赤ちゃんの歯磨きの目的は「磨く」よりも「異物になれる」事!?

生後3ヶ月~9ヶ月くらいで赤ちゃんは歯が生え始めます。我が子も生後5ヶ月~6ヶ月頃から生え始めました。

歯が生えると心配になるのが虫歯。

しかしこの小さすぎる歯をどう磨けばいいのか…

今回は

・赤ちゃんの歯磨きの目的
・歯磨きの方法
・歯ブラシの選び方

をまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯磨きの目的は「磨く」よりも「異物になれる」事!?

そもそもまだ1~2本しか歯が生えていないのに歯磨きは必要なの?と思いませんか?

虫歯の心配もありますが、我が子の歯が生えたのは生後5~6ヶ月。

まだ離乳食も1日に1回だけで、スタートさせたばかりなので食べる量もほんの少しです。

まだまだミルクが主食なのに歯磨きの意味あるのかな?と思いました。

そこで実母と小児科の先生に予防接種のついでに雑談程度に確認したところ

「今の時期は絶対にしなければいけない訳ではない」

とのこと。

ただ、「しなくてもいいけど、今から口の中に異物(歯ブラシ)を入れる事に慣れておけば、本格的に歯磨きが必要になる時期に楽だよ!」というメリットもあるそうです。

さらに、我が子は幸いにも「歯ぐずり」という行動がなかったのですが、多くの赤ちゃんは、歯が生える時に歯茎がむずむずして酷い場合は1日中ご機嫌斜めな子もいるのだそうです。

夜泣きの原因はまだ明確になっていませんが、この歯ぐずりも原因のひとつではないか…と言われています。

この歯が生える前のムズムズは、歯ブラシでブラッシングをしてあげることで解消できるらしく、赤ちゃんの歯の不快感解消の為にもしてあげるといいそうです。

歯磨きのやりかた

赤ちゃんの歯が2本ほど生え始めたら歯磨きの練習を始める時期です。

我が子は同時に2本下の歯が生えました。

最初は歯ブラシではなく、ガーゼや指で優しく拭き取る程度にしましょう。

手は直接赤ちゃんの口に触れるので、必ず清潔にしてくださいね!

そして指を噛まれないように注意してくださいね。

初めは1日に1回くらいの歯磨きで大丈夫ですが、私は慣れるまでは子供の機嫌がいいときだけやっていました。

この頃の歯磨きの目的は「歯を磨く」よりも「異物に慣れる」事ですので、泣いたり暴れたりする日は辞めてのんびりと歯磨きトレーニングを進めています。

歯磨き=怖い

なんて覚えられたらそれこそ歯磨きが必要になる頃に苦労しそうですし…

赤ちゃん用歯ブラシの選びかた

口の中に異物が入ってくる感覚に慣れてきたら歯ブラシの出番です。

スポンサーリンク

赤ちゃん用の歯ブラシはわりとどこにでも売られているのですが、赤ちゃん用歯ブラシの種類の多さに驚きました。

形も様々ありますが、「×ヶ月~」と記載されていますので、よく確認してから購入してください。

また、ガードが付いていない歯ブラシもありますが、基本的に月齢の低い赤ちゃん用の歯ブラシには赤ちゃんが喉を突かないように円形のガードがついている歯ブラシがあります。

歯磨きをしようとすると、確実に赤ちゃんは歯ブラシを持ちたがるので事故防止のためこういったガードが付いた歯ブラシを選ぶと安心です。

そしてグリップ部分は赤ちゃんが持ちやすい太さ、長さのものを選びましょう。

私が購入したベビー用歯ブラシはグリップ部分がシリコンで滑りにくいようになっていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン 乳歯ブラシセット(1セット)【親子で乳歯ケア】
価格:1008円(税込、送料別) (2018/2/24時点)

赤ちゃんも持ちやすいと思うのですが、私にとっても持ちやすい(滑りにくい)ので安心して使用しています。

まとめ

初めての歯磨きはガーゼや指から始めて、口の中に異物が入ってくる事に慣れてもらいましょう。

上の歯も生えてきたら歯ブラシを使います。

ベビー用の円形ガードが付いている持ちやすい歯ブラシを選んであげてください。

ちなみに、うがいはまだ出来ませんし必要ないです。

うがいは1~2歳にならないと出来ない為、白湯などを少しのませてあげればOKです。

最初は怖がったり、暴れたりするかもしれませんがもっと歯が生えれば必ず必要な事になるので、焦らずに歯磨きトレーニングを進めていきましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ