妊婦の場合、車と電車どちらの移動手段の方が良い?経験から見た判断

妊娠中の通勤手段や買い物などの外出時、

交通手段は、

「電車での移動」

がいいのか、

「車での移動」

がいいのか悩みませんか?

どの移動手段が安心なのか!

を私の経験もふまえてまとめてみましたので、
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

妊婦の「車」と「電車」移動手段のメリット&デメリット

妊娠中の車移動のメリット

私は車必須の地域に住んでいるので、妊娠初期は
通勤も買い物も基本的に車で移動していました。

妊娠初期はツワリなどよく体調が悪くなります。

自分の車で移動する場合は、駐車スペースさえ
見つけられればいつでも車を止めてシートを倒して
休憩が取れます。

電車の時間を気にしたり、妊娠中は重い荷物は
持てませんので、荷物のある時にも便利です。

妊娠中の車移動のデメリット

妊娠中はトイレが非常に近くなります。

すぐにトイレがみつかればいいのですが、
何もない時がかなり困ります。

1時間以内の距離ならいいのですが、長時間も
車に乗っていると妊娠初期、後期に限らず腰への負担があります。

また、妊娠中はむくみやすくなるのですが、
長時間同じ姿勢でいる車での移動は足がとてもむくみます。

車で移動するときは、腰に置ける小さめのクッションと
足がむくまないようにスリッパなどがあると便利です。

妊娠中の電車移動のメリット

渋滞がないので、到着時間が分かり計画が立てやすいです。

そして車より事故が少ないので安全です。

妊娠中の電車移動のデメリット

体調が悪くなったとき確実に席に座れる保証がありません。

さらに混雑具合によっては、人にぶつかったり、
移動中にバランスを崩して転倒する事もあります。

時期によっては風邪などの感染症にかかる可能性が
車での移動よりも高くなります。

スポンサーリンク
移動手段は臨機応変に変えるのも大事

私の場合、基本的に車の移動でしたが
季節と妊娠の週数によって変えました。

まず、妊娠初期はつわりが酷く、他人の匂いに非常に
敏感になっていたため車で毎日通勤していました。

車移動は、いつでも休む事ができるので安心でしたが、
体調が悪くなると車を止めて休憩していたため、
家を出る時間は通常より早めに出るようにしていました。

そして、妊娠後期になるとツワリは無かったのですが
電車移動に変えました。

赤ちゃんが大きかったという事もあり、
お腹が平均の臨月の妊婦さんより大きかった為、
運転席に座るとお腹がハンドルに当たり邪魔だったので、
妊娠後期は産休にはいるまでほぼ電車移動でした。

また、人によるのかもしれませんが、
お腹が大きくなると車の振動は結構痛いです。

車の移動は電車より振動が多く揺れますし、
車の振動はお腹が張りやすくなるので極力控えるよう
医師にも言われていました。

医師に相談すると気持ちも安心できる

最終的な判断は自分になりますが、
検診をうけている婦人科の先生にどちらがいいのか
相談してみましょう。

私は長距離の移動が必要な時は、
念のために医師に確認していました。

また、妊娠中はホルモンバランスの影響で
眠気が強くなります。

私の場合、妊娠後期には強い眠気が急激にくるので、
車も電車の移動も両方怖かったです。

妊娠初期から強い眠気がよくおこる妊婦さんも
いらっしゃるので、自分の体質やその日の体調を
しっかり見極める事が自分と赤ちゃんを守るために
大切な事となります。

まとめ

車で移動する場合は、お腹が圧迫されて苦しくなる
事もあります。

その時は妊婦さん用のお腹を圧迫しないように出来る
シートベルトのストッパーなどが、カーショップやベビー用品店
などにあるので利用してください。

電車で移動する時はマタニティマークをつけたり、
混雑する時間帯は避けるようにしてください。

車も電車もどちらにもメリット、デメリットがあります。

季節や天候なども考えて臨機応変に、
とにかく少しでも自分にとって楽な方を選んでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ