妊娠中のストレス発散はどうする?おすすめな方法をご紹介!

妊娠中のお母さんは、妊娠が分かってからの嬉しさ喜びと、
共にやってくるストレス…

どうしても妊娠前の体とは全くと言っていいくらいに、
身体も心の状態も違ってくるため、色々な不安も抱えて
しまうことでしょう…

そこで!

ストレス発散におすすめな方法

や、

逆に控えるべきストレス発散方法

をご紹介していきます!

スポンサーリンク

妊娠中のストレス発散におすすめな方法!

ストレスの解消法として先ず言えることは、

「ストレスを溜めないこと」

「原因を見つけて失くしていくこと」

が大切ですが…

そんな簡単にはいかないですよね。

そうなると「気分転換」というのが、とても大切になってきます。

気分転換としておすすめな方法は、

「外に出ること」

です。

妊娠中はインドアになりがち。

そこで、外の自然な空気を思い切り吸ってみたり、
普段とは違う場所へショッピングに行くのもおすすめ!

また、地域で開催されている「子育てママさんの交流」に行って、
たくさん話をしてみたり…

外での行動をすることでストレス発散になるという声は多いです。

そして同じ境遇の人たちとの交流は大きなプラスとなりますよ。

インドア派なら…

私の知人の場合は元々インドア派で、外に出るのは必要最低限な
時だけでした。

とても綺麗好きな人で、家事の中でも掃除好き。

掃除して綺麗になったことへの満足感でいっぱいになる+汚れを
消したことで不満も一緒に消えていくから気分もスッキリしていた
とのことです。

その後は、そのまま(身体を休ませることも大事なため)寝に付く。

目覚めた時もスッキリとした気分で、あまりストレスは
なかったそうです。

なので家事が好きな人でしたら、その「できあがり」に満足を得る
ということが大事ですね!

家事でなくても洋裁が好きなら、生まれてくる赤ちゃんのことを
想いつつ、靴下や手袋など用品を作ってみる。

そうすることで、できたものに対して満足感が得られ、愛着も
湧き、ストレスの発散にもなります。

スポンサーリンク

妊娠中は車の運転は控えた方がいい

女性の中でも、車の運転が好きで趣味の一つという人も多いですよね。

しかし、車の運転というのは妊娠中の後期に入ってくる頃からは、
なるべく控えた方がいいです。

妊娠後期はお腹も大きくなり、運転がしにくいということ。

そして、この頃のホルモンバランスは崩れやすく、集中力が
低下しています。

疲れやすさから眠気があったり、不意な体調不良で事故を起こして
しまう可能性があるためです。

しかし、妊娠後期で運転してはいけないということはありません。

近場を選び、小まめに休憩を入れることを忘れないようにしましょう!

まとめ

私から妊娠中の人たちにお伝えしたいことは、

「あまり深く考え過ぎない」

という事です。

ホルモンバランスが崩れて、意味なく感情が変化しやすいものです。

お友達とかと会話をすることで何となく気分がスカッとします。

出来るだけ多く気分転換して、考え過ぎないようにしていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ