産後、旦那に世話をしてもらうには?そのコツやポイントをご紹介!

出産が近づいてくると初めての出産の場合、
自分が産後どのくらい動けるのか全く想像がつきませんよね。

産後は一応、体を動かすことはできるのですが、
回復するまでに時間がかかります。

最低でも2週間は寝たきり、1ヶ月は極力家事も控えろと
言いますが、里帰りをしていない場合は難しいですよね。

私は里帰りをせず、たまに実母に手伝いに来てもらって
いましたが基本的には旦那に手伝うように、
出産前から話し合って決めていました。

しかし産後の女は手負いの熊です。

非常にデリケートかつガルガルしています。

何でこんなこともできないの?

これくらい手伝ってよ!と非常に旦那に対してイライラ
することも増えます。

産後に妻の性格が変わった!と産後夫婦仲がうまく
いかなくなったなんて話もよく聞きますよね。

産後は赤ちゃんのお世話で自分はボロボロになるので、
ある程度パパにもフォローもらえるよう、
自分の経験をふまえて出産前、出産後にやっておいた
ほうがいい事をあげていきます。

スポンサーリンク

産後の赤ちゃんのお世話 旦那にどこまで手伝ってもらう?

出産前に基本的な家事を覚えてもらう

「出産前にやる」事が大事なポイントです!
出産後は赤ちゃんのお世話に追われて、人にのんびり
レクチャーしている心の余裕はりません。

余裕があったとしても、一通りの家事を基礎レベルから
教える根気と体力、精神力はなかなかの労力です。

出来れば妊娠中期頃から少しずつパパに教えて
いきましょう。

パパも一度に全部教えられるより、少しずつのほうが
楽です。

もしかしたら、家事をすることに文句を言うパパも
いるかもしれません。

我が家のパパは文句は言いませんでしたが、
「できなければ(面倒なら)外注」するという考えで、

「服は全部クリーニング、食事は外食でいいでしょ?」

と寝言かと思うような事を言っていました。

どこのセレブだ?とその考えに驚きましたが、
以外に男性はそんな人が多いのかもしれません。

「そんな所にお金を使うなら、生まれてくる子供の為に
使おうと思わないの?」

スポンサーリンク

と言うと大人しく家事を覚えてくれました。

なにも職人レベルの家事を求めているわけではないので、
なんとかパパを説得させておきましょう。

パパの役割を決める

赤ちゃんとママの退院後、しばらくママは寝たきり生活です。

基本的に赤ちゃんのお世話以外で動くことは、
産後の回復が遅くなったり年齢を重ねてからダメージが
くるので出来る限り休むのが好ましいです。

そこで、パパの一番の出番になるのが赤ちゃんの沐浴です。

新生児の間はまだ、大人と同じ大きな浴槽に入る事が
できないので、ベビーバスを使って沐浴をすることに
なりますが、これが産後の体にはキツイ!

まず中腰になるので、腰が痛いですし切開した傷が
ビリビリと響くというか「あれ?傷広がった?」と
思うような衝撃が走ることもあります。

パパが沐浴担当をしてくれると、ママも負担が減って
助かりますし、赤ちゃんもお風呂はママよりも大きな手の
パパに頭を支えてもらうほうが安定して落ち着くようです。

我が家の娘も、パパとお風呂の時は気持ちが良さそうに
していてたまに寝ていますが、私がお風呂に入れると、
手すりや私の髪の毛やら若干パニックになりながら
掴めそうな物を必死に探していて少し悲しかったです。

仕事で普段ママより赤ちゃんに触れる時間の少ない
パパには、赤ちゃんと触れ合うことでいいスキンシップの
時間になると思います。

ちなみに、沐浴は産婦人科で実践を交えながら教えて
貰えます。

病院によりますが、パパもお願いをすれば沐浴指導を
受ける事ができますし、妊娠中に沐浴や抱っこの方法を
教えてくれる所もあります。

まとめ

結論をいうと、産後パパは

「やれることは何でもやれ」

ということです。

産後、パパは戦力になるようになっていると
本当に助かります。

産後のパパのご飯の心配まで正直していられません。

産後のママは一見元気そうに見えますが、
体はボロボロです。

産後の恨みは一生ものといいますし、
産後の夫婦仲をいいものに保つ為にもお互いが
今できる事をして、出産に備えてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ