出産費用、産後費用は?一時金で高額プラス!家電を一斉に買換えた妹

子育てにはお金がかかります。

子供一人育てるのにかかるお金が約3000万円はかかる。なんて言われていますので不安になりますよね。

子育てにかかる費用(妊娠~出産)をざっくりとまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

出産費用はどれ位かかる?私や妹の場合にかかった費用

妊娠中は妊婦検診が14回ほど(病院や体調によりますが…)

分娩費用は個人病院なのか、個室か、大部屋か。出産は自然分娩か、帝王切開なのかにもよります。

スポンサーリンク

私の場合は妊婦検診は補助券を配布されますので無料でしたが、3回血液検査がありましたので血液検査代は自己負担でした。

他に体調不良などでも婦人科を何度か受診していたので、結局負担した診察代は2万円~3万円ほどだと思います。

病院は個人医院で母子同室の個室でした。

自然分娩でしたが出産時にトラブルがあり色々と措置をされたのでその時の寮費がプラスされましたが、結局合計が「38万円」でした。

ですので健康保険から受け取れる「出産一時金」の42万円で賄えました。

ちなみによほど豪華な個人の産婦人科で出産する場合は別ですが、全国的に出産費用は40万円程度が平均なのだそうです。

妊娠~出産までにかかった金額は、

通院費や薬代は2万円~3万円。

ベビー用品は10万円もかかりませんでした。

私の場合は、妹が先に出産をしているので妹からベビーベッドなどおさがりをもらえたのでかなり安くなりました。

一番高かったのはチャイルドシートです。

ベビー用品はベッドやチャイルドシート、ベビーカーなどレンタル出来る物もあり、探せばフリマなどでも安く手に入れる事ができます。

また、私は女性特有保険に加入していて、出産時にトラブルがあり何かしらの医療行為を受けた場合は保険が適応される保険だったので、第一子出産時は合計で15万円ほどの保険がおりました。

出産一時金が42万円、保険が15万円で実際に出産でかかった費用が、入院・分娩費38万円、妊娠中の通院費が2~3万円ですので最終的にプラスになっています。

ちなみに私の妹は双子を出産しました。

その場合、42万×2人分。それと双子は帝王切開ですので対象の保険に入っていれば保険がおります。

さらに未熟児で、国からの医療費補助などが他にもあり、かなりの金額がプラスになったので家電を一斉に買い換えたそうです…。

スポンサーリンク
出産後の費用(我が家の場合)

オムツ、ミルク、哺乳瓶などの除菌液などの消耗品が月に約1万円程。

月齢によって多少変わりますが、そこまで大きく変化はありませんでした。

あとは月に数枚ベビー服を購入しても月に2万円使えば「今月は使いすぎた…」と感じる程度です。

ベビー用品などにかかる費用よりも我が家は光熱費が激的に増えました。

赤ちゃんは体温調整が出来ないので、常に最適な温度、湿度を保たなければなりません。

我が家は、子供が出来る時に比べて夏は電気代がプラス1万5千円。(冬はプラス1万円)

さらにガス、水道代も季節によりますがプラス1万円近く上がりました。

コツコツ貯金

子供を育てるのに3千万かかる…なんて言われたら子供は欲しいけど経済的に無理…と考えますよね。

私も最初は不安でしたが、我が家の経済状況が納得の行く状況になるのを待っていると出産が厳しいと言われる年齢になりそうでしたので、ある程度の貯金はしました。

3千万のお金は一気に出すことは出来ませんが、コツコツやりくりをしながらならどうにかなります。

例えば、児童手当。

一切手をつけずに私は全額子供名義の通帳に貯金をしています。

そして学資保険。

高い学資保険に入れば安心なのでしょうが、我が家はまだまだそんなに余裕がないので比較的安い保険に入りました。

それでも子供が18才になった時には200万円以上の金額がでますので、それに児童手当の貯金分を合わせると子供が進学するときにある程度まとまったお金を出せるかな?と思っています。

まとめ

妊娠中~出産までにかかる医療費ですが、自己負担をすることはあまりないです。(妊娠中、出産時にトラブルがなかった場合ですが)

出産後は、赤ちゃんにかかる消耗品が月に2万円~、光熱費は倍になります。

お金に関する不安はたくさんあり、尽きない悩みですがコツコツと家計をやりくりしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ