専業主婦の家事にかける所要時間と内訳は?日本は圧倒的にかけ過ぎ!?

毎日の家事に費やす時間って、どのくらいかかっているのか時間を測った事はありますか?

実は!!

日本人は世界で一番家事に費やす時間が長いのだそうです。

その時間はなんと1日の平均家事時間246分で世界1位!

2位以降は日本人の家事時間の半分程でした。

日本人は綺麗好きで真面目と言われていますので、
そういった理由からなのでしょうか…

しかし、この1日にかける膨大な家事の時間も見直せば
削る事が出来ます!

スポンサーリンク

家事の平均時間ってどのくらい?家事の時間を見直しして楽をしよう!

まずは家事の時間を測りましょう

まずは、現在自分は家事にどれくらいの時間を費やして
いるのかきちんと計ってみましょう。

そうすることで、どこにムダがあるのかが分かるので
時間を短縮していく事ができます。

家事にかかる時間(我が家の場合)

●掃除……60分
お掃除シート&ウェットシートで床を掃除…15分
掃除機…15分
テーブル、棚などのホコリ拭き…10分
お風呂掃除(簡単バージョン)…10分
トイレ掃除(簡単バージョン)…10分

●洗濯……65分
洗濯物を干す…15分
洗濯物をたたむ…15分
たたんだ洗濯物を収納する…5分
アイロンをかける…30分

●食事……155分
買い物…50分
弁当作り…30分
食事の下準備…15分
調理…40分
片付け…20分

合計280分!!

以前、時間を測った時にかかった時間です。

買い物など変動する事はありますが、大体いつも
このくらいです。

こうしてみると、家事にこれだけの時間を費やしながら
子育てもしていれば自分の時間なんてないよね…

と、しみじみ感じます。

働いているママや、小さな子供が何人かいるママは
本当にすごいと思います…

家事の時短!どこが削っていけそう?

一通り、それぞれの家事にかかってる時間が把握出来たら、
次に削れそうなところを探します。

スポンサーリンク
掃除

・1週間のうち3日ほど、お掃除シート&ウェットシートのみ。

掃除機は平日1回と土日の旦那がいる時に子供を見てもらって、
そのあいだにガッツリやる。

・お風呂、トイレ掃除も日頃から拭き掃除を簡単にしておくなど
「ついで掃除」をする事で綺麗な状態をキープ。

しっかり掃除をするのは週に2~3回程度。

洗濯

子供が眠った頃に干す。

我が家の場合は子供が小さいので、子供が起きている間に
洗濯物をほすと「遊んで!!」と足に絡みつかれるので
なかなか進みません。

子供が眠った夜に干すことで、時間の短縮になりました。

また、乾燥機を使えば洗濯物を干す手間がなくなるので
大幅に時短になります。

我が家の洗濯機は乾燥機の機能も付いていますが、
古いので全てを乾燥するまでにびっくりする程時間が
かかるので滅多に使いません…

洗濯物が乾いたら、乾いた洗濯物は下着以外は
ハンガーにかかったままスローゼットに収納します。

これで洗濯物をたたむ時間はなくなります。

料理

弁当は毎日、夕食の残りをちょっとずつ残したり、
夕食をつくるついでに簡単に作って置いて、
次の日弁当箱に詰めるだけにする。

これだけで弁当は10~15分で作れるようになります。

買い物は、毎日は行かないのですが子供を連れて行くため
50分ほどは確実にかかってしまいます。

これは子供次第のところもあり、
短縮できるのか分からないので、ネットスーパーを利用する
回数を増やしました。

最初はネットスーパーは高く付くと思っていたのですが、
実際使ってみるとそこまで変わりませんでした。

子供にオモチャやお菓子をせがまれる事もないですし、
余分な物を買わずに済むという事が大きかったのかもしれません。

まとめ

このように、家事の時間を目に見えるようにすることで、
自分がどこに時間をかけているのかという事とその対策法が
よく分かります。

少しでも家事を時短していって、自分のゆっくり出きる時間を
1時間でも作って下さいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ