赤ちゃんとお買い物。抱っこひもVSベビーカーどっち?私の結論は…

赤ちゃんとお出かけが出来るようになると、
最初は短時間のお散歩から始まり少しずつ
外出の時間が増えてきます。

ただでさえ赤ちゃんを連れてのお出かけは荷物も多く、
いつ泣くのかヒヤヒヤしながら赤ちゃんのご機嫌を
伺いながらになるので、物凄く疲れます。

少しでも楽に、買い物をしたい!

と、どこのママも思う事だと思うのですが、
買い物へ行く時は「抱っこ紐」で買い物をする方が
楽なのか、「ベビーカー」のほうがいいのか迷いませんか?

私は始めて赤ちゃんと二人で買い物へ行く時、
かなり悩んで車にベビーカーと抱っこ紐の両方を
持って行きました。

そこで!

赤ちゃんと買い物へ行く時どちらが楽なのかを
まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんと買い物に出かける時は抱っこ紐とベビーカーどちらが楽?

ベビーカー

ベビーカーは荷物もかけられるし便利ですよね。

電車やバスで移動するのでしたら、帰りの荷物の
事も考えるとベビーカーの方が楽だとおもいます。

ただ、スーパーへ入る時は買い物用のカートを
使用すると思うので、ベビーカーは専用の置き場所に
折りたたんで置いておかなければならず、
赤ちゃんを買い物用カートに乗り換えをさせる
手間があるので、少し面倒かもしれません。

抱っこ紐

私は断然、抱っこ紐派です。

スーパーまでの移動が車なので、ベビーカーを
出すのが面倒くさいというズボラ丸出しの理由も
ありますが、抱っこ紐のメリットは何といっても
両手があく!

雨が降ってもベビーカーに乗せているより
濡れませんし、場所もとらないので個人的には
抱っこ紐をおすすめしたいです。

ただ、季節によるのですが抱っこ紐は意外に暑い!

赤ちゃんの体温も高いですし、密着しているので
仕方がないのですが抱っこしている私も暑いし、
赤ちゃんはもっと暑そうです。

私の使用している抱っこひもには、
抱っこひもの後ろに保冷剤などをいれるポケットが
あるので、夏はそのポケットに冷却ジェルを入れて
います。

ポケットが付いていない抱っこ紐の場合は、
抱っこ紐にベルトのようなもので固定して取付ける
後付けタイプの保冷剤やジェルが販売されているので
探して見てください。

注意点は、生後3ヶ月未満の赤ちゃんは体温調整が
出来ないので保冷剤を使用すると体が冷えすぎて
しまいます。

保冷剤にも「生後3ヶ月以上」と記載されている
ことがほとんどですので注意してください。

抱っこ紐はどんなタイプを選べばいい?

抱っこ紐といっても今はたくさん種類がありますよね。

私が購入した抱っこ紐は、新生児から使用出きる
タイプで横抱き、縦抱き、おんぶなど、色々な抱き方に
変形出きる抱っこ紐です。

スポンサーリンク

「これなら大きくなっても使える!」

と思ったのですが、何せズボラな性格なのもので
結局ベルトの調整が面倒で、縦抱オンリーで
現在も使用しています。

子供が大きくなって少し苦しそうかも?
と感じたら調整をしている程度です。

抱っこ紐を買うときに、他のママたちは
どんなタイプの抱っこ紐を使っているのか気になって、
色々とレビューを読んだり友達に聞いてみたりしましたが、
最終的には国産メーカーがいい!と思い、
現在使用しているものに決めました。

なぜ私が国産メーカーにこだわったのか
というと、海外ブランドのものは日本人には
サイズが合わなかったり、そのため肩や腰を
痛める事があるそうです。

さらに、抱っこひもを使用するとき、
赤ちゃんの足は思いっきり開いた状態になるのですが、
この時、体型に合っていない抱っこ紐を使用すると、
股関節の脱臼などもあるという話を先輩ママから
聞いたためです。

その為、私は産後1ヶ月を過ぎた頃に抱っこ紐が
試着出きるお店で自分の体型に合ったものを購入
しました。

赤ちゃんの好みと成長に合わせて

いくら抱っこ紐が楽ですよ~

とおすすめをしたところで、抱っこ紐が嫌いな子も
います。

その場合は無理をせずに、少しずつ慣らしてあげて
ください。

大型のショッピングセンターでしたら、
ベビーカーの貸出をしている所もあるので
無理に抱っこ紐を使う必要はありません。

ママが抱っこひもをどうしても使いたいのなら、
1日5分程度抱っこひもを使って少しずつ
その時間を伸ばしていくと、割と早めに赤ちゃんが
抱っこ紐に慣れてくれますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ