猫にシャンプーって必要なの?シャンプーの頻度はどのくらいが良い?

可愛い仕草で私達を癒してくれる猫ちゃん。(=^・^=)

近年、猫ブームと言う事もあり猫と一緒に暮らしているよ♪

と言う人も多いのではないでしょうか?(=゚ω゚)ノ

家族の一員である猫ちゃんには、いつまでも健康で
長生きしてもらいたいもの。(*´ω`*)

日々のケアの仕方も気になりますよね!(・ω・)ノ

中でも猫ちゃんにお風呂やシャンプーをした方が良いか、
迷ってしまうと言う飼い主さんもいると思います。(。´・ω・)?

「人はお風呂に入って清潔にする事で病気を防いでいるけど、
猫はどうなのかな?(´ε`;)ウーン…」

と疑問に思われる方もいるかもしれませんね!

猫ちゃんと暮らしている方ならお分かりかと思いますが、
猫は水が大の苦手です。Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

ちょっと水しぶきが飛ぼうものなら鬼の形相で睨み付け
体をペロペロと舐め始めますよね~。ヽ(; ゚д゚)ノ ビクッ!!

基本的に猫は、自分の体を舐めて綺麗にする
「グルーミング」をしている為、体は常に清潔に保たれています。

短毛種の猫ならシャンプーは必要ないと書いてある本や
ネットでの情報もあるくらいなんですよ。(´・∀・`)ヘー

それにシャンプーは猫にとってもストレスになる場合が多いです。

猫はとてもストレスに弱くデリケートなので、
最悪、ストレスが原因で体調を悪くする事も
あるんですよ。Σ(`Д´ )マヂデスカ!?

そして、頻繁なお風呂やシャンプーは皮膚を健康に保つ為の
皮脂まで洗い流してしまう事もある為、注意が必要なんですね。

しかし!

猫種や環境によってはお風呂やシャンプーをした方が
良いと言う時もあります。(・ω・)ノ

ここでは猫ちゃんのお風呂やシャンプーが必要な場合はどんな時か、
頻度はどのくらいが良いのかをまとめてみましたよ。(・∀・)

あなたと愛猫が健康で快適に暮らす為の参考にしてみて下さいね♪(´∀`*)

スポンサーリンク

猫をシャンプーした方が良い場合はどんな時?その頻度は?

我が家にはペルシャ猫とアメリカンショートヘアーがいますが、
体の汚れ具合や抜け毛の量はやっぱり違います。(゚д゚)(。_。)ウン

長毛種であるペルシャ猫は、長く美しい毛並みが特長の
猫ちゃんですが、毛が生え変わる換毛期の抜け毛は
半端ない量ですしブラッシングを怠るとすぐにボコボコと
毛玉が出来てしまいます。Σ(゚д゚lll)ガーン

室内のホコリやチリを、モップの様に体にくっつけてしまうので
汚れるのも早いですね~。(;´∀`)

猫自身のグルーミングだけでは全然追いついて行かない感じですよ。

長毛種の猫の場合は月に1回のシャンプーが理想です( ・∀・)ノ。

子猫の頃からお風呂やシャンプーを習慣にしておくと
極端に水を怖がる事もないので、定期的にお風呂や
シャンプーをして慣れさせておくと良いですよ!

我が家のペルシャ猫も月に1回はお風呂に入れていますが、
トイレで失敗したり、ウェットフードを毛につけてしまった
時などは、部分洗いしたり、全身シャンプーしたりしています。(゚Д゚)ノ

長毛種はお世話が大変ですが、手間がかかる子ほど可愛いとは
よく言ったもので、その分可愛さもひとしおなんですよね~♪(。・ω・。)ノ♡

一方、短毛のアメショーさんの場合は抜け毛の量も少なめですし
毛玉も出来ません。( ̄ー ̄)bグッ!

猫自身のグルーミングと時々ブラッシングしてあげる程度で、
毛艶も良く被毛は健康に保たれている感じです。

短毛種の猫の場合は一般的にシャンプーは1年に1~2回で
良いとされていますよ。( ゚Å゚)ホゥ

我が家ではちょっと多めで1年に3~4回ぐらいかな。

グルーミングを頻繁にするので結構毛玉を飲み込んでしまうのです。

飲み込む量が多すぎると、吐き出す事が困難になり、
胃や腸に毛玉が溜まってしまう「毛球症」という病気になってしまう
場合もあります。

ですので、季節が変わるタイミングや換毛期には
シャンプーをしていますよ。(´∀`)ノ

また、去勢・避妊していない猫の場合、繁殖期に伴って
「スプレー」と言う行為をします。

自分のおしっこをスプレーして求愛行動をしたり
縄張りを主張したりする行為です。( ノ゚Д゚)

この時に肛門周りが汚れたり臭いが被毛に付いたりしますので、
そう言った場合にもシャンプーの必要がありますね。( ゚д゚)ウム

スポンサーリンク

猫のシャンプーってどうすれば良いの?おすすめは?

「今日は猫をお風呂に入れるぞ~!!∠( ゚д゚)/」

と決めたら早速準備に取り掛かりましょう~♪

猫に出来るだけストレスを与える事のない様、短時間で確実に
シャンプーする為に、事前に準備しておく必要がありますね!

準備するものは、

★猫用シャンプー

人間用のシャンプーは、成分が猫にとって刺激が強すぎる為、
皮膚トラブルの原因になります。
猫用シャンプーを選ぶ時もどれが良いのか迷うところですね~。

万が一猫が舐めてしまっても体に害のないシャンプーを
選ぶ事をおすすめしますよ。(`・ω・´)

猫用シャンプーもピンキリですが、私は低刺激・無香料・無添加で、
猫の肌に優しいシャンプーを選ぶようにしています。(´∀`*)

更に手早く洗い上げる為にも「リンスインシャンプー」だと
手間いらずで便利ですね。ヽ(^。^)ノ

皮膚が弱い猫には獣医師さんと相談の上、薬用シャンプーを
使用すると良いですよ。

我が家のペルシャ猫は、皮膚疾患を患った事があり、
暫く薬用シャンプーを使っていた事がありました。

薬用シャンプーの中にも、猫の皮膚に低刺激で
子猫でも使用できるほど肌に優しいものもあります。

洗い上がりも普通の猫用シャンプーと変わらないので、
肌トラブルを抱えている猫には試してみる価値ありですよ♪

どのタイプの猫用シャンプーを選ぶ時でも、ボトルの成分表を
しっかりと確認し、愛猫の肌に合ったシャンプーを
選んであげて下さいね。(´∀`*)ノ

また、新しいシャンプーに切り替えた時は体調や皮膚の変化に
気を付けましょう。

★たらいや大きめのバケツ

お風呂嫌いの猫は、シャワーの音にビックリして
暴れる場合があります。

そんな時はたらいや大きめのバケツにお湯をはって
猫の体を洗うのが良いですよ。

ペットバスもありますので、お風呂に入れる頻度が多い場合は
購入しておいても良いかもしれませんね。

私は娘が新生児の時に使用していたベビーバスを使っていますが、
使いやすくて大きさも丁度良く結構重宝しています♪

シャワーの温度は季節や猫の好みによりますが
34度~38度ぐらいが最適です。(・ω・)ノ

猫がビックリしてしまわない様にゆっくりとシャワーしていきます。

この時、猫の顔にかからない様に注意しましょう。

猫用シャンプーを泡立てて顔以外の体を優しくマッサージする様に
揉み洗いしていきます。

顔周りは目や口・耳等に水が入らない様に注意しながら
濡れタオル等で優しく拭きとって下さい。

全身洗い終わったらすすぎ残しのないように十分すすぎましょう!

★ブラシ

※長毛種用、短毛種用それぞれブラシがあります。
上記は長毛種用のブラシ。

ブラシを嫌がる猫ちゃんには、皮膚に当たっても痛くない
シリコン製のブラシがおすすめですよ♪

猫をお風呂に入れる前には、必ず爪のチェックをして
おきましょう。

爪を切っておかないと暴れた猫に引っかかれて流血!

なんて事になりますので要注意です!ヽ(;゚д゚)ノ ビクッ!!

そしてあらかじめブラッシングをしっかりしておいてください。

丁寧にブラッシングしておく事で毛が絡みにくくなり
洗い心地も良くなりますよ。ヽ(´―`)ノ

★バスタオル

吸収性が良いものを何枚か用意しておきましょう。

シャンプーが終わったらタオルで乾かします。

この後ドライヤーを使えるとベストなのですが、
我が家の猫も含めてドライヤーを怖がる猫って
本当に多いんですよね~。アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ

短毛種の猫はすぐに乾きますが、長毛種の場合は根気よく
タオルドライしてあげましょう。(*´ω`*)

★ドライヤー

手早く乾かすにはドライヤーは必須です。

近づけすぎると熱風でやけどしてしまいますので
十分気を付けましょう。

ドライヤーの音を嫌がる猫ちゃんは多いので、
無理な時はタオルドライをしっかりとしましょうね!

まとめ

猫のシャンプーの頻度や、おすすめのシャンプー選び、
いかがでしたでしょうか?ヽ(・∀・ )ノ

猫のシャンプーの頻度は猫種や環境によっても
違ってくると言う事になりますね。

猫をお風呂に入れるメリットは、毛並みや毛艶が良くなったり
体を清潔に保つ事が出来る事です。(・∀・)イイネ!!

時には人と猫がお互い快適に暮らす為に、猫をお風呂に入れたり
シャンプーしたりする事も必要になりますが、
猫のストレスにならない様に気を付ける事が一番重要ですね。

シャンプーが苦手な猫には少しずつ慣れてもらって、
清潔で健康的に暮らせるようサポートしてあげましょう~♪

あなたと猫ちゃんとの生活が愛情に満ちた楽しい日々で
ありますように!(*´艸`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ