赤ちゃんとの外出。育児グッズで絶対に一番必要なのは「抱っこ紐」!

「出産準備って思っていたよりも大変!」

「お金も時間もかかる!!」

そう思いませんか??

初めての出産なら、どんな物をどれくらい準備したらいいのか…

手探り状態ですよね。

必ず必要な物から準備すると、

  • ベビー服
  • おむつ
  • ベビーカー
  • ベビーベッド
  • お布団
  • チャイルドシート(車に乗せる場合)

…これだけでも結構な金額になりますよね。

他のものは生まれてから必要な時に買いに行けばいいか~。

なんて思いがちですが、

ちょっと待った!!

必ず必要な物の中に、「抱っこ紐」を入れてください!!

2人の育児を経験した私から言います。

一番必要だったものは抱っこ紐です!!

この『抱っこ紐』、

出産準備リストにあまり載っていないのでまだ必要ないか~。

と思われがちですが、

絶対にあった方が便利です。

抱っこ紐も色々な形の商品が販売されていますので、

私がおすすめする抱っこ紐と、
抱っこ紐のメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんとの外出。ママの負担を軽減できる抱っこ紐

どのような抱っこ紐を選べばいいのか。

色々な形の抱っこ紐がありますが、
私がおすすめするポイントが3つあります。

このポイントがおさえられている抱っこ紐がおすすめですよ!

ポイント1.肩ベルトと腰ベルトは必須!

赤ちゃんが成長するにつれて体重も重くなります。

1歳を過ぎると10キロを超えます。

そんな赤ちゃんを長時間抱っこしていては
腰も腕もかなりの負担!

ですから、抱っこ紐に

「肩ベルト」と「腰ベルト」

がついているとかなり負担軽減になります。

ポイント2.新生児から使える!

まだ首が座っていない赤ちゃんや、
新生児期から使えるように

「横抱き」が可能な抱っこ紐です。

1人目の時はあまり使いませんが、
2人目以降になると外出する時期も早くなり、
首が座っていない赤ちゃんでも使える抱っこ紐だと便利です。

ポイント3.ヘッドサポートが付きでカバーが取り替えれる!

抱っこした時の赤ちゃんの頭や首に、
「ヘッドサポート」があると便利です。

尚且つ、

ヘッドサポートにカバーができて、
カバーが取り外して洗濯できる物だと最高!

ヘッドサポートの部分はちょうど
赤ちゃんのよだれが付きやすい所です。

抱っこ紐を丸洗いすることも可能ですが、
形が崩れてしまうのであまり頻繁には洗えません。

よだれがつきやすいヘッドサポートの部分のカバーが
取り外せると衛生的ですね。

毎日使う抱っこ紐だからこそ、汚れた部分だけを
洗濯できるようになっている抱っこ紐がいいですよ。

以上の3つのポイントをおさえている抱っこ紐がおすすめです。

抱っこ紐でもさまざまな形があります。

違う形の抱っこ紐を2・3つ持っているママもいますが、
私は1つしか持っていませんでしたし…

必要ありませんでした。

 ポイント2 でも紹介しましたが、
「新生児期から使える抱っこ紐」であれば長く使えますからね。

次に抱っこ紐のメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんとの外出。抱っこ紐のメリット

1.赤ちゃんもママもあったかぬくぬく

抱っこ紐を使うと、
ママのお腹と赤ちゃんのお腹がくっつきますね。

寒くなる季節はお互いくっつき合うととっても暖かい。

逆に夏は暑いのですが…。(保冷剤を使えば大丈夫です♪)

この人肌の暖かさで、
赤ちゃんは抱っこ紐を使うとよく寝ます。

ママの心臓の音も安心感を与えるのかもしれません。

2.両手が自由になる。

抱っこ紐を使うと両手が使えるので、
お買い物や2人以上の育児の際には便利です。

私も2人目が生まれてからは、

左に上の子と手をつなぎ、右手に買い物袋。

背中にリュック背負って前に赤ちゃんを抱っこ。

前後左右をフル活用して生活していました。

3.人込みでも場所を取らない。

人混みや電車の中…

大きな荷物が嫌がられる場所もありますよね。

特に電車の中でベビーカーを広げていると、

『邪魔だな~』

という視線を受けたこともあります。

抱っこ紐ならママと一体化しているような物なので、
人混みの中でも邪魔になりませんよ。

4.寝かせつけにも便利。

赤ちゃんがなかなか寝ない。

育児の中でも多い悩みです。

寝かせつけに1時間以上かかる。という話も聞きます。

そんな人は抱っこ紐を使ってみて下さい。

 メリット1 にも書きましたが、
抱っこ紐を使うとママと赤ちゃんがぴったりくっつき、
赤ちゃんをしっかり固定するので赤ちゃんの動きを
抑えることができます。

そこに心地良い振動が加われば、
いつもより時間をかけずに眠ってくれるはずです。

私は生後半年頃から、
赤ちゃんがお布団に寝かせても、動き回っても寝ないので、
抱っこ紐を使って部屋中を歩き回っていました。

歩く振動が心地良い振動なのか、
いつも1時間程かかっていた寝かせつけが30分程になりました。

なかなか寝ない赤ちゃんに悩んでいるママは
一度試してみてください。

気を付ける事

ここまで抱っこ紐のメリットをお話ししましたが、
抱っこ紐を使用するにあたって注意する点もあります。

少し前にニュースにもなりましたが、

抱っこ紐をしたまま下を向くと、
抱っこ紐から赤ちゃんが滑り落ちてしまう事があります。

自分の体にくっついているという安心感から
油断してしまいがちです。

ママが赤ちゃんを抑えずに下を向くと、
小さな赤ちゃんは滑り落ちてしまいます。

抱っこ紐をしたまま激しい運動や下を向くときは、
しっかり自分の手で赤ちゃんを抑えてくださいね。

まとめ

抱っこ紐の紹介とメリットをお話しいかがでしたか?

色々な種類の抱っこ紐がありますので、
時間のある時にゆっくり見て選ぶことをお勧めします。

また、抱っこ紐からちょこんと出る赤ちゃんの顔が可愛く、
ママを見上げる顔はたまらなく可愛いです!

抱っこ紐はママも赤ちゃんもぴったりくっつける
子育ての助っ人役です!

上手に使って育児の負担を軽減してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ