臨月 間隔のない痛みが!これって陣痛?前駆陣痛?その違いとは

臨月になると、まだかまだかと出産が待ち遠しくもあり…

そして不安もあり複雑な心境になりますよね。

少しでもいつもと体調がちがうと

「これは陣痛なのか!?」

と焦ったり…

私も初めての出産の時は、出産予定日を過ぎていた事もあり、
少しでも違和感があると過剰に反応していました。

そして、よく前駆陣痛なのか本陣痛なのかわからなくなって
病院に電話をしたことがあります。

そこで!

なにかと不安の多くなる臨月の時期にありがちな、

「前駆陣痛」と「本陣痛」の違い

を、私の体験を交えて紹介していきますので参考にして
頂ければと思います。

スポンサーリンク

臨月にお腹がずっと痛い…本陣痛とは違う前駆陣痛ってなに?

・前駆陣痛とは?

前駆陣痛とは、不規則な子宮の収縮のことです。

陣痛の練習のようなものらしく「偽陣痛」とも呼ばれています。

不規則に収縮するので、本陣痛のように決まった間隔ではなく
不規則に痛みます。

早い人は妊娠中期頃からでも前駆陣痛があるという人も
いらっしゃるそうですが、私は臨月になってからよく前駆陣痛が
ありました。

私の感じた感覚ですが、

少し強めの下腹部痛で生理痛にも似たような間隔でした。

夜中や早朝に起こる事が多かったです。

最初は何度も「陣痛だ!!」と勘違いして旦那をたたき起こして
いましたが、前駆陣痛というものを助産師の方に教えて頂いて
とりあえずお腹が痛いと感じたら、痛みの感覚を計るようにしました。

ちなみに私は陣痛の間隔を計れるアプリを使って陣痛か本陣痛かを
見分けるようにしていました。

・前駆陣痛の時間は?

2~3分で収まる場合もあれば10分以上痛くなって、収まって…

を繰り返す時もあり時間は定まりませんでした。

私は深夜や早朝に起こる事が多かったので、いつの間にか寝てしまう
事が多かったのですが、前駆陣痛から本陣痛に変わる事はよくあるので、
違和感を感じたらとりあえず時間を確認しておきましょう。

・前駆陣痛と本陣痛の違い

前駆陣痛と本陣痛の違いの一つは、

「痛みの間隔」

です。

前駆陣痛:
痛む時間の間隔がバラバラ。

いつの間にか収まっている事が多い。

本陣痛:
規則正しく痛む。

時間と共に痛みが強くなる。

続いて、

「痛みの違い」

本陣痛も前駆陣痛と同じように、最初は軽い下腹部痛から始まるので
そこまで違いはないのですが、時間が経つにつれて本陣痛の場合は
痛みが増してきます。
スポンサーリンク
・間隔の決まらない腹痛が続く時

間隔の定まらない腹痛で、

●お腹がガチガチに張っている。

●胎動がない、もしくは胎動が弱い。

と感じたら、すぐに病院へ行くか病院へ電話で問い合わせて
指示をもらってください。

私も初めての妊娠で何も分からずよく電話で問い合せたり、
受診したりしていましたが、私の通院していた産院の先生に

「不安なら何度でも受診すればいい。」

「胎動が弱い、強いを意識するのは重要な事だからね!」

と言われていました。

「こんな事で問い合せてもいいのかな…」

と遠慮せずに不安な時は問い合わせましょう!

前駆陣痛か本陣痛か分からない時も、同じように病院へ
問い合わせれば教えてもらえます。

・規則的だけど痛みが弱い

私がこのパターンだったのですが、前駆陣痛がよく起こる
朝4時に軽い下腹部痛で目が覚めました。

いつもの前駆陣痛と思っていましたし、なんならいつもの
前駆陣痛よりあまり痛くなかったので完全に油断をしていました。

ただ、念の為時間の間隔は測っていたので陣痛だとわかったのですが、
少しお腹を下した時のような軽い痛みが規則的に30分以上続き、
「あれ?」と思い病院へ電話をしました。

微弱陣痛という物だったのですが、電話をしたときに

「おそらく陣痛ですので来てください!」

と言われ

「陣痛ってこんなものか!余裕!」

と思いましたが、病院へ付いた時には意識が朦朧とする痛みに
変わっていました。

微弱陣痛が始まってから1時間ほどで激痛になったので、
ちゃんと時間を測っていて良かった…と思います。

痛みが弱くても、間隔が決まっていれば陣痛の可能性が高いので、
すぐに病院へ連絡してくださいね!

また、前駆陣痛は無い(感じない)人もいます。

前駆陣痛がなくても急に本陣痛が起こる人もいますので、
いつでも入院出きる用に準備は早めにしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ