子育てで寝不足がつらい…「ネットの情報と違う!」そんな私も今では…

独身の時は寝不足が続こうが、
朝方まで飲み明かそうが辛くなかった。

むしろ、寝るのがもったいないとさえ思った。

若さもあるし、特に金曜日は明日休みやから丸1日寝られる!
って必ず寝られる時間があったから。

しかし!

出産してママになり、初めての育児。

夜中の数時間おきの授乳。

寝たと思ってベッドに置いたら起きる。
ご飯さえもゆっくり食べることができない。

毎日、続けて寝られる時間は2時間程度。
細切れの睡眠は本当に辛かった。

寝不足が続くとイライラも増し、物に当たったり旦那に当たったりで
自分をコントロールできなくなる事も。

寝不足って負の連鎖を巻き起こす原因だと思います。

寝不足で体はしんどい。
寝不足でイライラする。
寝不足で子どもや旦那に当たる。

寝不足は精神も肉体も壊してしまう。

それでもママは子育てをする。

本当に毎日毎日寝不足で辛い日々が続いている。

そんなママが大勢いると思います。

どうしたら寝不足を解消できるのか?
どうしたら自分の睡眠時間を確保できるのか。

私も一人目がよく起きてくる子で、睡眠不足に悩まされました。

どうしたら朝まで寝てくれるのか??
ネットでいい方法を検索したり、試行錯誤の毎日でした。

悩んでいるうちに、だんだん起きる回数も少なくなり、
断乳をきっかけに朝まで寝るようになりました。

今まで悩んで辛かった日々がウソのようでした。

地獄のような寝不足の日々は、一生続かない。
そう分かっていても今が辛いママ。

寝不足の日々を経験したからこそ、できるお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

子育ての寝不足の日々は一生続かない。分かっていても今が辛い!!

昼夜関係なく起きて泣く赤ちゃん。

赤ちゃんが生まれると、ママの生活は今までとは
全く違う生活になります。

特に睡眠は寝たのか寝てないのかわからない状態。

「休める時に休みなよ。」ってみんな言うけれど、
家事はしなきゃいけないし、そんな悠長な事言ってられない。

猫の手も借りたい子育て。

睡眠不足の日々…些細な事でイライラしてくる。

ネットで検索すると

『1歳くらいから朝まで寝るようになった!』

スポンサーリンク

『断乳したら寝るようになった』

などの明るい情報を信じて、あと少し、あと少し頑張れば…!!!

自分に言い聞かせる日々でした。

でも、息子は1歳になっても朝までぐっすり寝ない。

断乳したくてもおっぱい大好きな息子に、
もう少し飲ませてあげたくて断乳できず…

ネットの情報と違うやん!!!

帰宅の遅い夫に当たったり、泣いて起きてきた子供に
イライラしたり。

そんな自分が嫌になり、子育て向いていない。

子どもが欲しくてたまらなかった自分はどこに行って
しまったのだろう。
と自信を無くした時もありました。

この寝不足の日々が一生続かない。
とわかっていてもこの現状がいっぱい、いっぱいで爆発寸前でした。

子育ての寝不足には具体的な解決策はなく、
その家庭や子どもによって生活リズムもさまざまで、
正直アドバイスできるような事がないのです。

もう少し頑張って!!いつの間にか…

今はどうか?と聞かれると、
大変なことはまだまだ続いているけれど、大変の種類が違う。

寝不足だった時は、外出さえままならず孤独な育児だったけど、
今は子育ての愚痴を言い合えるママ友がいる。

子どもと青空の下でかけっこしたり、お出かけしたり。
子どもと一緒に気分転換できることが増えてきます。

今、寝不足で辛くて子育てから逃げ出したい!!
そう思っているママ、その寝不足はあと1か月で終わるか、
もしくはまだ半年くらい続くかもしれません。

『人生80年』その中で子育てで大変な思いをする期間は
ほんの少しです。

特に第一子は寝ない子が多いみたい。

それは慣れない育児のストレスホルモンが母乳に含まれ、
赤ちゃんが寝ないことが多いそうです。

それでも1歳、長くても2歳頃にはしっかり寝るようになります。

まだ4歳の子供を育てている私が、寝不足だった日々を懐かしく
思うくらいです。

だから、必ず寝れる日が来る!!

その日を信じて頑張りました。
そして今、めちゃくちゃ子どもがかわいい!

寝ない子どもの寝顔に

「なんで寝てくれないの!!」

って言った日もありました。

完璧なママなんていないのだから、子どもと一緒に
ママも少しづつ成長していくのだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ