生後2ヶ月の赤ちゃんとの過ごし方はどんな感じ?

やっと生後2ヶ月。

やっとというのか、まだ2ヶ月というのか…

生後2ヶ月頃になれば、ママも少しだけ赤ちゃんのお世話に
慣れてきてきますが、同時に疲れも出てくるころではないでしょうか?

この頃の赤ちゃんは新生児の頃とは違い、
少しずつ色々な物に反応を見せてくれるようになります。

私の場合は、日々の疲れがなかなか抜けず、疲労感はすごくありながらも
我が子の成長を感じられて育児が楽しいと少しずつ思い始めた頃でした。

今回は私の体験から、

「生後2ヶ月頃の赤ちゃんの変化や1日の過ごし方」

をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

生後2ヶ月の赤ちゃんとの過ごし方!私の子育て体験記

・ミルクの量が増えてまとめて眠れるようになる

個人差はありますが、2ヶ月をすぎると早い子は昼夜の区別が
付く子もいます。

1回に飲むミルクの量が少し増えてくるころなので、夜間の授乳
回数が減り、ママは少しだけ眠る時間が出来るようになります。

私の場合は、完全母乳でしたので授乳の回数はまだ10回程度あり
減らなかったのですが、夜中の授乳の回数が減りました。

毎日夜中は2時と4時と決まっていき、まだまだ寝不足ではありましたが
新生児の頃に比べると決まった時間に眠れるので多少は楽になりました。

・動くものを目で追うようになる

我が家はベビーベッドにメリーを付けています。

新生児の頃にも何度か見せていましたが、それほど反応はありませんでした。

しかし、生後2ヶ月ごろになるとメリーに夢中になり始めました。

「毎日見て飽きないの?」

というほど一生懸命メリーを眺めて手足をバタバタさせているので、
朝は赤ちゃんにメリーを見せてその間に家事を大急ぎでやります。

もちろん何度も様子は見に行きますが、20分くらいずっとメリーに夢中に
なっている時もあり

「メリー買って良かった!!」

と毎回私はメリーに感謝していました。

他にも目の前で人形やボール、鈴など音の出るオモチャを見せると、
動きを目で追ったり、音のする方向を向こうとしたりするようになります。

生後1ヶ月頃には見られなかった反応なので、この頃我が家のパパは
テンションがあがり、毎日のように子供にオモチャを買って貢いでいました。

我が家のパパがちょうど、この頃から子供に色んなものを買ったり、
子供の成長について調べたりし始めました。

なので、もしかしたらやっと「父性」に目覚め始めた時期なのかな?
と思います。

・表情がでてくる

自分の意思で笑顔をみせてくれるようになります。

私は毎日オムツを替える時もミルクのときも、赤ちゃんに声をかけたり
ツンツンして遊んだり、なるべくスキンシップを取るようにしていたのですが、
少しずつ私の声やツンツンすることに反応するようになりました。

スポンサーリンク
・起きている時は基本的に遊んであげる

新生児の頃は授乳後、すぐに寝てしまう赤ちゃんの方が多いと思うのですが、
2ヶ月をすぎると日中起きている時間も多少長くなります。

我が家の場合は、午前中の機嫌のいいときに、

お散歩(5~10分)、授乳&お昼寝。

30分ほどで起きて買い物。

帰宅後に授乳&お昼寝。

起きたらオモチャで遊んだり、メリーを見せたりという
繰り返しをしていました。

他に、サークルへ行った時に教わったのですが
「うつ伏せ体操」もよくやっていました。

うつ伏せ体操をやり始めたのは生後2ヶ月の終わり頃からですが…

名前の通り、赤ちゃんをうつ伏せにするだけの遊び
なのですが、もちろんまだ首は座っていないので、
顔を横向きにして決して目を離さないようにします。

赤ちゃんの脇の下(胸のあたり)に丸めたタオルを
入れてあげると赤ちゃんが苦しくなりません。

この遊びをすると疲れるのか、眠りの浅い我が子も
体操後は1時間近く寝てくれます。

また、この体操のおかげなのかは分かりませんが
体力がついたのか生後3ヶ月の終わりには完全に
寝返りをするようになり、首すわりがとても早かったです。

まとめ

まだ「遊び」といえる程の遊びは出来ませんが、
この時期は成長していると凄く実感できる時期でもありました。

昨日までは見向きもしなかったオモチャで喜んだり
1日1日変化していきます。

ちなみに体重も毎日抱っこしているのでママは
気が付きにくいのですが、産まれた時の倍ほどに
成長しています。

この時期は感情も少しずつ出てくる頃でもあるので、
赤ちゃんが起きている時は出来る限り体に触れたり
声をかけたりしてスキンシップをとってあげるように
してくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ