妊娠中期に生理痛のような痛み!その原因は?対処などの体験記紹介

妊娠中期に起こる生理痛のような痛み 原因は何?

妊娠中期頃に、

「妊娠初期の頃に感じたような生理痛に似た痛み」

を感じる事があり、不安を感じる方が多いのではないでしょうか?

私も、

生理痛のような痛み=子宮が痛い?=赤ちゃんに何かあった!?

と思い病院へ急いで行った経験があります。

そこで!

妊娠中期に起こる生理痛のような痛みの原因をあげていきます。

スポンサーリンク

妊娠中期に生理痛のような痛み!その原因は?

私の場合、痛みを感じ始めたのは妊娠5ヶ月頃でした。

急に生理痛によく似た痛みが不規則に起こり、
治まる気配もなくかなり不安になりました。

子宮が痛いのだろうけど、卵巣のあたりも痛いような…

しかし、とにかく下腹部が痛い!

我慢できないほどではないのですが、時々強く痛むこともあれば
軽い生理痛程度の痛みが継続している時も…

痛む場所が場所なだけに、

「赤ちゃんに何かあったのかも!?」

と怖くなり急いで病院へ行ったのですが、診断結果は

「子宮を支えている靭帯が伸びて痛いだけ」

でした。

とりあえず一通りの検査をしてとくに異常はみられず、
妊娠5ヶ月で、

「赤ちゃんの体重が標準よりもかなり大きかった」

という事もあり、急激に痛みが出てきたのはそのせいでは?
と言われました。

妊娠5、6ヶ月頃は急激にお腹が出てくる方も多く、
羊水も増えます。

子宮を支えている靭帯が、その急激な子宮の大きさの変化に
ついていけなかったり、体重が一気に増えるので圧迫されて痛みを
引き起こすことがあるそうです。

結構よくある事らしく、またこういった痛みで不安になり
診察に来る妊婦さんは多いのだとか…。

ちなみに私は「子宮のあたり~卵巣のあたり」に痛みが
あったのですが、妊娠5ヶ月を超えていれば卵巣は
子宮と一緒に胃の方に上がってくるので、卵巣が痛いのでは
ないそうです。

妊娠中に卵巣の病気になったのではないかと心配していたのですが、
これを聞いてかなり安心しました。

私の場合は結構、頻繁に強い痛みがありました。

まだ産休前で仕事もしていた為、

「比較的弱い成分の妊娠中でも使用できる痛み止め」

を処方してもらいましが、お腹に力が入らないように横になって
休んでいれば痛みが引く事が多かったです。

スポンサーリンク

妊娠の中期に生理痛のような痛み!その他に考えられる痛みの原因は?

その他に考えられる原因は

・便秘、下痢

妊娠中はホルモンバランスの変化によって便秘や下痢になりやすく、
胃腸の働きが弱くなって下腹部痛を起こすことがあります。

・切迫早産

子宮の収縮が起こり下腹部痛があります。

ほかにも虫垂炎や、まれに子宮筋腫などの病気が原因ということも
あるそうです。

妊娠中期の生理痛のような痛みのほとんどの場合は心配ない

私が医者に言われたのは、

「ほとんどの場合、生理痛のような痛みは何も問題が無いことが多い」

そうです。

ただ、

・出血がある

・ギューっと掴まれるような痛み

・いつまでも痛みがひかない

・胎動がない、または弱い

このような場合は、

「すぐに病院へ電話をして指示をもらうように!」

と言われました。

妊娠中期でしたら、胎動を徐々に感じ始める頃だと思うので、
おかしいな?と感じたらお腹に意識を集中してみてください。

たまにタイミング悪く、赤ちゃんが寝ていて胎動が分からなかったり、
赤ちゃんのいる位置が胎動を感じにくい場所だったりする事も
ありますが、横になって安静にしていると胎動が分かりやすくなります。

まとめ

・気になったら早めに病院へ!

妊娠中期は、初期に比べて比較的体調が安定している日が
多かったように感じますが、一番体型が変化してくる時期でもあります。

子宮も一気に大きくなるので、体がそれについていかないと
いうのは分かりますが、痛みが続いてストレスになるようでしたら
早めに受診してくださいね!

また、

「この痛みは何だろう…痛いけど病院に行くほどでもないし…」

と不安を抱えるくらいなら、さっさと受診してしまったほうが
気が楽です。

結果、何もなければそれで一安心出来ますし、万が一何か異常が
見つかっても早めに受診することで対処出きる事もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ