子供がお年玉を…お礼やお返しはする?しない?相場や方法のまとめ

年始に子ども宛てによくあるお年玉。

親戚や会社関係などなど…

いただいた場合のお礼やお返しはどうしたらいいのか知らない人も
多いと思います。

そこで!

親として、

●お礼やお返しは必要なのか?

●お返しの相場は?

●お返しの方法は?

これらをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

子供がお年玉を…親としてお礼やお返しはする?しない?

お年玉は、目上の人から子供へ渡されたものなので、
基本的にお返しの必要はありません。

親からはもちろんのこと、子どもからも

「ありがとうございます」

の挨拶で感謝の気持ちを相手に伝えましょう。

お年玉のお返しが必要な場合としては、

お年玉を頂いた方に成人していないお子様がいる場合。

その場合はそのお子様にお年玉を渡すことが礼儀です。

お互いに子どもがいるのであれば、

お年玉をあげたりもらったりで良い

とするのが多いです。

子供たちの歳が離れていても、年上の子どもが大きくなって働くようになったら
年下の子供にお年玉をあげるようになるということもあるようですよ。

お年玉のお礼やお返しの相場の方法をご紹介

お年玉をいただいた方のお付き合いの関係性にもよってきますが、
だいたい同等の金額を渡すことが良いでしょう。

相手にお子様がいない場合にあたってはお年玉とは
「お正月の一つの文化」のようなものであり、渡す側もお返しを求めて渡して
いるわけではありません。

スポンサーリンク

なので、あまり深く考えずに感謝の気持ちを口頭にて伝えることが一番でしょう。

毎度毎度いただきっぱなしで、心苦しく思われてしまう人もいるのでは
ないかと思います。

そんな方は、後日、形として1/3~半額の範囲でお返しするのが無難でしょう。

ただし、現金でのお返しとなると逆に失礼に当たってしまうので気を付けましょう!

お礼やお返しの一例として…

・お子様からのお礼のお手紙

・少し高級なものをお年賀で形として渡す

・旅行先での特産品などをお土産として渡す

・一緒にちょっといいところでごちそうをする

など、相手との関係性の上でお返しをすることも良いかと思われます。

私が子供だったときは祖父母や親せきからいただいていました。

しかし、みんながみんな遠方だったために「現金書留」にて送られて
くることが多かったのです。

そこで私の親が考えた行動は、父方の祖父母の方へは家族みんなで
顔を出しに何時間とかけて行き、

「お年玉届いたよ。ありがとう」

と直接お礼を言っていました。

そして、すぐ帰るのでなく1日泊まってから帰っていました。

父方の親戚には私からの手紙と年賀として品物を送っていました。

母方の親戚の家には私と同じくらいの子供と弟がいたので
年始には、相手方まで行って年始の挨拶をかねてお年玉をお互いに
渡していました。

私自身は妹と年が離れていて、自分がアルバイトとして働くように
なったとき、妹に渡すようにしていました。
喜ぶ顔だけで嬉しかった記憶があります。

まとめ

お年玉をいただいた時のお礼やお返しは、ホントに人それぞれ様々です。

状況によっても異なったりするので、そのやり方が正しいとか、
正しくないとかという明確な答えはありません。

自分と相手の方との状況を考慮して、気遣いと感謝の気持ちを
素直に表すことが一番良い方法ではないのかと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ