、あの嫌な臭いの原因は主に便器の中ということに
なりますね。

では、場所毎に掃除方法を解説していきたいと思います。

・便座の表側

 便座カバーをしていない場合は、肌が直接触れるので
「皮脂の汚れ」がついています。

ここはトイレ用洗剤をトイレットペーパーに含ませて
さっと拭くか、トイレ用お掃除シートでの拭き掃除でOKです。

便座カバーをしている場合は皮脂汚れはもちろん、
カバーの端々に尿はね汚れがついて、臭いの原因になって
いますので、定期的に洗濯するか付け替える必要があります。

・便器の裏側

尿しぶきや、排泄物を流した際の水しぶきがついています。

そのままにしておくと雑菌が繁殖してしまい、あの嫌な
臭いの原因になってしまいます。

こちらも便座の表側同様に拭き掃除をします。

・便器の外側

主にホコリ汚れがついています。

ホコリはいきなり水拭きしてしまうとうまく取れません。

一度トイレットペーパーなど乾いたもので空拭きしてから、
トイレ用お掃除シート等で拭き掃除をします。

・便器の内側

排泄されたものを受けているので、雑菌が繁殖しやすい場所です。

特に便器のふち裏は、流れる水が届かないこともあり、
尿しぶきなどが固まり尿石になってしまいやすい場所です。

一度尿石ができてしまっていると、ブラシで擦っただけでは
中々落ちない上に、トイレ独特の嫌な臭いの原因となります。

ここは尿石ができてしまわないよう、特に定期的に掃除を
した方が良い場所です。

ぱっと見特に汚れがひどくない場合は、トイレ用中性洗剤を
使いブラシで擦ります。
 
もし、既に黒ずみが発生してしまっている場合は、
塩素系の漂白剤を利用します。

傾斜がひどく洗剤が直ぐに垂れてようであれば、
トイレットペーパーなど便器に流せるもので、湿布をして
30分程放置すると落ちやすくなります。
 
尿石には酸性系の洗剤を使うと落ちやすくなります。

こちらも、ふち裏など洗剤が直ぐに垂れてしまうようであれば、
トイレットペーパーなどで湿布をし、30分程放置すると落ち
やすくなります。

スポンサーリンク
・タンク

タンクの上には、ホコリが溜りやすいので、
トイレットペーパーなどで空ぶきした後、トイレ用お掃除シートで
拭き掃除をします。

タンクの中は水が溜まっているということもあり、
意外とカビが発生しやすい場所です。

汚れている場合はトイレ用の中性洗剤を使い、歯ブラシなどで
擦ります。

・その他、便器以外の場所

主にホコリ汚れがついているので、一度トイレットペーパー
などで空拭きしてから、トイレ用お掃除シート等で拭き掃除
をします。

トイレ掃除を楽にするコツ

先ほど、ざっと掃除する場所と方法をまとめましたが、
よく見てみると、便器内以外は、基本拭き掃除だけで
済みそうです。

汚れがひどくない限りは、思ったよりも大変にならなそう
じゃないですか?

拭き掃除で済む箇所であれば、毎日掃除をする時間を
決めなくても、トイレを使用して汚してしまったときに
さっと拭くように習慣づけておけば、汚れが定着してしまう
ことを防げるので、掃除が大変になることはありません。

また、便座カバーは、冬場のお尻が冷たくて座るのが
しんどい時期以外は思い切って使わないのも、掃除をする
手間が減るので良いかもしれません。

便器の内側は、そもそも汚れが定着しないように、
スタンプしておくだけとか置いておくだけの洗剤を使うと、
後々の手間を考えるとよいと思います。

ただそれでも、トイレの形状によっては便器のふち裏など、
流した水が届かないところは洗浄されないので、定期的に
ブラシでの擦り洗いは必要になりますが、お掃除頻度はぐっと
抑えられるはずです。

ところで…

ご家族の男性陣は、小をするとき立ち派でしょうか、
座り派でしょうか?

実は、某メーカー調べによると、男性が立って小をすると、
床や壁になんと1日で約2,300滴の尿が飛び散るそうです!

そんなに?!

という感じですが、想像するとぞっとしませんか??

それだけ飛び散ってしまうと、壁が臭いの原因になる
だけでなく、定着してしまって、いくら掃除をしてもなんか
臭うという状態になりかねません。

お掃除の頻度の面でもそうですが、衛生管理的な面からも、
男性陣には、是非とも座って用をたすことを推奨したいです!

ちなみに、うちの旦那は立ち派だったのですが、
これを説明したところ、最初は威厳がどうこうのとか、
座ってするのは女々しいとか言って嫌がっていたのですが、
トイレ掃除当番を押し付けようとしたら渋々ですが、
座ってくれるようになりした。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、トイレ掃除についてまとめてみました。

まとめてみると、案外想像していたよりも大変じゃ
ないかもと思えてきませんか?

もちろん、こっぴどく汚れてしまうと、掃除をするのも
大変になりますし、そもそも掃除をすることが億劫に
なっていまいます。

そうなってしまう前に、毎日の習慣として

「汚さない」

「汚してもすぐ綺麗にする」

を徹底すると、使う人も、掃除する人もハッピーになれる
のではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ