雛人形の処分まとめ!粗大ゴミ?人形供養?どんな方法がある?

子供が結婚したので雛人形を飾らなくなった。

毎年大変なので、雛人形を出さない。

そんな理由で雛人形がずっと押し入れなどに収納されたまま…

収納しているだけも場所をとりますし、

処分するにもどうしたらいいのか困った!

という人も多いのではないでしょうか?

今回は雛人形の処分方法を紹介します。

スポンサーリンク

雛人形の処分方法はどのようなものがある?

そもそも雛人形は何ゴミに分類される?

大きさによります。

ひな壇などは解体してある程度の大きさまで分解出来れば
一般ゴミとして扱う場合もあります。

粗大ゴミの扱いになれば粗大ゴミの出し方や料金は各自治体
によって違いますので、市のホームページを確認するか電話で
問い合わせをしてみてください。

寄付をする

老人施設、児童養護施設、保育園などで欲しい施設があるそうです。

まずは近所の施設で問い合わせをしてみるのもいいかもしれません。

また、寄付をする場合は搬送中に破損してしまわないように、
一体ずつ梱包して送りましょう。

リサイクルショップに売る

一番簡単に出きる処分方法かもしれませんが、
雛人形は代々受け継がれたものなど古い物の場合は
高価な物の可能性があります。

その為、一般のリサイクルショップに出すよりも
雛人形専門の業者に出すと安心です。

オークションに出す

雛人形は海外の人が欲しがるそうなので、結構売れるようです。

自分で梱包して発送するなどの手間がかかりますが、
人形の状態などによっては高値で売れる事もあります。

誰かに譲る

確実に欲しい人の元へ行くのでゴミとして捨ててしまうよりも
ずっといいと思います。

スポンサーリンク
人形供養に出す

私の実家には、かなり大きな雛人形がありましたが、
姉妹全員が結婚したので母が供養に出していました。

思っていたより簡単に出来るようです。

人形供養は神社や寺で行っています。

直接持ち込むことも可能ですし、配送OKの所もありますが、
受付期間を設けている場所がほとんどで料金もバラバラですので、
供養に出したい神社や寺に確認をしてください。

人形供養代行サービース

「人形供養に出したいけど、どこに出せばいいのか分からない」

など供養先が分からない人に便利なサービスです。

一般社団法人「日本人形協会」が日本郵政と提携し
「人形感謝」という供養代行サービスをしています。

電話かネットで申し込みをすると、自宅に
「お人形差し出しキッド」
(ひとがた、お人形型送り専用ラベル、説明書、代金振込書)
が届きます。

そして人形を梱包すれば郵便局の人が集荷にきてくれます。

すごく助かりますよね。

雛人形は毎年10月に「東京大神宮人形感謝祭」で
きちんと供養されます。

料金は5000円です。

不用品回収業者

私は雛人形を不用品回収業者に出した事はありませんが、
引越しの時に何度か回収者を利用しました。

譲ったり売ることも出来ないほど痛みが激しい、
古いなどの場合に回収業者を利用するという方法があります。

私が利用するときは、不用品の内容を電話で伝えて、
その時に回収料金も教えてもらいあとは都合のいい日に
取りに来てもらいます。

自宅に引取りに来てくれるので(業者によります)楽ですし、
何ゴミになるか分からない時など特に便利です。

また、買取をしている業者もあるので念の為、
回収と買取のどちらもやっている会社に依頼をする事を
おすすめします。

まとめ

雛人形を処分する方法は、

●リサイクルショップ、オークションで売る。

●誰かに譲る、寄付をする。

●不用品回収業者に依頼をする。

●人形供養に出す。

などがありますが、出来る事ならぜひ人形供養にだして
欲しいと思います。

雛人形は人間の形をしているため

「人形に魂が宿っている」

と言われています。

また、雛人形は持ち主の厄を払い身代わりになる。

という縁起物です。

今まで持ち主を守ってくれていた人形をゴミとして
出してしまうより「今までありがとう」という
感謝の気持ちを込めて供養をして欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ