妊娠したら体重の増加はいつから?どんなペースで?太り過ぎない方法は?

妊娠をすれば体重は増えていきますが、
実際どのくらいのペースで何キロ増えるのか…

気になりますよね。

私は妊娠初期から中期にかけて、
そこまで大きく体重の増加はなかったので、

「余裕~♪」

と思って油断していたら…

最終的にあっという間に

プラス16キロ太った経験があります。

急激な体重増加は、母体にも胎児にも影響があります。

現在妊娠中の方は気を付けてもらいたい、
そして私のように激太りをしないために!

私の体験を交えて、

「妊娠中の体重増加について」

まとめていきますので参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

妊娠後の体重の増加はいつから?

もちろん、体質があるので個人差はありますが、
一般的には5ヶ月~といわれています。

私も大体そのくらいから体重が爆発的に増えました。

その理由は、つわりがほぼ無くなって楽になったという
理由もありますが、

「とにかくお腹が減る!」

私は妊娠前、間食をする習慣もなく甘いものはあまり好きでは
ありませんでした。

しかし!

妊娠中期ごろから無性に生クリームが食べたい!

という衝動に駆られ、ケーキや菓子パンを食べあさっていました。

食べ物の好みの変化も激太りの原因のひとつなのかもしれません。

ちなみに標準体重の場合、

●週に200~300gの増加が理想

●妊娠5ヶ月だと妊娠前の体重からプラス5キロ前後が良い

そうです。

・妊婦の体重が増えすぎる原因はこんなとこにも…

もちろん、赤ちゃんが大きくなればその分体重は増えます。

ですが、私の場合「2週間で2キロ」という、
明らかに赤ちゃんの重さではない体重増加のペースでした。

なぜ、ここまで激的に太ったのか!?

それは、ちょうど体重が増加し始める妊娠5ヶ月ごろは、
年末年始で次の検診までの期間が空いた事と、
安定期に入っているため年末年始に実家に帰り、上げ膳据え膳で
「妊婦は栄養をとれ!!」とご馳走を食べきれないほど出されます。

その結果の激太り。

4週間でプラス4キロ以上という数字を叩き出し、
私の通院していた産院は比較的、体重管理には優しいと
言われている病院でしたが、さすがに怒られました。

年末年始、盆などで帰省する際は食べ過ぎ&食べさせられすぎに
注意をしてください。

妊婦のあるあるで、帰省した時に必ず
「赤ちゃんの分も食べて」と言われます。

自分と赤ちゃんの事を思って進めてくれているのでしょうが
後で苦しむのは自分です。

上手に断りましょう。

一度増えてしまった体重は、妊娠中でなければダイエットを
すれば解決なのですが、妊娠中は簡単にダイエットもできません、
おそらく体重が増えすぎると医師、助産師の方から指導が入ると思います。

スポンサーリンク
妊娠中の急激な体重増加を防ぐにはどうしたらいい?

バランスよく決まった時間に三食きちんと食べるのが基本です。

そして、適度な運動も大事。

しかし!私は決まった時間に三食きちんと食べ、
仕事上、移動が多く1日1時間以上は外を歩いていました。

でもプラス16キロ!!

それ以上に食べていた事もあるのでしょうが、
私は妊娠後期から酷いむくみが出ていたので、
助産師の方に

「お肉が付いた事と水分を溜め込みすぎて
ここまで体重が増えているのだと思うよ!」

と言われ、利尿作用のあるお茶などを積極的に飲むようにしていました。

まとめ

体重が増え始める妊娠中期は、つわりが落ち着き体調のいい日が
増えるので食べてしまうという理由もありますが、
妊娠中期はちょうどお腹が目立ち始めて体が重く動き辛くなる
時期でもあります。

さらに、見た目で「妊娠中」と分かるので、周囲の人が気を遣い
自分の代わりに動いてくれることもあります。

そしてズルズル動かなくなっていく…

という事も必要以上に太る原因かもしれません。

ある程度の運動は体重管理のために必要だと思いますが、
安定期とはいえ何が起こるかわかりませんので、
運動は自己判断で行わず必ず医師と相談をしてからにしましょう。

妊娠中に体重が増えすぎると、自分と赤ちゃんにも良くない
のはもちろん出産後に戻すのが大変です!

出産後も綺麗なママでいられるように気をつけましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ