赤ちゃんの寝かせつけ方法とコツ!ママ友にも紹介して効果が実証済み!

やっと今日の子育てが終わる。あとは寝かせつけるだけ!

「早く子どもを寝かせて自分の時間を作りたい!!」

「今日は好きなドラマの日♪」

「今日は特別にデザートを食べよう!」

そう思う日に限って素直に寝てくれない子供たち。

・寝かせつけに毎晩1時間近くかかる。
・夜泣きがひどい。
・動き回ってなかなか寝てくれない。

よくこんな意見を聞きます。

子どもが寝てくれたら一日の子育てが終わった気がして
ホッとしますよね。

スポンサーリンク

寝かせつけが上手くいかないと、
その後にやりたいことがあるとイライラは募るばかり。

「早く寝なさい!!」なんて最後の最後に叱ってしまい、
寝顔を見て後悔する。

こんなこと、よくありました。

でも今は寝かせつけでイライラなんてしません!
夜泣きも全くありません!

子どもが大きくなったからではなく、ちょっとしたコツで
寝かせつけの苦労も夜泣きも苦労もサヨナラ~です。

赤ちゃんの寝かせつけ。1歳前後なら心音!抱っこひも活用

寝かせつけに時間を取られたくない!
そう思う前に、子どもがどうしたら寝てくれるか
考えてみましょう。

子どもが寝るためにはまずは安心感が大切だと思います。

「子どもはママの体のどこかを触りながら寝る。」

と聞いたことありませんか?

大好きなママの暖かい体温を感じてとっても安心するようです。

息子も4歳になりますが、未だに私の胸元を触りながら寝ます。

1歳前後の子どもが安心して寝る方法はママの心臓の音です。

お腹にいる間はママの心臓の音を一番近くで聞いていました。
ですから安心する音なのですね。

寝かせつけには抱っこ紐を活用するとラクです。

スポンサーリンク

子どもの顔がちょうどママの心臓のところにくるので、
心臓の音を聞きながらママのぬくもりを感じながら寝られます。

私は抱っこ紐で抱っこして部屋を真っ暗にして部屋中を
歩き回っていました。

歩くことで心地よい振動がきて睡眠を促してくれます。

長くても30分かからず寝てくれましたよ。

寝たからと言ってすぐに降ろすと起きてしまうので、
眠りが深くなってから降ろしてあげましょう。

1歳半くらいからはママと一緒におねんね

おしゃべりも少しできるようになり、生活のリズムが
整ってきたら抱っこ紐を卒業して、ベッドやお布団で一緒に
寝てみましょう!

ここで問題なのが、いざ寝ようとしてもベッドや寝室から
脱出して全然寝ない。

そんなことしょっちゅう…

いや、毎日ありました。

時にはまだ遊びたいのね!と諦めてしばらく遊ばせるのもありですが、
寝る前の儀式を作るとよりスムーズに寝入ります。

我が家の寝る前の儀式は「本読み」です。

子どもに今日の絵本を選ばせて、選んだ本を全部読んだら寝る。
という習慣をつけました。

多い時には10冊近く。
本読みだけで30分くらい使う日もありました。

自分で選んだ絵本を全部読んでもらったら満足そうな子ども。

自分から「電気消してー。」なんて言って寝る時もありました。

ママ友と話していると、寝る前に歌を歌ってダンスして寝る。
なんてユニークな儀式もありましたよ。

その子その子にあった儀式を探してみてください。

赤ちゃんの寝かせつけのコツ!早い時期に生活のリズムを整える

寝かせつけの方法について紹介しましたが、
上手に寝入ってもらうために日頃から気を付ける点があります。

それは、赤ちゃんの時期から生活リズムを整える事です。

新生児の間は1日の大半寝ていますが、少しずつ起きている
時間が長くなります。

そんな時に昼夜逆転した生活だったらママが大変!!

新生児期を過ぎたらなるべく朝には朝日を、夜は真っ暗にし
て寝かせましょう。

我が子は新生児期から夜、寝ている時は真っ暗にしていました。
授乳の時も薄明かりでした。

一方、朝にはまだ寝ていてもカーテンをあけて朝日を入れ、
目覚めを促しました。
直接、顔に光を当てるのはダメですよ!!

おかげで、2人とも夜泣きしらずの子供です。

焦りは禁物!

子どもを寝かせつけた後にやることが沢山あると気持ちが焦って、
『早く寝て~!』という気持ちが出てしまいがち。

特に美味しいデザートや見たいテレビがあると尚更ですよね。

でも、子どもは敏感ですからママの気持ちを察知します。

ねるべく平然を装い、『寝るまで気長に付き合ってあげるからね』
くらいの気持ちで寝かせつけに挑んでください。

まとめ

ここまで寝かせつけのコツについて紹介してきましたが、
この方法で上手に寝かせつけができると、自然と夜泣きも
なくなります。

私の友人は子どもの夜泣きに悩んでいましたが、私が

「とにかく子どもが満足して安心して一日が終わるように
寝かせつけたらどうか。」

と紹介しました。

スポンサーリンク

それまでは時間がきたら是が非でも寝かせつけようとしていた
ようです。
ですが、子どもの気持ちに沿った寝かせつけ方法で夜泣きが
なくなりました。

素直に寝てくれない!夜泣きがひどい!と悩んでいるママ。

一度 実践してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ