妊娠に気づくのはいつ?超初期症状は?早く病院に行くとお金が無駄に!?

妊娠している事に気がつくのは人それぞれです。

「生理不順で元々太っていたから臨月まで気がつかなかった」

という人もいれば、

「生理予定日より前からそんな気がしていた」

なんて人もいます。

自分が妊娠していることに早く気がつけば、その分自分の体と赤ちゃんを大切に気遣う事が出来ます。

今回は妊娠に気がつく時期と超初期症状について、私の経験を交えながら紹介したいと思います。

スポンサーリンク

妊娠に気づくのはいつ頃?超初期症状ってあるの?

ドラッグストアなどで販売させている妊娠検査薬の検査が可能な時期は、

「生理予定日から一週間後から」もしくは「生理予定日当日から」

というものなので、多くの人が妊娠をしていることに気がつく時期は大体5~6週頃が多いようです。

私は毎月妊娠検査薬を使用して陰性…と生理予定日になると無駄に妊娠検査薬を使っていました。

その時もいつもと同じように、

「どうせまた陰性だろうけど、まだ検査薬残っているし使っちゃえ」

と何気なく検査をしたら陽性反応がでました。

そしてその数日後に産婦人科へ行きました。

当時のエコー写真を確認してみると、4W2dayと記載があったので4週間ほどで気付いた私は比較的早い段階で分かったようでしたが、早くに産婦人科に行き過ぎて胎嚢の確認が取れず1週間後にまた来るように言われました。

・超初期症状とは?

「妊娠超初期症状」という言葉を聞いた事がありませんか?

私は妊娠を待ち望んでいたので、ネットや本で色々調べ尽くしこの言葉を知りました。

妊娠超初期症状とは妊娠0~4週を指す言葉ですが医学的な言葉ではないそうです。

通常、妊娠によって起こる体の変化を感じられるのは早くても妊娠5週以降と言われています。

ところが、妊娠超初期症状の場合は着床後すぐから何かしらの異変(例えば、以下のようなもの)を感じるそうです。

●吐き気

一般的にツワリは妊娠7週頃から徐々に出始めますが、この頃から吐き気が出てくる人もいるそうです。

スポンサーリンク

私は生理予定日より前から吐き気が強くありましたが、ずっと生理予定日が近づくと吐き気が強くなる体質だったので「いつもの吐き気がするからもうじき生理がくるな」と思っていました。

その為、今となっては「もしかしてあの症状が超初期症状だったのか!?」と思いましたが正直よく分かりません。

●眠気や頭痛

これも生理前には起こりやすい症状ですので、見分け方が難しいかもしれませんが、やたらと眠い、いつもと違う場所で違う痛み方をする頭痛などがあるそうです。

●少量の出血

生理の終わりかけのような出血があり、「着床出血」と言われているものです。

特に痛みもなく、多くの人が「生理が始まった」と勘違いをするそうです。

●情緒不安定

突然涙がでる、怒りやすいなど不安定になる事があります。

・私が感じた初期症状

私が感じた初期症状は

●喉が渇く

妊娠が発覚したのが9月末でしたが、やたらと喉が渇きました。

もう、そんなに暑くもないのにとにかく喉が乾きます。

私が一番最初に「何か体がおかしい」と感じたキッカケにもなりました。

●熱っぽい

妊娠初期は基礎体温が上がるため、微熱がある状態が続きます。

その為「熱っぽい」と感じる人が多いです。

妊娠に早く気づいて早く病院に行くとお金が無駄に!?

超初期症状があり市販の妊娠検査薬でも陽性反応があった場合、「すぐに産婦人科へ受診しなきゃ!」と思いますよね。

早く病院へ行きたくなる気持ちはよく分かります。

ですが、早く病院へ行くと私のように「また来週きてね!」と言われます。二度手間ですね。

結局私は翌週の妊娠5週に再検査をして胎嚢を確認、でも心拍の確認がまだ出来ないのでそれからさらに2週間後に受診してやっと心拍を確認…

ここでようやく母子手帳をもらいました。

母子手帳をもらうまでは産婦人科の受診は実費になりますし、時間も取られるので妊娠検査薬で陽性が出ても1週間ほど待ってから病院へいくのが一番ムダがないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ